ドライブ

November 05, 2013

新東名駿河湾沼津SA

霞んだ景色だけれど、左に見えるのは山々が連なる伊豆半島西側、手前に茶畑、そして向こうに広がる駿河湾の輝く景色。
画像1
またこの場所で、ゆったりと時間を過ごしたいと思う。

sitezaemon at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 04, 2013

明日はどっちだっ?!

夕景の十和田湖をあとにして、私達は454号線を選んで黒岩市を目指した。途中かなりの九十九折の急な斜面のカーブ道。箱根峠よりもきつく暗い。こんなラリーコースでは有能ドライバーMs.Takakoに皆命を預けるしかない。信頼しているので横Gがきつくても安心。102号線になってからはスムースに黒岩温泉郷に到着。でも宿がまだ決まっていない...。途中、スマイルキッチン丹羽商店で念のための食事確保。ついでにお薦め宿「宝温泉黒岩」を教えてもらい、そこに即電話予約。102号線を安全運転で爆走。チェックイン!

八戸港上陸したその日から真夏日の宣告で酷暑が続く。宿に到着してからは深夜まで洗濯機と乾燥機をフル回転。温泉に浸かったあとで一部屋に集合、食材飲料を持ち寄り語り合う長い夜。明日?目的以外はケセラセラ?ゆるいスケジュール。それでいい。



sitezaemon at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

十和田湖

ドライブスペシャリストTakako嬢運転で八戸から奥入瀬渓流経由で十和田湖到着したのは夕刻。

十和田湖



























当たり前のように、乙女の象の前で記念写真。え?今夜の宿決まっていない?!そーですね、かなりの自由行動ですから。ま、なんとかなるでしょう。

桟橋近くで釣りをしている少年に出会う。
「釣れてる?」
「そうでも」
「危ないから日が沈む前に帰りなさいよ」
「ハイッ」


十和田湖乙女の像




sitezaemon at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

奥入瀬渓流へ

2011.07.11

秋田がババアイスなら、青森はジジアイス?奥入瀬へ向かう途中でアイス休憩。

奥入瀬道中アイス休憩











































奥入瀬渓流は実に静かで美しかった。

奥入瀬渓流案内



























奥入瀬渓流



























奥入瀬渓流



























奥入瀬渓流



sitezaemon at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 19, 2012

姪との旅行 3月のNina

今年英国在住の姪っ子が相次いで私に会いに来てくれた。去年夏に結婚したNinaが3月に。ドライブで富士山と箱根を案内する予定が、当日着いてみると台風のような豪雨でとても残念。

IMG_8868i箱根オーベルジュ・オー・ミラドーでランチを美味しくいただきながらも天井が飛びそうな勢いの風に時折お互いに顔を見合わせ苦笑していた。

スタッフ全員が管理職含め英語や仏語でも会話が出来ない事を今回知った。私には意外なるかなりの驚きだった。









IMG_8884i箱根神社に着いた時に風雨は一時的にやんでくれて、静かに参拝することが出来た。車に乗るとまた雨。これも思いで。

Ninaは現在王立英国空軍パイロット、夫は優秀なる管制官。


sitezaemon at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 22, 2011

軽井沢へ

東京方面から上信越自動車道を軽井沢近くまで来ると不思議な山々の地形が現れてくる。

上信越自動車道碓氷軽井沢出口そのなかでも威容を誇っているのが妙義山なのだけれど、その他にも個性的な山々がその存在を主張しており、それらの自然の険しさに目を奪われてしまう。

