軽井沢

January 18, 2012

軽井沢のボニッシモ生パスタ茶房

軽井沢の国道18号線(日本ロマンチック街道)を何度か往来して気になっていたレストランを、この日の夕食場所に決めた。国道沿いで「生パスタ」の看板が目に留まる、外見はチューダー洋式風の建物「ミネルバ茶房」。

ミネルバ茶房@軽井沢専用駐車場は国道側だけなので、隣や向かいにある他店の駐車場に止めないように初めて訪ねる方は注意が必要。





ミネルバ茶房@軽井沢その入口は手作り感満載でカワイイ。子供達にワクワク感を演出してくれているよう。









ミネルバ茶房@軽井沢入店した休日の午後7時20分には席の6割が埋まっていた。その後常連客グループも数組入店して賑わう。店内撮影の機会を待っていて、偶然にも一区画で同時に数組が帰った瞬間の店内風景を写真に収めてみた。味わい深い内装。向かって右側にある窓側の空間はレトロな雰囲気よりも昭和後期と平成初期が感じられるスペースがある。そこで食事を楽しむ方々が多かったので、ここでその画像はひかえる事にした。





アンチョビとキャベツのパスタ@軽井沢ミネルバ茶房シェアしていただいた最初の一品は「アンチョビとキャベツのパスタ」。アンチョビが絶妙なバランスの味付けで生パスタにからんでくる。
キャベツはシャキシャキ感を残して、...
旨いっ♪!!





アンチョビのペペロンチーノパスタ@軽井沢ミネルバ茶房シンプルな「アンチョビのペペロンチーノパスタ」も味わい深い。

これらの生パスタ料理、とても美味しいぃ...
と、大切に味わいながら噛み締めながらいただいた。





カリカリスモークドベーコンと生ハムのピッツア@軽井沢ミネルバ茶房カリカリスモークドベーコンと生ハムのハーフ&ハーフピッツア」に乗せられたベーコンも厚みが丁度良い歯ごたえ。生ハムもクリスピータイプの生地も美味しい。





ゆであげ生パスタと手づくりピッツア@ミネルバ茶房そのメニューには「パスタ」とは別に「スパゲッティ」の表記がある。これは生パスタとは別に玉子アレルギーの客のためにディ・チェコDe Cecco)の乾麺を用意しているので区別されている。














アメリカンワッフル@軽井沢ミネルバ茶房デザートにいただいたアツアツの「アメリカンワッフル」には、あさまベリージャム・チョコレート・メープルシロップの3種が付く。バターとからめていただくとコクが深まり美味しさが増す。あっという間に一枚をペロリと楽しく完食♪

オーナーシェフによると、この冬のお薦めの品には「ポルチーニのホワイトソースパスタ」があったそうで、今回は空腹ゆえにメニューを急ぎ読みし過ぎて見落としてしまったのは残念だった。ここは本格的生パスタとピッツアをいただける茶房という店名表現を超えたボニッシモなイタリアンレストラン。軽井沢駅前で創業してから33年になるけれど、この場所での営業開始は1990年4月との事。パスタは卵麺。約3年前にこの生パスタを中心にメニューを再構成されたそう。

次回は軽井沢在住の友人達を連れて食事をしたいと思っているレストラン。願わくば肉魚料理でそれぞれ一種類づつでもメニューに加えてくれると利用頻度と客単価が上がるのではないかと思う。


sitezaemon at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 13, 2012

軽井沢の川上庵

チェックアウトの際に鹿島ノ森フロントスタッフが薦めてくれた食事処を目指す。

草軽交通駅舎旧軽井沢その場所は草軽交通駅舎旧軽井沢の近くで酢重正之商店にもすぐ近い。










川上庵@軽井沢その店は「川上庵軽井沢HP)」。入ると店内は奥が深く、昼食時なので隅々まで賑わっていた。ただ、浮ついた騒がしさは全く感じる事無く、落ち着ける空間になっている。







鴨南そば@川上庵かなり寒かったので体をあたためたいと「鴨南そば」をいただくと、これがそばも鴨肉も汁も旨いっ!!









