広島

January 12, 2015

2015 RIVA Hiroshima

今年も訪ねた広島「島々-RIVA」!

We have visited here again this year again! "Shimashima - RIVA".

2015-01-05-19-39-39

2015-01-12-09-03-38


RIVA メニュー

瀬戸内の郷土料理 睦月 

先附 
 大福スープ 

お凌ぎ 
 府中の白そば とんど 

腕物 
 三原 雪消し 

向附 
 鯛松皮 藻塩とレモン胡椒 
 寒鰤だいこん 吉和のわさびと粉醤油 
 鯖砧巻き 
 三次ワニ湯引き 酢みそ 
 瀬戸内海 赤貝 

進肴 
 おはっすん 

油物 
 牡蠣のコロッケ
 福山 慈姑 

口直し 
 江田島キウイの氷室 

強肴 
 黒毛和牛の小さいステーキ 

島すし
 焼きすし 

留椀 
 御御御付け 

上生菓子 
 迎春/ろう梅/みそ地蔵/百手神事 


RIVA Menu

cuisine locale dans seto - Janvier

petit aperitif
- la soupe d'un gateau de riz a rembourre avec les feves sucrees
nouille
- nouille de sarrasin blanches de "fuchu"

bol en bois chose
- soupe avec gresil radis de "mihara"

structure
- breme de mer avec le sel et le poivre au citron
- jaune mijote et le radis avec de la sauce soja et la poudre de wasabi de "yoshiwa"
- le maquereau qui a enveloppe avec radis
- bouillie legerement superieur de requin et salade de legumes avec le vinaigre et le miso
- une coquille d'arche de "setonaikai"

plats fremis
- fremi avec les nourritures saisonnieres

plats huile
- croquettes oyster
- "fukuyama" tempura qui sagittees

savoureux
- kiwi du granit "etajima"

nourriture frite
- petit japanese le pieu de boeuf noir

sushi d'ile
- sushi grille

nouille
- soupe miso

japonais sucre
- geishun/roubai/miso-jizo/momoteshinji


sitezaemon at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 17, 2014

広島土産 朝食用夕食用

私のようにマーマレードが苦手なかたにもこれはお薦めの一品。トーストにとてもよく合う♪
Natural Marmalade



















































!! これと御飯さえあれば夕食はそれでいい、一口でそう思わせてくれた逸品。
牡蠣オリーブ食べる油附 













 

sitezaemon at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 15, 2014

お好み村劇場@源蔵

お好み村の源蔵でお好み焼きを楽しんでいると、先生に引率された高校生達ご来店。
年長スタッフ:「撮ります?」 
私:「ありがとうございます、是非」
食材が一度に広い鉄板上を埋め尽し、それらをテキパキと料理人二人がまさに阿吽の呼吸で作業される場面と、試合後のかわいい高校生客たちを動画でも撮れたら良かった。鉄板は中央から端まで均一に火が入っているのをこの状況で知った。カウンター席が埋まったとしても、均等に源蔵のお好み焼きの味がいただける。

源蔵@広島お好み村






 

源蔵@広島お好み村 

源蔵@広島お好み村 

sitezaemon at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

RIVA

メニュー表題に「RIVAでゆったり、お食事会。」
確かに、静かに流れる時間がいい 
落ち着いた空間の中で広島郷土料理をいただく。

RIVA カウンター
 
RIVA カウンター
 

sitezaemon at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 13, 2014

広島の郷土料理をRIVAにて(2)

【強肴 nourriture frite】

鴨の小さなロースト 
自家製のジュレを添えて 
canard roti avec gelee fait a la maison 
鴨を一口いただいた時点で即赤のグラスワインを注文。ローヌのラ・グランド コリーヌ ル・カノン シャルドネ2012。マリア〜ジュ♡ あぁ・この一瞬、口の中はフレンチ。

強肴


























ローヌのラ・グランド コリーヌ ル・カノン シャルドネ2012


























【鳥すし sushi d’ile】

火取り寿司 
sushi roti 
鰆の焼き寿司には昆布茶が添えられた。

【香物 marinades】

地野菜の糠漬け 
legumes trempes avec son du riz 
年末年始の寒気がよりいい味に育ててくれたのだろうか、野菜繊維のシャキシャキ感を残しながらシッカリと漬かっている。酒がすすむ。

鳥すし・香物


























【留腕 nouille】

鳥の光 鯛そうめん 
lumiere d’une ile breme de mer sur les nouilles du ble minces 
料理の締めとなる一品の麺。鯛ダシの香りがとても高い!! 麺もツユも確かに光っていた…。

留椀


























【上生菓子 japonais sucre】

迎春 ろう梅 
geishun, roubai 
Nouvelle Annee Confiseries japonais chimonanthus prune
島々の和菓子作品から、広島なのでモミジ型を選んでみた。優しい甘さと食感を抹茶でいただく。美味しい料理で高揚していた気持ちを、ホッと心を落ち着かせてくれる締めの一品。