碓氷軽井沢ICを降りて撮影のために小休止。





軽井沢・プリンスショッピングプラザ最初にに向かったのは「軽井沢プリンスショッピングプラザ」。今夜と明日会う友人達へのプレゼントショッピング♪ 

ここは期待以上に楽しい空間。冬のこの光景と季節感もいいけれど、春以降の暖かな平日にじっくりと再訪したいと思う。





軽井沢・プリンスショッピングプラザ翌日会う友人の子供達にこのブランドキャラクター衣服を購入。パイレーツデザインを気に入ってくれると嬉しい。


sitezaemon at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 27, 2011

富士 河口湖

自衛隊車両が行き交う国道150号線に入り込む。この季節はこの先行き止まり。

富士山 R150道路の直線上に鎮座する富士山を撮影してUターン。












富士山 河口湖木ノ花美術館今回の目的地は河口湖周辺の紅葉風景。

木ノ花美術館わちふぃーるど)。ダヤンも可愛いけれど、私のお気に入りはマーシー








河口湖 紅葉木ノ花美術館から湖畔へ。

雪虫が飛んでいた。雪が降る日が近いのだろう。



sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 11, 2011

フラノ・マルシェ(3) つまみ食い

もう夕食まで待てない。「北の国から」の五郎さん名場面の食堂でラーメンと思っていたのにそこは既に閉店との事(涙)。

豚まん@ふらのマルシェなので「フラノ・マルシェ」の名物メニューをあれこれと食してみた。

豚マン
うんまっ!ドライブに最適。マックよりも片手で食べやすい♪






ふらのっこ本舗@ふらのマルシェここ、ココ!ふらのっこ本舗、めんこいベア。











ふらのっこ本舗@ふらのマルシェドライブ中にキャンディーを欲する私には良い感じの一口サイズ。











マルシェのパイシュー@ふらのマルシェドライブには不都合なシュークリームを大小あえて購入。それだけ食べて見たかった。










マルシェのシュー@ふらのマルシェおぃひぃ〜...


sitezaemon at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 10, 2011

フラノ・マルシェ(1)

お土産探しに「フラノ・マルシェ」に立ち寄った。

ふらのマルシェ丁度小雨も止み雲の合間に青空も見えている。











ふらのマルシェ店内富良野特産農産物やその加工品に菓子に地域限定土産品などと、ここは見ているだけでも楽しいフロア♪









ふらのっち@ふらのマルシェ北海道ポテトチップスのフアンとしては、「JAふらの」製造の商品は見逃せない。今回は残念ながら3種の味のうち、残っていたのはコンソメ味のみ。塩味が欲しかったけれど、「まぁ試しに」とコンソメ味を2袋購入してみた。



ピュアホワイト@ふらのマルシェ生でもいただけるとうもろこし「ピュアホワイト」も購入。


sitezaemon at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 04, 2011

JR富良野駅にある観光案内所

この日は午後の気ままなドライブ。

JR富良野駅だけれど、美瑛・富良野の観光情報を収集しようと寄ったのがJR富良野駅にある、









観光案内所@JR富良野駅観光案内所」。












観光案内所@JR富良野駅美瑛・富良野を観光するのならJR北海道利用者には便利なGOTTON「ツインクルバス」もある。

こんな細かな情報が集約されている場所があれば、北海道観光もドライブよりも列車とバスの旅も楽しいもの。

sitezaemon at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

北海道北美瑛にある開拓庵

最近「開拓庵」の電話が不通になっている。ご主人はお元気なのか廃業してしまったのかと心配していたので、ドライブ途中に寄ってみた。

開拓庵・露工房@美瑛おぉ、看板は綺麗なまま立っている。
ただ前回と微妙に変わってはいるけれど。










開拓庵@美瑛入口が緑に侵食されつつあるっ!












開拓庵入口@美瑛暖簾がいつの間にか裏から表へ。












訪問写真@開拓庵開拓庵の訪問客達が後日郵送してきた写真の数々。ご主人が皆に愛されていることがこのボードで一覧できる。

開拓庵の電話番号は露工房と統一して番号が変わっていた(露工房主宰女史に確認)。本日たまたま休暇の開拓庵ご主人は、相変わらず元気らしく安心。

ライブドアグルメの店舗情報は更新済み。




開拓庵露工房@美瑛今回のレンタカーは直前予約にもかかわらず新車「Vits(ヴィッツ)」を配車していただいた。感謝。

また雨が降ってきた。このまま次は富良野を目指そう。


sitezaemon at 04:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

北海道美瑛ぜるぶの丘

旭川から富良野へのドライブではいつも素通りしている「ぜるぶの丘」。

ぜるぶの丘@美瑛7月4日午後、雨が途切れたので立ち寄ってみた。雨上がり直後の曇天下の花畑は、晴天下の景色とは違って艶やかでいい風景だった。







ぜるぶの丘@美瑛













ぜるぶの丘@美瑛一回りして車に乗る直前にまた雨がパラついてきた。


sitezaemon at 03:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 05, 2011

旭山動物園のアムールタイガー

迫力の寝姿!



