焼肉・ステーキ

November 04, 2011

サッポロビール園でジンギスカン

知人がジンギスカン好きの私を連れて行ってくれたのは、「サッポロビール園

サッポロビール園再訪。この日は気持ちのいい夏の日曜日だったので夕刻早い時刻なのに人が集まっていた。










サッポロビール園まだ午後6時半だというのに、日曜のせいなのか席はすでに7割ほどがうまり、客は皆飲食を楽しみ盛り上がっている。









北海道型ジンギスカン鍋さすがはサッポロビール園!出てきたジンギスカン鍋が北海道の形!♪
この演出だけでも道外からの観光客には受ける。









サッポロ生ビール・クラシック各種選べる生ビールの中から、クラシックをいただいてみる。

微妙に大人の味わいながら、生ビールゆえに喉越しが優しい。









各種ラム肉各種ジンギスカンが届く。
ワクワクに生ジンギスカン、生ラム、冷凍ラム、etc...

まずはもやしを中心に野菜を鍋に盛り肉を乗せる。








ズワイガニジンギスカンが食べ頃になるまで、ズワイガニをいただく。皆しばし無口になる数分。










北海道産グリーンアスパラ朝採れグリーンアスパラも美味しい。

目立つメニューではないけれど、ここのラーメンは意外と美味しい。口直しでさらなる食をすすませてくれる一品。







モヤシ蒸しジンギスカン北海道の人たちは、ジンギスカンはモヤシに乗せて蒸すようにして調理する。そうすることで肉を柔らかくいただくことができる。










サッポロビール園美味しいジンギスカンで大満足の夜だった。


sitezaemon at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 01, 2011

ご飯を完食した初めてのお弁当

入店待ちの列に並んだとしても確たる入店時間は判断できなかったので、

牛たん丼@利久利久」東京駅店に並んだのは「お持ち帰り」の列。数分で購入できた「牛たん丼」。気がつけばなんと最後から二人目だった。










牛たん丼@利久お弁当の底から出ている紐を引くと生石灰と水が反応し合い発熱し、食するにはこれが丁度良い温度になる!ご飯が美味しい♪

塩タレ」がうんまい!!








牛たん丼@利久そのままでは危険な辛味の「刻み南蛮味噌」はご飯とよく合い、これだけを商品として売っていないのだろうか。探してみたい。ご飯がすすむ!

最後の一粒までいただけた。


sitezaemon at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 10, 2011

焼肉再発熱

急成長してきた企業のひとつとして注目していた「牛角」には焼肉好きの私としてはいつか訪ねてみたいと思っていた。

黒毛和牛5種盛りテレビ朝日番組「帰れま10牛角編」が弾みとなり、寒かった夜に訪問。

店舗によって独自のメニューがあり、味も違うとの情報だったので、この店舗の人気メニューから選択してみた。

黒毛和牛5種盛り」:
特上カルビ、バラとろ焼き、うらハラミ、わさびトロカルビ、







黒毛和牛5種盛りそしてゲタカルビ。

炭火焼き網の上にある換気ダクト能力が追いつかず、時々網の中央がキャンプファイヤー状態になってしまい、身をひっくり返すのも食べるもの緊張させられる。

この5種盛りは、赤身も脂身の味が美味しくそれぞれの部位を楽しめる。

売り切れご免!の一皿。

ゴハンはいつもの白米ではなく、野菜も同時にいただける石焼ビビンパを注文。


コロホル塩だれコロホル塩だれ」の味は今まで食べてきたホルモンの中で一番美味しかった。確かにこの味と食感なら人気商品になるのも納得する。

火加減調節方法を最後のほうでようやく知ったので、次回は緊張せずゆっくりと味を楽しむために再訪しようと思った。


sitezaemon at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 06, 2011

焼肉発熱

午後にかなりの焼肉気分。

焼肉発熱換気設備が整っているお店を訪問。
















牛タン塩やはり「牛タン」は塩でしょう?

















牛ロース牛ロース」も定番コースで。

ホルモン」も「ジンギスカン」も無いのが残念。















サンチュ無料の「サンチュ」に添えられた味噌が美味しい。

















牛カルビもちろん「牛カルビ」もオーダー。

















ワクワクの焼肉♪は、早く食べたいっ。ゴハンは大盛りにしたほうがよかった?でも野菜もたくさん摂らなければね。

火事にならぬようくれぐれも焼き方にはご注意を。


sitezaemon at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 07, 2011

くろひつじのジンギスカン

2010年12月に二度訪ねた「くろひつじ」。

くろひつじロッカーにジャケット・コートを入れてから着席。
















くろひつじ清潔に磨かれた店内。換気も優れている。

















くろひつじ マトンマトン」一人前を注文。ジンギスカン鍋を熱するのは炭火。















くろひつじ マトン店員さんにお任せすると肉は直接鍋で焼かれてしまうので、「自分でやりますので。ありがとう。」と私流で焼く事にしている。













くろひつじ マトン北海道の一般的なジンギスカン店との違いは羊肉の匂い。北海道では感じない「匂い」がある。まぁ仕方ないか。嫌いではないし。













くろひつじ マトン最初に鍋の上にもやしなどの野菜類を敷き詰めその上に肉を乗せ、野菜の水分で蒸すように焼くのが私流。














くろひつじ マトン「(う、うまそう...)」と焼き上がりまでしばしの辛抱。

焼きあがった肉からタレに付けていただいたり、もやしを包んでいただいたりと、無意識にスピード感あふれる食べ方になってしまう。御飯もバクバクすすむ。

大満足でご馳走様ぁー♪


sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 28, 2010

食欲が落ちたとき

私の場合、食欲快復食材のひとつが焼肉。

スペシャルランチに半タン塩追加ランチタイム。オプションのなかから選んだスープは「ユッケジャンスープ」。一見辛そうに見えるけれど、とがった辛さではなく、しかもすぐに旨みを感じられる美味しいスープ。肉を焼く作業を一瞬忘れてしてスープをひたすらいただくいてしまう。