鴨南そば@川上庵さすがオークラグループホテルが薦めてくれたお店だと感謝しつつ底を見る程に完食。









ざるそば@川上庵体があたたまったところで「ざるそば」も注文。やはりそば自体の風味と良い茹で加減で丁度良いコシに仕上がっていて美味しい♪

この店には様々なメニューが用意されているので、また是非次回訪ねてみたいと思う。




川上庵@軽井沢店内は観光客と地元客で賑わっていた。


sitezaemon at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

軽井沢へのドライブ旅行

軽井沢へは東京から約2時間のドライブ(SAでの遊び過ぎゆっくりし過ぎには要注意)。

高坂SA@関越自動車道首都高の流れは意外にもスムースで、途中の休憩に寄ったサービスエリアは関越自動車道の高坂SAの一ヶ所だけだった。









上信越自動車道松井田妙義ICを過ぎて更に軽井沢方面に向かうと、妙義山系の北側を迂回するようなルートになり、車窓左側に不思議な姿の山々が続く。

妙義山次回は助手席のパートナーにビデオ撮影をお願いしたいほどに見入ってしまう山並みの風景。そうして碓氷軽井沢ICを出ると目の前に現れた妙義山系の山雄姿を撮影。








峠の釜めし おぎのや撮影した位置はICを出てすぐにある峠の釜飯で有名な「おぎのや」さんの駐車場。











VERY&BERRY真っ先に向かった軽井沢プリンスショッピングプラザVery&Berryでジャム3種を購入。これらのジャムを試食するために用意されていたクラッカーも美味しかったので一緒に購入した。








VERY&BERRYトーストに軽く薄くバターを塗った上にここのジャムをON!イメージしただけで朝食や週末のブランチを楽しみにさせてくれる♪


sitezaemon at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 31, 2011

軽井沢で欧風小料理ディナー

友人が予約してくれたレストランは軽井沢のかたにはかなり有名らしく、滞在ホテルのフロントスタッフも呼んだタクシーの運転手もその場所を知っていた。

無限@軽井沢無限@軽井沢特に観光シーズン中には予約が困難になるという地元民にも愛されている人気レストランが「欧風小料理無限」。







ディナー@無限メニュー内容がかなり豊富なので軽井沢在住の友人におまかせした。

野菜食材は地元産。









ディナー@無限ワインを友人と大いに楽しもうと2日前から酒を絶っていたのに、友人は禁酒中!? 残念。私一人で飲む事になった。









ディナー@無限












ディナー@無限タコのカルパッチョ」は一年を通じてこの店の定番メニュー。











ディナー@無限白ワインと一緒にいただいた。












飯山産地豚を1ヶ月塩漬けにして作る手づくりハム飯山産地豚で作る自家製ハム」の味は淡白な仕上がりながら、常連客が必ず注文する一品らしい。












アジのカリカリ焼きアジのカリカリ焼き」は骨までいただける。












ディナー@無限今回いただいた「牛フィレと大根」には「フォアグラと大根」という兄弟メニューもある。












ディナー@無限ジェノベーゼソースのパスタ」のベースはトマト味。パスタによくからんで美味しい。











猪のボロネーゼパスタ妙義山で獲れた猪を使用した今夜イチオシの一品「猪のボロネーゼパスタ」もいただいてみると、意外にもその肉は猪といわれなければ判らないほど穏かなる味わいだった。熱いうちにいただくのがベスト。







ディナー@無限食後は友人宅へ移動して楽しく語り合った。












ディナー@無限



sitezaemon at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 22, 2011

軽井沢へ

東京方面から上信越自動車道を軽井沢近くまで来ると不思議な山々の地形が現れてくる。

上信越自動車道碓氷軽井沢出口そのなかでも威容を誇っているのが妙義山なのだけれど、その他にも個性的な山々がその存在を主張しており、それらの自然の険しさに目を奪われてしまう。

碓氷軽井沢ICを降りて撮影のために小休止。





軽井沢・プリンスショッピングプラザ最初にに向かったのは「軽井沢プリンスショッピングプラザ」。今夜と明日会う友人達へのプレゼントショッピング♪ 

ここは期待以上に楽しい空間。冬のこの光景と季節感もいいけれど、春以降の暖かな平日にじっくりと再訪したいと思う。





軽井沢・プリンスショッピングプラザ翌日会う友人の子供達にこのブランドキャラクター衣服を購入。パイレーツデザインを気に入ってくれると嬉しい。


sitezaemon at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 09, 2011

軽井沢ホテル鹿ノ森

箱根へはよくドライブで行く。けれど軽井沢までの距離は箱根往復距離に等しいほど。なのにスムースに軽井沢に到着出来てドライブ距離や疲労を感じさせなかった。こんなに簡単なアクセスならまたドライブで来て見よう、と自然に思っていた。

軽井沢鹿島ノ森今回滞在したのは「ホテル鹿島ノ森」。信頼を寄せているホテルオークラグループ。










ブーツ北海道冬仕様にもなりうる頑丈な雪国仕様のフェラガモのブーツを持って来たけれど、「軽井沢プリンスショッピングプラザ」で軽めのウィンターブーツを購入。出会って気に入って履いてみて決断。この冬はこれで関東を履きたおしましょう♪ 




軽井沢ホテル鹿島ノ森窓を開けるとクリスマスツリー。
静か。









軽井沢鹿島ノ森寝る前にミネラルウォーターを飲もうと冷蔵庫を開けると、そこには180mlの小瓶ながらも「シングルモルト余市」が! アイスキューブマシンへ向かいながら「今夜は何時に寝よう」と時差調整を始めていた。


sitezaemon at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!