こんなに近くから肉球を見たのは初めて。



sitezaemon at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

北海道ガーデン

ファンファンバスで上野ファーム



園内は花の香りに満ちあふれている。



sitezaemon at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 20, 2011

海開き2週間前の湘南

遠くに烏帽子岩を眺める「サザンビーチ」の海開きは7月2日

サザンビーチ2週間前でもすでにマリンレジャーを楽しむ若者グループや家族連れでビーチはそこそこ賑わっていた。









サザンビーチ海岸沿いに海の家の建設も急ピッチに進んでいる。

曇りで蒸し暑い週末だった。




sitezaemon at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 13, 2011

元気になってゆく箱根

晴天の午後、ドライブ。

西湘バイパス国道1号線から西湘バイパスまで、そして箱根湯本駅前までがスムースに車は流れた。毎週末このようにストレスなくアクセス出来るといいのに。







湯本富士屋ホテル@箱根毎回いろいろとお世話になっている「湯本富士屋ホテル」さんの5月のディスプレイは、端午の節句。








早川@箱根湯本今日は穏かに流れる早川。













菊川@箱根湯本まず訪ねてみたのは「菊川」さん。4月には止まっていた機械も、今回は元気に稼動している。職人さんは何度も何度も挨拶してくれた。







菊川@箱根湯本出来立ての菊川箱根まんじゅうをいただくと、こんなにも美味しいものかとあらためて感激。出来立てを頬張るのが一番美味しい!
出来立てとても美味しい♪!!





藤屋@箱根湯本前回数十分の差で買えなかった「藤屋」さん。今回はしっかりといつもの梅干を購入♪
この界隈は地盤がしっかりしているらしく、このお店にも被害は無かったとの事。今のところ箱根に大きな震災被害を聞いたことがない。



萩野@箱根湯本そうして訪ねた「萩野」。ガンモを購入と思っていたら、売り切れ!夕方だったので泣いても仕方なし。

それにしても4月よりも確実に5月の箱根は元気で明るくなっていた。


sitezaemon at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 02, 2011

東名高速のサービスエリアは楽しい(2)

車から降りると、かなりの寒さ!!

東名高速浜名湖SA下りおつまみ程度の飲食品を購入するため、「浜名湖SA」に駐車。















東名高速浜名湖SAに雪の名残り数時間前まで降っていたらしき雪の名残りは路面を凍らせていた。この先のドライブに多少の不安を感じながらも、それはそれで楽しい思い出になるだろうと思った。このような気象状況を観越した準備万端がゆえの余裕からくるのかもしれない。


限定土産品@東名高速浜名湖SAここの「浜名湖SA」限定品のひとつにあるのは、「三ケ日(みっかび)みかん」を使ったドレッシング。柑橘系材料を地元産で生産している姿勢に努力を感じ入って撮影した画像。


sitezaemon at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

東名高速のサービスエリアは楽しい(1)

某日、深夜の東名高速で西に向かう。

東名高速海老名SA最初の休憩を海老名SAでとる。

情報によると雪ゆえに兵庫あたりで通行止めになるらしい。その場合はどこかでストップオーバーするのも楽しいかも。










マカロン@東名高速海老名SA下りサービスエリアのショップには、ご当地の特選品や限定品があり楽しめる。















厚木シロコロ風チップス@東名海老名SA下りキティちゃんはここで「B級グルメ」にも貢献している!
これは「厚木シロコロ」風味のポテトチップス。



sitezaemon at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 29, 2010

箱根小涌園ユネッサンでリフレッシュ

猛暑、といってもさすがは避暑地箱根、暑さがすがすがしい。

箱根小涌園ユネッサン箱根茶寮椿山荘」から徒歩圏内に「箱根小涌園ユネッサン」があるので、温泉を楽しむことにした。

私は各種大浴場う、露天風呂、サウナと快適に利用できたけれど、女子はかなり大変な状況だったらしい。入浴マナーを知らぬ中国人が浴槽にタオルを持ち込みしかもそこで顔を洗ったり、シャワーに並ぶ列(!!)も混沌としていたりと...。中国人パワーに日本女性は圧倒されてしまっていたらしい。

以上は早急に改善すべきポイントと実感>藤田殿。


ユネッサンにもラー油!1階の土産店には今流行の「ラー油」と派生商品「生七味唐辛子」。Derivative?















箱根周辺地域限定土産静岡限定販売の「永谷園桜えび茶づけ」。箱根は神奈川県でも駿河湾には近い。なので桜えび関連商品も馴染む。しかもこの茶漬けには静岡煎茶が使われている。

Wow♪

自分用とお土産に...





















静岡限定 永谷園桜えび茶づならば、

購入!!





























ソフトクリーム湯上りにはソフトドリンク、加えて各種ソフトクリームの中から定番のバニラソフト!