ユッケジャンスープ肉を焼く作業を一瞬忘れてしてスープをひたすらいただくいてしまう。















カルビとタン塩を炭火焼肉を焼かねば焼肉にあらず。炭火でじっくり、しかし焼き過ぎに注意しつつ、小グループに分けて焼き進める。

焼きあがるまでユッケジャンスープとキムチでごはんをバクバク。










中落ちカルビ脂が程よい「中落ちカルビ」はランチには丁度いい。午後に重たさがのこらないから。















半タン塩タン塩」はハーフで注文。さっぱりと「お口直し」的な部位。歯ごたえも美味しい。















そして深夜、

カルビ定食にタン塩追加カルビ定食」のスープは「玉子と野菜のスープ」を選び、「タン塩」を追加。















カルビカルビ」は焼き過ぎに注意。

















タン塩タン塩」はやはりはずせない。
















玉子と野菜のスープ玉子と野菜のスープ」は具だくさんで食べ応えがある。これだけで〆には十分かも。


sitezaemon at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 14, 2009

駆け込み寺的焼肉店へ

いかん。食欲がない。激スパイシーなスープカレーのお店は何処かにないか?焼肉店はないか?と、私の食欲を復活させてくれる食の場所を緊急に探す。そしてかなり遅めのランチタイムに転がり込むように入店したのが「安楽亭」。

ランチ中落ちカルビ150g@安楽亭注文したのはランチセット「中落ちカルビ150g」。なんとかこれで少しは元気が出そう...かな。肉厚カルビの一切れ一切れを、焼き加減に気を付けながら丁寧に、それらの肉を愛おしく焼いた。そして焼き上がった順番からタレに付けて頬ばると同時に御飯をアングリ
と...、ウンマイっす。



焼肉一口だけでホッと一息...。
そして食欲復活。

ランチ中落ちカルビ150g@安楽亭このランチセットが724円なんて、ありがたや。普通にお値段通りの美味しさで、少食の私には丁度良いCPとボリューム。

sitezaemon at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 08, 2009

もどかしい韓国焼肉店のスプーン

焼肉が食べたいっ!

豚とんとろと、焼肉店を見つけて入店。今回は豚から始めようと決めて「豚とんとろ」を真っ先に注文。おおぉっ、美味しそうな色だっ(喜)。









和牛ロース・カルビそうして定番の和牛「カルビ」と「ロース」。タン塩も注文したいところだけれど、完食する自信がない。だって、









玉子と野菜のスープ野菜も摂らねば。注文したのは「玉子と野菜のスープ」。スパスパと、うーん、美味しい…、だけど韓国風の平たいスプーンではなくレンゲが欲しい。食器を持ち上げてしまうとマナー違反になってしまうし…。悩ましい韓国のスプーン。

それにしても食べたい時が旨い時。ご飯もキムチも完食で満腹。

ましそっそよーっ♪



sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 17, 2009

肉微熱

今回はしゃぶしゃぶの幟(のぼり)に引き込まれてしまう。

豚しゃぶと牛しゃぶ@スエヒロ長年銀座を中心にお世話になってきたスエヒロの支店が目に留まり入店。普段少食の私が選んだメニューは無謀にも「しゃぶしゃぶ食べ放題コース」。でも食べ放題とはいえ、自分のペースで普通に満足感を得られればいいだけの事で、味によっては腹八分目で終わらせてもかまわないし、食べ進めてもいいしと、その自由さが気分的には楽。

しゃぶしゃぶ用タレ三種そうして3種のタレで味を変えながら、結局豚しゃぶ2皿に牛しゃぶ2皿(!!)をいただいた。ご飯は丼半分、これで限界、大満足。普段ならこの半分の量で十分なはずなのに、これだけの量をいただけたのは、やはり肉を欲する微熱が続いているせいなのかもしれない。


豚しゃぶ@スエヒロ牛しゃぶ@スエヒロ肉の旨味が薄いながらもスープの出汁やタレで救われていたメニューだった。



sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 11, 2009

焼肉熱の時には大食漢

誰にも「今食べたい」と切望する瞬間がある。takekoda鰻熱と同様に、私の場合は食が細った時に限ってスパイシーカレー熱や焼肉熱が上昇する。今回は焼肉熱でランチタイムには遅めの午後に「安楽亭」を見つけたので駆け込んだ。

ハラミ牛ロースハラミにロース、ライスに、スープは…ユッケジャン!お願いします。」と堰を切ったように注文。


大丈夫か?>自分
食欲はあるけど胃は小さくなっているゾ…。

牛のハラミとロースユッケジャン食べ始めてみると、いいペースで食が進む。昨日までの小食状態は何だったのだろう。まだ食べられる自分の体調に驚いてしまう。

メニューにジンギスカンがあれば二人前は追加注文してしまいそうな程に食欲スイッチが入っている。




牛ホルモン追加で注文したのは「牛ホルモン」。ホルモンを食べたいという思いだけで注文し、味はあまり期待していなかった。が、これが食感含めてンン旨いっ!値段と味の関係を考え直さねばと思わせた一品だった。そして明日の朝には肌プルプルかも。食べたい時が旨い時。渇望のピークでいただいたタイミングが、味の感動を普段以上に増幅してくれたのかもしれない。

最後の会計は一部クーポン利用の結果、2050円!!安くてコワイ…、ごちそうさま。

渋谷松濤店が昨年12月23日で閉店したのは残念…



sitezaemon at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 04, 2009

マリーナ萩のブルワリーレストラン

萩での食事なら海の幸に惹かれつつ、和食続きの正月三が日だったのでやはり今回は洋食にしようとマリーナ萩に来た。

マリーナ萩レストラン・タルタル21@マリーナ萩レストラン「タルタル21」では、出来たて萩ビールチョンマゲビール」も味わう事が出来る。私はドライバーなのであとでお土産に購入するつもり。