上生菓子


























上生菓子・抹茶



























ホスピタリティと料理、ご馳走さまでした。

仕込水と日本酒5種


































コース料理でいただいた日本酒は5種(上段中は仕込水)。それぞれに選べるお猪口。親指と人差し指の2本から、形状によって4本でいただくオチョコが日本酒を呑む楽しさを増長させる。今風に… ヤバイ!?最後はホテルのバーで飲もうと思っているのに。
 



sitezaemon at 04:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 12, 2014

広島の郷土料理をRIVAにて(1)

今回もシェラトンスタッフに個人的推薦お好み焼き店を聞いてみた。お好み村の「源蔵」!そこを目指す。広島駅前から路面電車で八丁堀下車して南下。前回は西側の歩道を歩いたので、今回は東側を歩いてみた … 
と、一瞬左の視界に妖しい路地を発見!数歩通り過ぎながらもスイッチバックして路地裏探索。

広島だけに、
路地裏の少年 (浜田省吾) 
ならぬ
路地裏の妖しい大人 

そして出会った「島々」。

島々



















魅力的な和菓子屋と思いきや、入店してみると隠し扉の奥に和食店?「RIVA」。前日までに要予約との事なので、即予約!翌日の夕食が楽しみ。出会いはとても不可思議成。


2014年新春メニュー口上 

瀬戸内の郷土料理 睦月
【迎春】
正月の満月の夜、年神を迎え旧年の豊作と平穏であったことを感謝し、あわせて今年の豊作や家内安全を祈る。広島各地で雑煮も作られるが約14種類のご当地雑煮がある。

まず飲み物は、日本酒「福久長」ベースのオレンジカクテルと、私はそのお酒をおちょこで。そしてお酒は料理に合わせてお任せでいただく事にした。

2014RIVA瀬戸内の郷土料理睦月メニュー



































エマニュエル・リヴァ オマージュ 
Emmanuel Riva homage 

【先附 Petit Aperitif】

大福スープ 
la soupe d’un gateau de riz arembourre avec les feves sucrees 
口元に運んだ時点ですでに優しいダシの香りで幸せ気分になる。スープの底には飾り紐のように編まれた昆布が沈んでいた。料理人の細かな思いを感じられる。わずかを数口味わった頃に、鰹節の切片が加えられる。この香り立ちがさらに食欲をそそらせ次を期待させてくれる。

慈姑 海老塩添え 
fleche avec le sel de la crevette 
クワイは茎の髄までいただける、いえ、いただいた。この海老塩、残りは酒のアテとして指ですくってねぶりながら福久長をいただいた。

雪花漬け 
son du riz 
おからを雪に見たてたこの品は、ホロホロと箸からこぼれ落ち、かよわく儚い味わい。

広島RIVA 瀬戸内の強度料理睦月 先附


























【腕物 bol en bois chose】

庄原 雪消し
pieuvre ivre avec sauce feculente 
アナゴ、鶏、ゴボウモチを仕込水「天寳一」で調理。はんなりとしたお味… ここは京都か?お椀は川原氏作の宮島焼。工房と販売店はJR宮島口駅を降りてフェリー乗り場に向かう途中右手にある。

【向附 structure】

鰤大根 本山葵と粉醤油 
yellowtail radis japonais avec sauce du soja de la poudre et raifort du Japanese 
食べる前からブリの脂のノリが判る。大きめの本ワサビが乗せられているから。粉醤油を使うことにより、一皿で食の風景が完結している。何気ない食の「始末」もよろし。

酔っぱらい海老 
Pechez la crevette avec egard 
古酒が入らず、をふりかけていただいた「しらふ海老」。海老の味の違いが判らず…、ただ感謝。

火取り鰆 自家製檸檬胡椒 
roti le maquerear espagnol avec le poivre de citron fait a la maison 
檸檬胡椒はいかにして作る?優しいサッパリピリリ味を持ち帰りたい。販売してはいかがでしょう?

瀬戸内海 長老喜も一緒に 
Petite diorama du SETO Inland Sea avec Chiyorogi (bon chance legumes) 
器の中に瀬戸内の海を再現して、サザエなどの食材で豊かな海の味を表現。長老喜(=ちょろぎ=草石蚕)はシソ科の多年草。連球状の白い塊茎を梅酢で赤く染めた正月の縁起物。この作品をいただくには箸使いの器用さが試され、しばし客を無言にさせる一品と思う。外国客には美しく素敵な和の風景で美味しく映るけれども、ストレスフルに悩ましいかもしれない。