ソフトが溶ける前に、この美味しい味で体がとけてしまいそうだった♪



sitezaemon at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 23, 2010

猛暑の週末ドライブを楽しむ

連日猛暑。週末も晴天の猛暑。友人から誘われていた軽井沢に車で向かうには、この暑さでは距離と時間的に身体がもちそうにないので、やはり今回もお誘いを丁寧にお断りして目指したのは箱根。何せ私は真夏でもエアコンクーラーを入れずにドライブしているので、真夏の真昼に長距離や長時間をドライブするのは厳しい。その点で私にとって箱根は意外にも簡単に行ける避暑地。

それにしても「暑っつぅぅぅいぃ~!♪」と言いながらも、その年の夏の暑さを楽しんだり風の爽やかさをありがたく感じたりと、クーラーを使わぬ事でバッテリーをいたわりながらエンジン馬力をかせぐ夏のドライブを毎年楽しんでいる。安全運転、時々加速。

今回は特に、助手席からいつでも冷たい飲み物を取り出すいように大型クーラーボックスを後部座席に置き、そこに様々な(いつも大体決まっている銘柄)飲料水をたくさんの保冷剤で冷して入れ、それらを体調に合わせて少量ずつ飲みながらの運転。今回首には氷のように冷えた保冷剤入りのタオルを巻いてみた。暑いながらもそんな夏ドライブが快適に感じている。

まるで太陽族?

東名高速足柄PA今回はさすがに一気に東名御殿場出口までは行けず、手前にある足柄SA(下り)で小休止。

噴霧機の前では気持ちよさそうなワンちゃん。毛皮を着ているから暑いだろうに。肉球は大丈夫か!?と他人のペットの心配をついしてしまう。







御殿場ICからR138で箱根方面へ。

ふじみ茶屋から眺めた富士山今回は「御殿場美華ガーデンHP)」には寄らず、「ふじみ茶屋」で箱根山伏流水「ふじみの水」を一口いただいた。やはりかなりの軟水で優しく喉でとけるような味わい。

ここからから見えたこの日の富士山は、「頭を雲の上に出し」ていた。この富士パワーをいただき、心身リフレッシュして一路昼食場所へ。


sitezaemon at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 03, 2010

大分県国東半島ドライブ

一ヶ月程前からレンタカー準備をしたのだけれど、借りられた車種はJR門司港駅から徒歩5分程にあるトヨタレンタカー門司港店の「ウィッシュWISH)」。

JR門司港駅今回巡るのは大分県国東(くにさき)半島

とても寒い朝だった。タクシー乗り場では車を囲むように、鳩たちが太ったように丸くなり寒さに耐えていた。その面白風景を撮れば良かった...。




まず目指した桂川では「ホーランエンヤ祭」の真っ最中。今年は正月三が日最終日の、しかも日曜日のこの日に開催された。祝儀が川面に投げられると男達が飛び込む。寒そうに思えるけれど、見ているうちに活気が伝わり不思議と温かくなる。

スパランド真玉@国東本当そこからすぐに迷ってしまったので、「スパランド真玉」で小休止。

ここの若い男性スタッフが、我々が訪ねてみたい史跡とお勧め観光地、さらにはルート沿いにある食事処を的確に教えてくれたのでとても助かった。あらためて心から感謝




並石ダム@国東半島両子寺(ふたごじ)」へ向かう途中、「並石ダム」の湖畔で風景撮影。岩山にポッカリと空いている洞窟が見える。そこは鬼の住処との伝承がある。南向きの日当たり良好な物件。現代の鬼の皆様、修業場所にいかがでしょ。





スパランド真玉」スタッフによるナビ以上に丁寧なるルート説明のおかげで、無事に「両子寺ふたごじ)」到着。

両子寺@国東半島2009年大晦日、NHKゆく年くる年」では「両子寺ふたごじ)」がライブ会場のひとつだった。除夜の鐘を鳴らしたのは一般公募で選ばれた108名

寺が開かれたのが養老2年とは西暦何年なのだろう...718年?!




不思議いっぱいの国東半島なのだった


sitezaemon at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 07, 2009

冬の箱根 芦ノ湖の朝

午前7時前、彼女に起こされた。冬の朝の芦ノ湖を見てと。

箱根芦ノ湖@07:00午前7時に窓際へ。
おぉ、湖面を霧が被っている。湖上の雲海。この朝は水温よりも気温が低くなったのだろう。夜明け頃から観察していたらもっと風景の変化を楽しめたかも知れない。