レストラン・タルタル21@マリーナ萩サラダとスープランチには遅い時刻だったので、店内は我々グループのみ。

見蘭牛のハンバーグ」も魅力的ながら、私は「牛バラ肉のチョンマゲビール煮」のコースを選択。

牛バラ肉のチョンマゲビール煮肉の旨味もさることながら、ソースも美味しく出来ている。前菜のサラダもそうだったけれど、このメニューに添えられている温野菜も元気な味。このコースで1800円というのは地元ならではの破格な値段。最後に残ったソースはパンですくって完食。綺麗な皿だけが残った。



見蘭牛のハンバーグステーキ見蘭牛のハンバーグ」を一口だけ味見させていただくと…!!久し振りに出会えた激旨ハンバーグ♪そりゃ当たり前、元をたどれば贅沢な見島牛(もちろん見蘭牛自体も贅沢食材)。しかも仕入先をマネージャーに聞くと「ミドリヤファーム」から直接仕入れているという。萩でウニ丼もいいけれど、萩観光で食事場所に迷ったらこのレストランのハンバーグは超お勧め出来る。

ビーフカレー軽食には「ビーフカレー」やパスタ各種もある。東京感覚ではファミレス料金のような設定ながら、その使っている食材の質は想像以上に高く、しかも上手に調理されている。

スゴイぞ「タルタル21TalTal21)」!



今回下関から萩まで利用したルートは下記の通り。



sitezaemon at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 24, 2008

渋谷区松濤に安楽亭?!

渋谷Bunkamuraの裏を歩いていると「安楽亭松濤店」を発見。松濤に出店している事実にオドロキ。まだ夕食をとっていなかった上に、この数日焼肉を食べたいと思っていたこともあり、興味津津でビル2階にある店舗に入店。

店内は意外にも照明は抑え気味。近くが円山町のせいなのか…?

人気盛りセット@安楽亭ガッツリ食べましょうと「人気盛り」をセットにして注文。3種の肉は合計300g以上ある。これで今夜の私の一人分。食べたい時に食べる焼肉やジンギスカンを目の前にすると、これくらいは軽く食べられるようになるのが不思議。

人気盛り@安楽亭炭火の火力と網との距離感、そして肉の厚みが丁度良くジューシーに焼けるようにそれぞれ考えられているように思う。焼肉・ご飯・焼肉・ご飯・スープ so on…といい感じのペースで食べられた。肉の味は極めて普通だけど、焦がさないペースで食べる事が出来た満足度は高かった。



sitezaemon at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 14, 2008

ジンギスカンは別腹

北海道訪問最後のフリータイムには、今回食べたくても食べる機会に巡り会えなかったジンギスカンを新千歳空港の「まつじん」でその想いを遂げようと考えていた。

すると突然友人から「今夜は千歳何時発?ジンギスカン食べた?」との連絡が入る。
「17時頃にグランドホテルからシャトルバスで行って、空港で松尾を食べるつもり」と私。

サッポロビール園「空港へは僕が車で送るから、ホテルで会おう」
と、ほぼ強引でもありがたいお誘い。急ぎホテルで荷物をピックアップして合流。連れて行ってくれたのは「サッポロビール園」。前回はここに来ながらジンギスカンを食べられなかったという悲しい思い出の場所だった。



サッポロビール園ポプラ館皆が向かうその場所は「ポプラ館」。園内にあるジンギスカンホールの一ヶ所だったので、私は嬉しさ爆発!
ジンギスカンが食べられる
嬉々としてホール奥エリアのテーブル席につくと、用意されていたのはジンギスカン食べ放題に生ビール飲み放題!数時間前に握り寿司を堪能したばかりなのに…。


ジンギスカン@サッポロビール園ポプラ館ジンギスカン@サッポロビール園ポプラ館でもきっと大丈夫。高校時代から焼肉は別腹だったし、今でも食欲不振時の回復お助けメニューのひとつは焼肉だから。

ポプラ館ではジンギスカンの選択に冷凍ラムと生ラムがあるなか、もちろん私たちグループは生ラム。でも隣テーブルのグループは何故かあえて冷凍ラムを注文している。落ち着いてジンギスカン鍋を見ると、北海道の形。余分に突き出た半島部分の熱がデインジャラス!


ジンギスカン@サッポロビール園ポプラ館ジンギスカン鍋に、まずはモヤシを敷き詰めた上にラム肉を乗せ、蒸すような感じで調理するのも美味しい食べ方。でもこちら組、その蒸す時間さえも惜しいほどに余裕がないのでまずは肉から先に焼き始めてみた。焼き加減がムラにならぬよう忙しなく箸で肉をひっくり返す。程よく焼きあがったジンギスカンの身を特性タレにつけてハフハフしながら噛みしめてみると、久しぶりにいただいた生ラム肉の旨味が舌を歓喜させてくれる。箸がすすみバクバクと、気がついたら野菜も食べながらラム肉二人前を食べていた。もう一皿注文して友人と分け合った。

やはり、ジンギスカンは別腹ウィッシュ♪
でも、機内にジンギスカン臭の持ち込み(連れ込み?)は大丈夫か?
ちなみに新千歳空港の松尾ジンギスカン店「まつじん」の会計カウンターには「ご自由にお使いください」とファブリーズが置いてあったなぁ…。

サッポロビール園ポプラ館ホール夕刻時のホール内風景。これが1時間後にはほぼ満席となるのがスゴイ。


sitezaemon at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 02, 2008

羽田空港第1ターミナルでランチ

いつものルートで羽田空港へ向かってみると、車両でのアクセス拠点には物々しい検問があった。止められているのは主にワゴン車。こんな時にはスポーツ車タイプはチェック対象ではないらしい。その先入観は危ないと思うのだけれど…。そしてさらに続くターミナルへの道路に沿って百〜数百メーター毎に1〜2人の警察官が道端をチェックしている。この週末は洞爺湖サミット。羽田空港周辺がこれほどまでの厳戒態勢を布いているのは、非日常的な光景なのでリピーターには威圧感がある。でもこれが成田空港周辺だと思えば見慣れた風景なのだけれど…。

羽田空港出発ロビー第1ターミナルにはかなり余裕をもって到着することが出来た。そして今、ランチの時間帯!これはせっかくの機会と思い、ビッグバード内ではショッピングよりもどこかの飲食店でランチメニューを楽しむ事にした♪