コノシロ砧巻き 
l’alose du gesier a roule le radis du japanese 
魚に冬と書いてコノシロ。旬を一口でパクリと。

向附


























技ありのサザエ
この食べやすさと味わいは、仕込・仕事の賜物。味に納得。

サザエの肝



























【進肴 cuisine du kaiseki】

三次わにのぬた 
requin rertiaire et salade du legume avec vinaigre et miso 
意外にも赤い鮫の身。添えられたのは白いウド。季節柄紅白。

【燻物 plats fremis】

もみじ豚 へか焼き 
porc du ”momiji” usage comme ”sukiyaki”
へか焼きは魚介と思いきや、ポーク?広島の他の場所でもいただいた「もみじ豚」の脂の旨みがとてもイイ。

 へか焼きについて 

「へか」とは、農機具の犂(すき)の先の金属部分のことで、これを鍋の代用に使ったことから、この名前がついたらしく、食材には関係なく使われているよう。

進肴 薫物



























【油物 plats huile】

牡蠣のパン粉揚げ 
huitre frite 
清酒「亀齢」辛口八拾は熱燗で、そのアテとして一口。

酒粕たまがし 
lies de l’egard fries 
いただいている酒の味が勝ってしまい、酒粕の旨味が飲兵衛には帳消しとなり感じられない。伝わるのは食感のみ。けれども日本酒を飲めぬ彼女は確かにこの酒粕の優しい甘さと旨味を感じ入っていた。

油物



























【口直し savoureux】

苺の氷室 
granire de la fraise 
イチゴのシャーベットではなく、カキ氷に近い。なるほどの氷室。

口直し



























  : 
  : 

(続く)

 


sitezaemon at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 10, 2014

広島RIVA 夕食の始まり

まず飲み物は、日本酒「福久長」ベースのオレンジカクテルと、私はそのお酒を冷やおちょこで。そしてその後のお酒は料理に合わせてお任せでいただく事にした。

画像1
画像1

sitezaemon at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 05, 2013

広島観光拠点なら再訪したいシェラトン

初めての広島滞在先は、私が会員になっているStarwoodグループのシェラトンホテル広島だった。JR西日本広島駅に隣接しているので、地下鉄や市電やバスを利用して希望観光地や広島空港へアクセスするにはとても便利なロケーション。

DSCN0874スケジュールに余裕のないビジネスパーソンやパックツアー観光客は、駅ビル内で広島グルメ文化を満喫できるロケーションにある。













DSCN0869地元ならではの飲食店を訪ねたりハシゴしたい場合には、フロント隣のコンシェルジュ(Concierge)に尋ねることをとお薦め。信頼関係が出来ていればスタッフ個人嗜好のプチ・ディープ情報を入手できる(こともあるかも)。











DSCN0871ありがたい事に親身になって個人嗜好含めて広島市内の飲食店情報を絞ってピンポイントで教えていただいた。これはとても感謝。

シェラトン広島スタッフによる自然な対応で、次回もここに泊まりたいと感じさせてくれた細やかなサービスが嬉しく楽しかった。

http://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0800613 

http://www.starwoodhotels.com/preferredguest/index.html?&language=ja_JP&localeCode=ja_JP 



sitezaemon at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 18, 2011

JR広島駅にて

朝のJR広島駅。

JR広島駅朝食は駅構内で済ませる事にした。

駅構内にはたくさんの食事処や美味しそうなお土産店がわんさかで迷ってしまうぅぅぅ...。













あじろや@広島で、選んだのは「あじろや」さん。

店員:「残っているのはこのお弁当だけなんですぅ」

朝なのにもう商品が限られているほどの人気店!これだけで十分。お弁当があるだけでがたい♪ 私:「はい、これお願いしますぅ」







活あなごめし@広島あじろや
ウナギは好きなのに何故かアナゴにはあまり興味が向かない私。美味しいアナゴに出会っていないがゆえの嗜好なのだろうと思う。「日本橋玉ゐ」と横浜みなとみらいクイーンズスクエア「旭鮨総本店」のアナゴはとても美味しかった。それ以外であえてアナゴを注文することはなかった。

そんな複雑なる食への思いもあって自分としては冒険として買ってみた今回の弁当は「活あなごめし」!!
うわお








活あなごめし@あじろやサクッと箸をいれて一口、...これがふくよかなる味わい!でとても美味しい。ほんとに、

うぅ...ん旨いっ!♪














活あなごめし@広島あじろや
しかもタレがかかったゴハンも美味しく、普段小食な私もかなりいただける美味しすぎる秀逸なお弁当♪
お薦め。

いやはやこのような美味しいお弁当ににめぐり会えるとは。旅するとこのような食の宝石を見つけられると感激しながら箸はさらにすすむ。











生牡蠣@JR広島駅JR広島駅構内で「生牡蠣」を販売している!!その場で購入し直に持ち帰る事も宅配便で送る事もできる。

楽しいだった。


sitezaemon at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!