ベランダに出てしばし写真撮影。さ、さぶいっ!
あ、素肌にバスローブのままだった...。







箱根芦ノ湖@07:4040分後、霧はほとんど消えてしまい、普段の芦ノ湖が現れた。
















箱根オーベルジュ・オー・ミラドー@07:00パヴィヨン・ミラドーのベランダから別角度で見た午前7時の芦ノ湖風景。
















箱根オーベルジュ・オー・ミラドー@07:40それから40分後の風景。


















トヨタiQ@箱根オーベルジュ・オー・ミラドー今回の箱根ドライブに利用したのは、トヨタiQ

数日前のドライブ中に、愛車のアクセルに変調を感じ急遽いつものトヨタレンタへ電話。車種はiQ指定。ギリギリ確保が出来たのでラッキーだった。









トヨタiQ@箱根オーベルジュ・オー・ミラドー箱根や伊豆ドライブで、時折気まぐれな興味で小道に入り込むには小回りが利いてとても重宝している車種。今回も大活躍してくれている。


sitezaemon at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 20, 2009

ドライブ途中で出会った極旨和菓子店!

ナビ調整でたまたま駐車したのが「石舟庵」だった。

石舟庵@伊東川奈ついでに喫茶コーナーで小休止。この菓子が別格のように美味しかった!











プリント杏仁豆腐@石舟庵「プリン」の柔らかさ具合と味わいのコンビネーションは、今まで食べてきたプリンのなかで、1・2位の味。その「プリン」に負けていないのが「杏仁豆腐」。この繊細なる美味しさををどう伝えよう...。二品とも最初の一口で、思わず「おっ?!」と言葉を漏らしてしまう、と同時に興味はそのデザートの味に集中させられる程、別格に美味しい。

石舟庵」、知らなかったぁー。

石舟庵店内喫茶コーナーそれもそのはず、店舗は伊豆・伊東地域限定営業で8店舗のみ。

偶然とはいえ、この店に出会えて良かった。


sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

馬に会いたい!とヨナグニウマふれあい牧場へ

このところ乗馬欲がむずむず。

まきば食堂@ヨナグニウマふれあい牧場伊豆高原にも牧場があると知り、訪ねたのは「ヨナグニウマふれあい牧場じゃらん)」。









ふれあい牧場@伊豆高原平日なので先客一組のみ。事務所を守っていたのはお腹の大きいヤギさん。他に誰もいない。

私:「こんにちわー!」
叫んでみた。
厩舎の奥から、
管理人:「いらっしゃぁーい。」
私:「このヤギさんは妊娠中?」
管理人:「ちょっとメタボぎみなの」
メタボヤギさんは私にごしごしと撫でられても、どっしりと落ち着いた様子でしっかりと受付番をしている。

仔馬@ヨナグニウマふれあい牧場丘の上にある牧場へ行くと、仔馬が寄って来た。ニンジンお食べ。

まぁー、なんとほそおもてのお可愛いらしゅうお顔をしておわしますのやろぉ...。







ふれあい牧場@伊豆高原親馬も寄ってきた。ニンジンお食べ。

「(きれいな歯ぐきですね)」
でも歯がコワイ(汗)。
「(噛まないでね)」








ふれあい牧場@伊豆高原丘の下にあるパドックから、2頭が坂道を上ってこちらまでやって来た。残り1本だけどニンジンお食べ。食べたりない?ゴメンよ、もうニンジンはないのだよ。すると、あきらめて足元の草をはみ始めた。

乗馬用の2頭だった。馬体に残る馬具の跡が少々痛々しい。

sitezaemon at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

美しい伊豆伊東城ヶ崎海岸

いつも素通りしてきた「城ヶ崎の吊り橋」。

伊豆城ヶ崎海岸ここは立ち寄るのが恐かったポイントだった。

CXTVクルーがこの吊り橋を渡りながらカメラを回していた時に遭遇したのは、吊り橋に沿って空中を飛ぶ女性の姿。霊感の強いスタッフも霊など見た事もないスタッフも、そこにいた全員のスタッフが見てしまい皆思わず悲鳴に近い声を上げたそうな。それは昼間の出来事だった。

後日その映像を確認すると、空中を飛ぶ女性の姿がハッキリと写っており、番組の事前会議で、あまりにもリアルすぎるという事で放映は出来ずにお蔵入りとなった...。恐すぎ

伊豆高原城ヶ崎海岸吊り橋身内から聞かされたそんな裏事情を思い出しながらも、今回写真を撮ってみた。観光で訪ねた子供達は、この雄大な光景に高揚したのか、ホッピングしながら吊り橋を駆け抜けて行く。

海岸は想像以上にとても綺麗だった。ただただ景観も海もとても、想像していた以上に美しい。












伊豆高原城ヶ崎海岸帰りがけ、吊り橋近くにある土産物屋で「microSD2G」が1600円で売られている事に驚く。都内の価格と比較すると2倍とはいえ、観光地の土産店でも「microSD」が購入可能になっている販売網の広がり具合に感動を覚える。