羽田空港限定 夏の子ぶた羽田空港限定 夏の子ぶたそれにしてもまず買うものを買わねばと、お土産を物色している中で私の興味をひいたのが、マーケットプレイス中央で今月7月1日から羽田空港限定商品として販売が開始されたという鎌倉五郎夏の子ぶた」。作りが可愛くて味も美味しそうな和菓子。んんん…、でも結局今回の土産は定番の虎屋さん。子ぶたは他のどこかの機会でいただいてみたいと思う。

Robby the Robotエレベーターで目的フロアへ一気に行くのではなく、マーケットプレイス各フロアをざっと見ながらエスカレーターを乗り継ぐのも楽しい。3階の「童心 Juveniland TOKYO」には映画「禁断の惑星」に登場する Robby the Robot に出会う!! 面白そうな作品がたくさん展示されているようなので、次の機会にでもゆっくりと店内をみてみる事にした。時間にゆとりがないとこのような場所には出会えなかったのだと思う。意外にも羽田空港にはアミューズメント系の視線で楽しめる場所がたくさんある。皆もぜひ出発前か到着後に歩き廻る時間のゆとりがあれば、趣味や興味に応じて魅かれる場所を見つけられるかもしれない。そんな奥深い空間も有するのがビッグバードなのだと今回感じた。

昼食は?

焼肉トラジ羽田店エアターミナルグリルキハチHP)」でのランチセットも魅力的だったけれど、この数週間何故かホルモンを食べたいと思っていたので、今回は「焼肉トラジ羽田店」に入店♪





日替りランチ(焼肉三種)黒味噌ホルモン注文したのは「日替りランチ焼肉三種)」。今日の肉は、豚バラせせり鶏肉)、ゲタカルビ、そして追加にホルモン黒味噌味で。この店舗でのホルモンの味付けは、フロアスタッフによると塩がダントツの人気味との説明。だけど私は黒味噌で注文。トラジのオリジナリティーを確認したかった。

黒味噌ホルモンが焼きあがったら、玉子の黄身とからめていただくのがトラジでの美味しい食べ方らしい。事実、濃い味に焼きあがったこのホルモンを、黄身がまろやかな味に調節してくれるので、アツアツホクホクのご飯がかなり進んでしまう。塩でもいただいてみたいと思った。

美味しい焼肉のおかげで元気になれた…。ごちそうさま。

日替りランチ(焼肉三種)+黒味噌ホルモン



sitezaemon at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 26, 2008

さすがはぴょんぴょん舎の盛岡冷麺

盛岡冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」東京2号店「GINZA UNA」を訪問。エレベーターが開くと目の前の順番待ち席に2組。今夜はようやく冷麺を食べてみる気持ちになっていたので期待して待つ事にした。開店祝いの花に囲まれながら待つ事20分程で、窓側のカウンター席に通された。初入店なので、まずは 5月20日までの「GINZA UNA オープニング特別メニュー(2人より、1人前=3,800円)」を注文する事にした。

こだわりの水、創生水こだわりの水は「創生水」。銀座を歩き回って喉が渇いていたせいか、料理を待つ間に少しづ少しづつと思いながらも2杯も飲んでしまった。オペレーションが混乱しているのか料理はなかなか運ばれて来ない…。

ナムルオーダーしてから20分以上過ぎた頃に、「ナムル」に「緑色サラダ」「大根サラダ」そして「キムチ4種」と野菜ばかりがどかどかと一斉に登場!!そしてまた沈黙…

サラダ大根サラダ大きなボウルに入った野菜群を目の前にして「(どーしたらいいの?)」と戸惑いながらも、そのバラエティな大盛野菜料理をちまちまつまみながら、ますますお腹を空かせて主役メニューを待ち続けた…。

キムチ4種チヂミようやく登場した野菜以外のメニューは「チヂミ」。これが旨いっ!今まで食べて来たチヂミの中でダントツに美味しい!!ただ、コース料理の悲しさで3切れはあっという間に食べきってしまった。次回はこのチヂミを別メニューで注文してみたい。

雪濃湯(ソルロンタン)コースとは別に注文した「雪濃湯ソルロンタン)」という牛骨スープの味は濃厚で、コラーゲンが後味として唇にまとわりつく美味しさで旨い。しかも上品な味に仕上がっている。丁寧な仕事ぶりがこの味にも現れている。韓国料理用の底が薄いスプーンではもどかしいので、出来ればレンゲでグイグイいただきたい味だった。


牛タン本来は牛タンが苦手なはずの女性にも好評だったこの肉は、牛タンらしからぬ見た目に綺麗な色でまず抵抗感が無くなったらしいく「このタンは好き」と、食べ慣れているかのように自分の分を食べきっていた様子には驚かされた。勿論牛タン好きの私には美味し過ぎて、あっという間に無くなってしまった。



カルビ・ハラミカルビ・ロース前沢牛や岩手短角牛の上質なカルビハラミロースも綺麗で、食欲をそそられる。焼きましょ焼きましょ、どんどん焼いて食べましょ♪


うぉっとぉ!?

焼肉焼肉裏表会話に気を取られてしまうそんなチョットした油断で「焼きすぎたかな!?」と思っても、これが不思議な事に固くなる事なく柔らかくジューシー!ウェルダンでも肉の旨味を保ちながら美味しくいただけるのも素晴らしい発見♪

盛岡冷麺@ぴょんぴょん舎そしてこの店自慢の、そして今夜の目的である「盛岡冷麺」が登場。焼肉は好きなので当然冷麺もいただいた事はある。だけれど今までに2度、ただコシが強いだけの印象で美味しいと感じる冷麺ではなかった事もあり、3度目の残念が恐くて10年以上あえて注文する事はなかった。だけれど「ぴょんぴょん舎」の冷麺を食べた身近な人達の皆が美味しいと言うので、今夜は期待半分怖さ半分で夕食に冷麺を決意しての入店なのでした。それほど?そう、それほど。今回こけると次回は韓国だったかもしれない…。