電子製品の技術力と販売力は、城ヶ崎海岸の岩を打つ波よりも強い。

電子製品に塩は天敵とは思うけれど、御祓い用に塩二摘み程度の分量でパッケージしていただけるとありがたいもの。





フルハイビジョンビデオで撮影したけれど、今はまだ見る気にはなれないでいる...。


sitezaemon at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 19, 2009

伊豆高原観光で陶芸を楽しむのなら

陶芸でも楽しんでみようかと思うと、伊豆高原には陶芸体験工房がたくさんあるので迷ってしまう。

八幡野窯@伊豆高原第一希望の「南大室窯(みなみおおむろがま)【掌楽房(しょうがくぼう)】」は残念ながら観光当日は定休日だった。

さらに選び抜いた末に訪ねたのは「八幡野窯(やわたのかま)」。予約無しで手軽に楽しめる上に、駐車場も50台分用意されている。年中無休というのもありがたい。

陶芸教室@八幡野窯大人も子供も参加者皆かなり真剣に取り組んでいる。

濃い色の土は白い色の土よりも料金は高い。焼き上がった作品の送料を含めると、最低でも一品5千円近くかかる。使用する土の量に応じて、大皿になると更に割増料金が必要。


集中する分、日常を離れてリラックスする事が出来る体験工房。

sitezaemon at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 18, 2009

8月は閑散なはずなのに

月初突然の弾丸出張で8月上旬のスケジュールが狂ってしまい、楽しみにしていた友人の結婚式も高3時代の担任恩師定年祝いクラス会にも出席出来なかった事はとても残念だった。複数の新規ビジネス・アレンジが一段落したので、これから発散と癒しのドライブ旅行。これまでレポート出来ていない遊飲美食情報については、今週末までには落ち着いてレポートを掲載する予定。まずはリフレッシュ。

sitezaemon at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 20, 2009

クララー、ペーター、テーネンピー!

そして「ノートー」とアルルの山に呼びかけるハイジには、さらに「ナツジー」と呼んで欲しかった...。



ナツジ」、日産自動車パワートレイン実験本部の淵上夏次ふちがみなつじ)氏の事である。日産が「淵上の足」を商標登録したほどに、彼のドライビングテクニックは「エコドライブの達人」「低燃費の神様の足」等と業界で称賛されている。なのでテレビのCF内でこっそりとでもその職人の名を呼ぶか、あるいは隠れキャラ風に画面に文字か画像で登場させて欲しかった...。彼から直接指導を受ける機会には巡り会わなかったけれども、今回のイベント「日産ECOドライブ講習会」に参加したのは、その淵上氏の技術を継承しているアドバイザーから現状ドライブ方法のさらなる改善点を指摘していただきたいが為だった。

私が長年乗り続けている愛車はバブル期に生産されたスポーツタイプなので、贅沢部品で丁寧に作り上げられ高速走行時には特に快適なのだけれど、燃費は悪い。購入してからの数年は加速とスピードを楽しんでいたが、その燃費は同乗者無しで6.5km/Lだった(!)。何度も危ない場面を体験しながら無事故で達観した以降は安全低燃費運転に徹し、これまで同乗していただいた親族の間で私は「マナーを守る安全安心運転のドライバー」としての評価が今では定着・固定化している。(意外?)

イベントホール外観@日産追浜テストコースGranDrive自分なりにドライビングテクニックに工夫を重ね、その愛車で現在同乗者1名を加えても9.0km/Lの数値を出せるようになっている。でもまだプロの視点から見ると改善すべき点があるのかも知れないと思い、JAFの講習会にでも一度参加してみようかと思っていたそんな時に、日産ECOドライブ講習会に招かれたので喜んで参加♪

会場は神奈川県横須賀市にある日産追浜テストコースGranDrive」。午前9時半に予定通り到着。車を駐車させてコース全容を見渡すと、「おぉ(広ぉぉーい)...」とその敷地の広大さに驚く。この日、空にはヒバリが鳴いてトンビが優雅に滑空している。北西方向の近くには野鳥公園、北の対岸には八景島シーパラダイスが見える。そして今日は良い天気で最高の試験ドライブ日和となっている♪

職人技を学習するゾォー!♪

イベントホール受付@日産追浜テストコースGranDriveGranDriveの受付カウンターには株主優待グッズでもある「ピボ2PIVO2)」が置かれていた。

座学講習の後すぐにテストコースへ。どの様な数値が結果として表れるのかが、楽しみでもあり不安でもある。最初は兎に角私達2名に割り当てられたオートマ車を普段通りに運転。我々グループの車種はノート(Note)だった。前回のCFでは「ブラぢゃないよぉ、大胸筋矯正サポーターだよぉ」と説明するキャラが笑えるノテ、いえいえ、ノート

ランチタイム@日産追浜テストコースGranDriveイベントホールGranDrive」には、住宅街想定コース、高速道路、S字カーブ、坂道、悪路などの様々な道路環境が5.8kmのコース内に設定されている。1回目の「現状ドライブ」試走で得られた結果は、燃費14.92km/L。でもアドバイザーの数値は18.75km/L(!)。3.83km/Lもの差がついた事に驚き!「(ハイジーナツジー!!)」と心の中で叫んでしまった...。

心落ち着けてランチタイムは和食と中華の折衷弁当。最初のドライブで学習した体験とアドバイスを、記憶に固定化させるためにもなるような穏やかなひととき。


ランチ@日産追浜テストコースGranDriveイベントホールエビチリも野菜もご飯も美味しいお弁当なのですが、完食は午後のドライブに影響があるので2/3だけをいただき、ご馳走様。エビチリとご飯、美味しかった。








そして昼食後の午後に、アドバイスを受けてからの走行では、「現状ドライブ」と「ECOドライブ」を比較すると燃費改善率は11.6%も向上。

アドバイス前の燃費データ一覧アドバイス後の燃費改善率データ一覧自分ではECOドライブに努めているつもりでも、プロのアドバイスのおかげで更に改善出来た事が嬉しい。


ただ今回の講習会で実感したのは、エコドライブと同乗者の快適具合の折り合いの難しさそれは特にカーブ時に感じられる。同乗者には横Gの不快さを感じさせないように私は運転している。j事実同乗者には私の運転が一番快適だったと言ってもらえたのは嬉しい事だった。その横G部分で私にはアドバイザーや淵上氏の低燃費運転に達する事が出来ないところなのだと思う。でもこれでいいのだと思う。これが同乗者にも優しい私のエコドライブスタイルなのだと実感した上に再確認する事が出来たのだから。


イベント「日産・ECOドライブ講習会」とは?

日産・ECOドライブ講習会の記事



sitezaemon at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 01, 2009

旅に誘うヘルメット

ゴールデンウィークの後半も良い天気が続くようで、オープンカーや単車でドライブするには気持ちが良さそう...と、そんなことを考えていたら、こんなヘルメットを発見。

The Tweed Summer HelmetBORSALINO

この一見アメリカ的な機能性はなく、むしろ旧ソ連のミグ戦闘機パイロットのヘルメットにも近いようなハンドマイド印象、にもかかわらずデザインに安定感を感じる。オフホワイトの合成樹脂に面を稼動させる部分はワンポイントながら先進的デザイン、そしてそこに大胆にも外観に生地を使っているのがいい。スパイスのようなアゴ紐にある赤のワンポイントもあり、男の子心をくすぐるイタリアン・デザイン。

インテリアにも良いかも



sitezaemon at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 25, 2009

旧正月前夜の横浜中華街風景

横浜山下公園方面に車を走らせ、横浜ベイブリッジが近づいてきた頃にはトワイライト。

横浜ベイブリッジへみなとみらい21と富士山暗くなりつつある横浜の街並みに浮かび上がる、特に山下公園からみなとみらい21あたりがカラフルなイルミネーション。しかもその空との端にコントラストも鮮やかなる富士山のシルエットが美しい…。

中華街大通り獅子舞ディスプレイ今宵は旧暦の正月前夜、つまりは大晦日。横浜中華街に着いてみると、道には人がいつにもなく車道にまであふれ、食料品店には普段店先では目にする事の無い春節用の各種多彩な中華食材が並んでいる。やはり旧正月前夜。明日から始まる春節祭に活躍する獅子舞の準備は万端のようで、インフォメーションセンター(ChinaTown 80)では記念撮影用に観光客がかぶってもいい獅子頭をいくつか用意させている程に、余裕を感じさせてくれる。

金の牛土産物店では、金運の「金の豚」は多量に陳列されているその隣に、似たような可愛いキャラで「金の牛」がすでに登場していた。(買わなかったけれど…)

最近まで見かけなかったような店舗が、今夜はやけにたくさん横浜中華街界隈にとても目立っている。中華街大通りにも、その他の通りにも…。この数ヶ月で加速度的に変化している印象をとても強く感じさせられた。