盛岡冷麺@ぴょんぴょん舎気軽に箸で挟もうとすると高い密度のせいなのか意外に重く、しかも麺表面が艶やかなのでなかなか手強い感触。弾力ある麺をすする勢いで、その麺にからんだスープがシャツに飛ばぬよう気を付けながら口に含み噛みしめると、かなりのコシの強さ。一口分を奥歯で何度も噛みしめていると…(!)…麺の旨味をますます感じる事が出来る!この冷麺の美味しさをより一層知るためには歯、特に健康な奥歯が大切だと感じた。(健康な歯に今夜は感謝)

冷えているので最初の一口では気が付かないスープの旨味。サッパリとしていながらも、これが麺を食べる程にそのスープの美味しさの不思議な技に気付かされてくる。さらに侮れないと感じさせたのは煎った白胡麻。この数粒が麺に付いてくるだけで味わいの奥行きが違ってくる。このゴマを加えたセンスにもかなり感銘を受けた。素晴らしい…

デザート最後のデザート「黒ごまアイス」をいただきながら、美味しさゆえに一気にいただいてしまった食後の心地良い疲労感に浸りつつ、今夜の各品の完成度の高さを今一度反復しながら確認し、それらの味を記憶する作業をしていた。

焼肉も冷麺も噂に違わず期待を超える味だった。次回も期待している「ぴょんぴょん舎」。



sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 31, 2007

コワイ物見たさにジンギスカン

明け方までジンギスカンを食べられるお店があると、「ポプーレ」の蓬田マネージャーが話題にしてくれたお店が「五衛門」。

居酒屋五衛門ただ蓬田君曰く、「美味しいのですが、深夜に入り浸っては人間ダメになりそうな店」と謎の感想を聞かされる...。その言葉が気になり、今回は締めのラーメンではなく五衛門のジンギスカンにしてみる事に。




居酒屋五衛門カウンターガラガラと引き戸を開けて入店すると、確かに暖簾の向こうには酔っていなければ入り込めないワンダーワールドがあった...。

午前4時半、入って右手にある座敷に酔いつぶれてスーツ姿のまま寝転がっている一人の男性客。そっと毛布をかけてあげている店主らしきおばちゃん...。この光景で蓬田マネージャーの謎の感想が理解出来た。酔いもちと醒めた。

ジンギスカンと塩ホルモン@五衛門ジンギスカンと塩ホルモン@五衛門入ったからには食べなきゃ。ジンギスカンとホルモンを注文。

これが想像以上に旨い。恐そうに見えた濃いタレが、ジンギスカン生肉によく合っている。特に驚かされたのは塩ホルモン。かなりレベルの高い美味しさ。旭川市内で夜更けに焼肉を食べたくなったら来てみよう。ただし、酔っぱらった勢いがやはり必要なお店なのだと思う...。

sitezaemon at 04:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

January 10, 2007

ジンギスカン!

突然ジンギスカンスイッチが入ったので「くろひつじ」へ。

ジンギスカン@くろひつじコートやスーツの上着を店頭のロッカーにしまい込み、ジンギスカン食事態勢準備万端。

野菜と一緒に運ばれてきた肉は、この店が勧める焼き方を無視して、直接焼きではなく野菜の上で蒸し焼き風に時間をかけて何度も返しながら食べ頃を待つ。

北海道ジンギスカンの味とは違うけれども、それは仕方なし。これが関東チェーン店の限界なのだろう。むしろ、ブームに便乗してそれらしくジンギスカン専門として出店しているところに比べたら、「くろひつじ」はまだ安心して食べられるジンギスカン店。ただ、お米(ごはん)の味にもう少し目を向けて欲しいと今回も思う。

sitezaemon at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 21, 2006

北海道最後の食事はジンギスカン

今回は結局札幌には寄らず、この日旭川からJR直通特急で新千歳空港までやって来た。出発まではまだ1時間はある。

松尾ジンギスカンまつじん新千歳空港店北海道離れる前に、もう一度ジンギスカンを食べようとターミナル3階のグルメワールドフロアにある「松尾ジンギスカン(まつじん)新千歳空港店」へ。




特上ラムジンギスカン定食@松じん新千歳空港店定食に特上ラム追加@松じん新千歳空港店店の奥にあるテーブル席に通されたので、換気具合を考えて入口付近の席に移させてもらった。注文したのは「特上ラムジンギスカン定食」。焼きながら同じ肉をもう1人前追加。ラム肉を焼いては食べ焼いては食べ、美味しぃ〜。モヤシもその他の野菜も新鮮だから尚美味しい。

旨!=旨いの階乗、ってどんな?

気が付いたら緩やかな風下にいた。ラムを焼いたり蒸したりした湯気をかなり浴びていた(泣)。それほど夢中で食べていた...。

会計カウンターには搭乗客用に消臭スプレーが置いてあった。ありがたくセーターに軽くかけても、あまり効果は無かった様な...。

新千歳空港は雨出発時刻15分前に搭乗。空港は今みぞれ模様。このまま天気は荒れて、明日には雪がかなり積もるらしい。

また来るど、ほっかいど。

sitezaemon at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

November 17, 2006

今夜はジンギスカン

雪がちらつく寒さと、入るつもりで訪ねた3店にフラレ続けた空腹に耐えながら、今夜はもう絶対にぢぇったぁぁいにっ焼肉!と「松尾ジンギスカン旭川店」を探す。だけど場所が不確か。迷う(涙)。

松尾ジンギスカン旭川店道を尋ねに薬局に入ると応対してくれたのは上品なおばぁちゃま。説明通りに信号を曲がったりと200メートル程で目的の赤いネオンサインが目に入った(喜)。

特上ラム2人前@松尾ジンギスカン遅い時間だったので店内にお客は1人。座敷に上がり、即ビールと特上ラムを2人前(360g)を注文。おにぎりの具には、鮭でもイクラでもなくやはり私は「筋子」。たっぷりモヤシの上にラムを半分蒸す様に、残り半分は鍋に直接乗せて焼く。ラム肉はあっという間に完食。普段小食の私にも3人前はいけてしまう程食べやすく美味しい松尾のジンギスカン、ありがとう。

さぁてと、今夜はどこのバーでゆっくりしようか...。

sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 04, 2006

マトンのジンギスカン

先月9月28日にオープンした「ラゾーナ川崎プラザ」に初めて足を踏み入れたこの日は10月4日の平日にもかかわら想像以上の人口密度に驚かされた。ランチタイムだったので各飲食店舗前には順番待ちしている客の列。ただ「くろひつじ」には列が無く、店内に数組が食事しているだけ。最近ジンギスカンを食べたいと思っていた私にはこれが幸運に思えたので入店。

とりあえず「ジンギスカン1人前(野菜付)」と「ライス」だけを注文。紀州備長炭七輪に続いて食材が運ばれると、カウンター内女性スタッフが「焼きましょうか」とマニュアル通りらしき口調で聞いてきたので、「くろひつじ風美味しい焼き方」の技が目の前で披露されるのかもと思いお任せしてみる事に。それが...、

ジンギスカン一人前@くろひつじラゾーナ川崎肉をのせるにはまだ充分には熱していないジンギスカン鍋の周囲にまず野菜をのせ、そのまま続いて鍋の頂上に肉をのせてしまう彼女に私は驚きながらも、もう少し成り行きを観察する。肉は当然ジュージューと音は踊らず単調にジュゥゥゥゥッとデクレッシェンド、そして鍋にこびり付く。すぐに炭になりかける部分とツヤツヤの生部分の二層状態に姿を変える鍋上のそれぞれのマトン肉。鍋の表面に根を下ろしたかのように頑固に焦げた肉を箸先の小刻み運動で剥がす事に成功しても、そぼろ状態の黒く焼け過ぎた固い肉(炭?)と新たに現れた肉の表面がまた焦げ始め...、の繰り返し。(涙)

救いはまだ残り半分の肉が皿の上。マニュアル通りには焼けぬ焦りを感じさせながらも「肉は新鮮なのでレアでも美味しくいただけますが、いかがいたしますかぁ?」と問う彼女。「ありがとう、あとは大丈夫」と笑顔で答えて残りの肉を大切に焼いた私。

ここまでの簡単2品だけで ,200-、肉を追加すると更に 800.-...。マトンの味は美味しい方だとは思いつつ、さすがの私にも会計時には割高と感じてしまった。そして食べたい時には冒険はほどほどにして肉は自分の好みで焼くのが肝心と確認させられたようなランチだった。



sitezaemon at 11:40|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

September 29, 2006

焼肉追加無料サービス!!

この数週間は平日の飲食が乱れている。パワーもつけなきゃ、と夕方移動途中にあった安楽亭に入店し今日初めての食事をとる事にした。

人気盛り300g@安楽亭無料サービスの追加肉@安楽亭カルビ・ロース・豚カルビが各100gの「人気盛り300g」を注文。薄切りの肉なのに炭火の火力だけはクライマックスで、数秒でも他の肉に気を取られてしまうと目の前の肉が焦げてしまう。3種の肉カードを神経衰弱ゲームの様に裏や表をめくったりめくり返しながら火力調節が出来ずに難儀しているのが目にとまったのか、店長氏が現れ「火力が強すぎるようなので、肉を3種もう一皿ご用意致しましょう」と言っていただいた。恐縮的感謝此幸運也。

追加の肉が用意された頃には炭火の火力も程良くなり、肉を落ち着いて焼く事が出来たので美味しくいただけた。店長氏のサービスに大感謝!



sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 07, 2006

安楽亭は焼肉界のファーストフード

今週も暑いっ!!こんな気候が続くと食欲は落ちながらも、何故かスパイシーなカレーや焼肉には身体が反応してしまう。今日はランチのタイミングを逸してしまい、既に午後3時過ぎ。「焼肉が食べたいなぁ...」と思って歩いていると安楽亭を発見!ファーストフード感覚で即入店。

特盛りダブルカルビ250ランチ@安楽亭フロアスタッフやマネージャーはマニュアル以上に丁寧な対応。そんな中でゆっくりと選んだ今回のメニューは「特盛りダブルカルビ250ランチ」に「ワカメスープ」。写真を撮っていると、あ!肉が焦げかけているっ!(汗)

マネージャーの説明によると、この肉は私の好きなオーストラリア産ビーフとのこと。暑さを忘れてアグアグと完食。これで合計990円!実にお得。この料金で贅沢に不満を言う事を許されるのであれば、それはゴハンの炊き加減とその味くらいでしょうか。

sitezaemon at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

August 04, 2006

我慢出来ずにジンギスカン

銀座で飲み明かす前に、夜食にはどうしてもジンギスカンを食べたかった。焼肉ではなく成吉思汗を。午前零時を過ぎても銀座・新橋界隈で営業しているジンギスカン屋は2店舗だけのよう。

そこで、公式HPの内容も見て第一候補にしたのは「ジンギスカンサッポロクラシック」。しかし歩き進むほどに路地の鼻を突く猥雑な臭いで食欲が急激に削がれてゆくのを感じながらも、ジンギスカンを食べたい思いでなんとかこの店が入店している雑居ビルを見つける...が、私はビル入口前で固まってしまった。不衛生すぎる現実。すぐさまその場を離れ第二候補の深夜営業ジンギスカン店へ。

旭川昭和食堂生ラムジンギスカン@旭川昭和食堂無難な第一印象の「旭川昭和食堂新橋店」外観だった事もあり、他に選択肢はもう無かったので入店。扉を閉じると同時に奥から現れた店主から、早速申し訳なさそうに食材の説明を聞かされる。

店長:「今夜は肉でご用意出来るのが生ラムとハラミだけになってしまって。」
私:「ジンギスカンを食べに来たので生ラムで十分ですが、どこ産ですか?」
店長:「オーストラリア産です。」
私:「もやしが多いのはどの野菜メニューです?」
店長:「モヤシはなくて、どれもほとんどキャベツです。」
私:「じゃぁ、とりあえず野菜盛りに生ラム二人前でお願いします。それと烏龍茶も。」

2階のテーブル席に着くと、そこにあったのはジンギスカン鍋ではなく普通の焼肉用コンロ...。何気なく残念。でも「ジンギスカンが美味しければそれでいいのさ」と自分に言い聞かせながら、キャベツ多めの野菜群を使って蒸し焼きにもしながらと、いろいろ焼き方を変えていただいたのにどれもイマイチ。そして完食出来ず。それは、しっかり焼いてもラム味が強めだったから。食後もそれは長く残った。

ブームとは言え深夜に美味しいジンギスカンを求めるのは無理だと思い知らされながらも、松尾ジンギスカンで口直しをしたいと願った夜だった。



sitezaemon at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 23, 2006

オージービーフをアウトバックステーキハウスで

今夜はガッツリと肉を食べたくて「アウトバックステーキハウスOutback Steakhouse)」へ。

アウトバックステーキハウス@南町田グランベリーモール店BSE 問題で米国産から豪州産牛肉に変わり、個人的にはありがたくオージー文化を店内で肉でも楽しめるようになった。米国産牛肉の輸入が再開されそうなので再訪。私はオージービーフが好きなのだっ!(特にタスマニア産オージービーフ)


パイナップルジュース@アウトバックパイナップルジュースは選択ミスだったかも知れない。

今夜の客層は日本人100%。誕生日グループや初ホームランを祝う家族や、いつものようにスタッフが盛り上げてくれて楽しい雰囲気。


オニオンスープ@アウトバックスープはオニオンコンソメをオーダー。熱々濃い味がいい。溶けたチーズと濃いコンソメスープが染み込んだオニオンをスプーンで一緒にすくい、ヤケドに気を付けながら慎重に口に運ぶと、旨ぁい。ヒースロー空港で食べた味を思い出すも、そこまで濃くはなかった。


ガーリックステーキ@アウトバックサーロインステーキ@アウトバック何故か時々食べたくなるサイコロステーキ。そこで私は「ガーリックステーキ(ダイス)200g」と彼女は「サーロインステーキ225g」。サーロインに添えられていたソースが美味しかったので、ちょっとおつまみさせてもらう。

オージービーフには醤油が合うのにここにはない。バーバリアンが懐かしい。

前菜を頼むと恐ろしいボリュームになってしまうので、今回はこれで丁度良かった。というか満足に満腹。



sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 03, 2006

ぢ、ジンギスカンがぁぁ...

午後3時半頃に「まかいの牧場」に到着。こんな時刻にも長野からの観光バスが到着してくる。

まかいの牧場@朝霧高原入場券を買って一人真っ先にすぐ近く(画像左手外)にあるレストラン「焼肉牧場」へ。店内にはまだ食事中のお客が一組。目の前に偶然現れたシェフにチェックしたのはラストオーダー時刻。「え?午後3時30分なのですか?」!その時点で午後3時40分。「また来ますね」(涙)...

4時と勝手に思っていた私が甘かった。それから私は彼女と一緒にウサギさん達と遊びました...。

sitezaemon at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 01, 2006

弱った時には好きなもの

私の食が細った時の改善食のひとつ、焼肉。好きだからこそ食欲に弾みを与えてくれる。

元気付けに昼から焼肉東方苑ランチメニュー「3種焼肉セット」から「カルビ、ロース、塩タン」の定番肉を選びいただき始めると...、気が付いたらかなりの勢いで自分は食べ進んでいる。旨い。

忙しい時に効率よく時間を過ごせ、しかも食欲が回復しつつあるなかで一押ししてくれた味に感謝。

sitezaemon at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 13, 2006

問題解決した日はトラジで焼肉ナイト

朝一で市ヶ谷。某学会との間でここ数ヶ月懸案になっていた事項が本日午前の会議で一気に解決へ向かい、ようやく肩の荷がひとつおりたせいなのか、午後の別件打ち合わせも快調に終わりました。今夜は焼肉食べてエネルギー充電すっぞぉぉーっ...

夜、そごう横浜店で用事を済ませた後に訪ねたのは10階ダイニングパークにある炭火焼肉トラジ横浜店。古民家風の内装は韓国伝統家屋「韓屋」様式を取り入れた落ち着いた雰囲気。

ネギバカ・塩タン・カルビ@トラジ横浜店ワカメスープ@トラジ横浜店バカネギと称する味付きざみネギを焼き上がったタン塩で包んで頬ばると、タンの歯ごたえとネギのシャキシャキ感が美味しいコンビネーションで楽しめます。カルビは脂が旨い。

ワカメスープに入っているワカメの量がすごい。スープはワカメの旨味とミネラルで飽和状態なので、ワカメにも充分美味しさが残っています。


かき混ぜ後の石焼きピビンパ@トラジ横浜店かき混ぜ前の石焼きピビンパ@トラジ横浜店熱々石焼きビビンパはフロアスタッフが目の前で丁寧に混ぜて焦げ目も付けてくれる。食べていると先ほどのスタッフが出来たてを持ってやって来て「他のテーブルへ運ぶ途中なんですが、混ぜる前の写真を撮りますか?」と撮影サービスありがたく写真に収めました。

料理の写真を撮る客が増えてきている事への対応と心配りなのでしょうか。少々驚かされました。

美味しさのあまり勢いよく食べ尽くしたので、疲労感のある満足感。一息ついて席を立とうとするとお口直しにどうぞと差し出されたバニラアイスバー。最後の最後まで居心地の良いお店でした。



sitezaemon at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

February 22, 2006

どうしても焼肉を

食事の予定が決まっているのに、どうしても焼肉を食べたくなる時があります。今日はそんな夜でした。夕刻早い時刻に食道園へ。肉各種を少量で軽くいただけるセット「塩焼盛合せ」を注文。

塩焼盛合せ@食道園塩焼盛合せ炭火焼き@食道園上タン・上ミノ・豚トロ・上ロースを、
焼きすぎに気を付けながら熱々を「ハウハウ(おいひぃー)」と一気にいただきました。スープは注文せず、御飯は控え目に。メインの食事がこのあとに待っていますから。

あぁ、美味しかった...。続きを読む

sitezaemon at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 27, 2005

駐車スペースがあったので思わず入店した焼肉店

屋号が「七輪焼肉安安」と「七輪焼肉」に惹かれながらも「安安」と安さの二乗がこのご時世ちょっと不安。でも今夜は焼肉を食べたいと思っていた時に、国道沿いの店頭駐車場に2台分のスペースが目にとまり即駐車、入店。

七輪焼肉安安意外にも店内清潔で充分な換気設備に丁寧な接客サービス。炭は備長炭。なのに何故に一皿平均料金が¥300??注文したのは焼肉各種7皿に玉子スープに御飯。精算は¥2000台でビックリ。おかげさまで様々な焼肉をそれなりに美味しく楽しめました。

メニューにはオージービーフが一品明記されていた以外は肉の生産地が不明なのでちょっと不安に感じながらも、人件費を抑えていることが判る事で自分に納得させる。また焼肉欲求の出会い頭でこのチェーン店が目にはいると、入ってしまうかもしれない…。



sitezaemon at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 08, 2005

焼肉BGMはクレイジーケンバンド

今日は愛車で出勤したのでアフター5の行動範囲が広がり、夕食には以前から気になっていた本牧通りにある炭火焼肉樹々苑へ行ってみることにしました。本牧と言えばクレイジーケンバンド。ドライブのBGMに…用意していない。
 
樹々苑@本牧
週末たまに本牧通りを通ると、夕食時には数名がいつもこのお店の前で並んでいるので気になっていました。
 
専用駐車場が分からなかったので近くの駐車スペースに合法駐車。お店のドアを開けると客が一斉に私を見る(?!)ので、「(ここは常連客中心の焼肉店なのか?)」と一瞬たじろぐも、笑顔の優しい女性フロアスタッフに導かれるままひとつだけ空いていたテーブル席へ。
 
  
  
 
Aセットと追加料理各品@樹々苑
初入店なのでまずはAセット(上カルビ、上ロース、上塩タン、各種野菜、キムチ) を注文。大皿に盛られた肉の量が少なかったので、中落ちカルビを追加しスープとゴハンも注文。

今更のように思いましたが、炭火で美味しく肉を焼くことの難しさを感じました。素材を殺すことなくなんとか美味しくいただきました。

一時期は朝まで営業していたそうなのですが、今はラストオーダー午後11時30分で午前零時には閉店とのこと。次回は単品を各種いただいてみたいと思いました。



sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 04, 2005

旭川市内でジンギスカンなら

市内に松尾ジンギスカンが食べられるお店は2店舗ありますが、私が毎回レンタカーで乗り付けるお店は旭川支店ではなく旭川大町支店

松尾ジンギスカン大町支店隣接された専用駐車場に車を止めたのは午後8時。月曜の夕食にはちょっと遅めの時刻にもかかわらず、店内はカップル、グループ、家族の地元客でそこそこ込んでいる。この「地元客でそこそこ混んでいる」事がこの店に足を運ばせる理由のひとつ。レスポンスのいい余裕あるサービスで、回転率が高いゆえに何時訪ねても新鮮なジンギスカンを美味しくいただけるから。

特製ラム三人前@松尾ジンギスカン大町支店まずは特製ラム肉を2人前。ジンギスカン鍋の上にまずモヤシを敷き詰めその上にラム肉を乗せる。焼くと言うよりも野菜の水分で蒸す感覚で、旨味を逃がすことなくジューシーに食べることが出来る。即追加1人前。

ここのおにぎりも美味しい。お米も炊き具合も塩加減が美味しい。普段小食の私が入店から20分ほどで完食。今回も大満足。

sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

June 29, 2005

焼肉パワー

四半期末の激務を乗り越えるためにパワーアップ。そのためにはやはり焼肉っ!安全運転で愛車をかっ飛ばして来てみました。この「炭一鉄」は2度目の訪問になります。
 
炭一鉄焼肉3品@炭一鉄詳細は東京グルメのコメントでお楽しみください。

sitezaemon at 21:30|PermalinkComments(1)TrackBack(2)clip!

May 28, 2005

ご褒美の焼き肉はどこで?

プロジェクトも大詰めを迎えていたこの2週間はほぼ毎日深夜残業が続いていましたが、今夕予定よりも早く無事職務完遂。苦しみもがいた末に突然閃いたヒントが予想以上に劇的な改善をもたらしてくれまして、「BSPLとキャッシュフローの健全化計画および2004年度税金対策」は、結果大成功裏に終了です。ひと安心。
 
さて、自分へのご褒美は夜食の焼肉っ!先日のカシミールカレーのおかげで食欲不振から一歩脱出するキッカケが得られたので、ここは大好きな焼肉で更に弾みをつけて体力もつけなければ。とはいえどこにしようかと悩んだあげくに、新規開拓という冒険を選びました。プロジェクト終了後のナチュラルハイ状態がそんな選択をさせたのでしょうか。以前から気になる焼肉3店舗がある本牧通りへアクセル踏み込んで向かいました。今夜はみなとみらいの夜景も観たかったので。

本牧通りに入った時刻は既に20時を過ぎており、1店目は閉店作業中で断念。次は店頭に順番待ち客が2組で期待高まるも駐車場が判らず今回は断念。3店目の外観お洒落な焼肉店には充分な駐車場スペースがあったのでここに決定。

照明を落とした店内はネオジャパネスク風の日本庭園イメージでお洒落です。強制排気完備の焼肉テーブルで、注文品を次から次へと焼き始め、程良く焼き上がった順に鹿児島黒豚、カルビ・ロース等々を勢いよく口に運ぶ。最初に黒豚を一口食した瞬間にその肉の味わいと脂の美味しさが広がりました。続く各種お肉の味もいわんやおや。美味しさ大発見です。

備長炭本格炭火焼
神奈川県横浜市中区本牧原17-1
本牧エスタ1F
045-628-0280
公式HP


sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!