関帝廟@横浜中華街関帝廟@横浜中華街春節カウントダウンイベントの会場のひとつ、関帝廟にはたくさんの人たちが参拝している。








會芳亭@横浜中華街その関帝廟と関帝廟通りをはさんで面している會芳亭で、賑やかな見物人達に囲まれながら演舞する獅子舞を数年前に観たけれど、今夜は一組の男女が記念撮影をしているだけだった。きっと今夜、春節カウントダウンが近づくにつれて、この周辺も様子が激変するに違いない。


sitezaemon at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 04, 2009

下関から日本海沿いに萩までドライブ

昨日は元気に散策しすぎて汗をかいたせいなのか、風呂上がりの後はビールがかなりすすんだ。深夜に大草章弘商店の蒲鉾(注:大草章弘商店のオリジナルHPはない)と前田海産の高級明太子を合わせたつまみを出して頂いた。美味しさのあまり一人で蒲鉾2本分は食べていた…。

朝はハムエッグそうして目覚めた今朝のおかずはハムエッグ。あっさりとしたこの朝食メニューはかなり嬉しい。別皿で前田海産の明太子と大草の蒲鉾と、軽くいただけるメニュー構成。明太子も蒲鉾もさすがお高いだけあり、飽きの来ない上品な味の名品であることがこんな時にこそ実感が出来る。

今日はその大草本店があるへドライブ予定♪

09:55 下関を出発。天気予報では昼過ぎまで晴天。なので選択したルートは191号線の日本海沿いコース!晴天の穏やかなる日本海の海の色は、ハワイの海のように美しい事は知っているからこそ選んだルート。早く萩まで行くなら別ルートになろう。

東へ向かう帰省渋滞の影響を心配していたのは無用だった。ほぼ快適なドライブ。途中にある「夫婦岩」や「角島」やら「楊貴妃の里」などには立ち寄らず、萩への途中に寄った唯一の場所は、

11:00 「セブンイレブン下関川棚店」。去年この店で買った川棚温泉饅頭が美味しかったので、今回も川棚温泉饅頭で一息と、それを楽しみに立ち寄ってみた。なのに店頭に饅頭ののぼりがない?!(不安)。飲み物とチョコレートを持って会計時に店長に聞いてみると、
「本部が品質衛生管理に厳格になったので、販売が出来なくなってしまいました」と。
191号線ドライブ途中の楽しみがひとつ消えてしまったのは残念!そんな事もありながら、ほぼ順調に辿り着いた

萩反射炉への道12:50 「萩反射炉」を見学。

セブンイレブンの駐車場と一体となっているド広い駐車場に車をとめて、公園への階段を上ると別世界がひらけてくる。




萩反射炉萩反射炉これが「萩反射炉」。建設年などが、現地でもインターネットでも大きな誤差を感じさせる歴史的建造物。








それからさらに車で移動して明神池へ。

明神池@萩笠山この池には海水魚が生息している、なんとも不思議な池。地学的にその地勢の成り行きを知ると、なるほどと思う。

しかし、この画像には写ってはいないけれど、なんとトンビの多い事。湘南の生息密度を軽く超えている。




厳島神社@萩笠山明神池厳島神社の鳥居の元に、親族一同らしき猫たちが集っている…。

sitezaemon at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 11, 2008

箱根湯本でお土産散策

強羅からは国道1号線を使って箱根湯本まで。

箱根国道1号線沿いの紅葉風景今日も渋滞なしの国道を快適に車を進めて、ストレスなく箱根湯本駅前に到着。平日の箱根ってこんなに道路状況がいいとは知らなかった。

たまには土日を外して箱根を訪ねてみようと思う。





箱根湯本駅いつも終日無料だった駐車場が有料なっている!!それにしても周辺の駐車場と比較するとはるかに安いのだけれど、…残念。

箱根富士屋ホテルからきつい坂を徒歩5分程のところにある、箱根町立郷土資料館を初めて訪ねてみた。入館料大人1人200円!なのに展示物が実に興味深いものばかりでかなり楽しめた。また来てみようと思う。次回は友人を誘ってミニわらじを作ってみよう♪

元祖箱根温泉まんじゅう丸嶋本店つまみぐいには温泉まんじゅう。出来たての熱々まんじゅうを頬張る際に、あんこが左手人差し指に付いて「あ"っぢ!」。指を振ってもアンコの粘度が高く熱いまま張り付いている!「あ"ぢあ"ぢあ"っぢぃ、ング」と指先を口の中へ。

出来たて温泉まんじゅうに油断禁物、デインジャラス。

小田原みかんわさび漬山上蒲鉾店」で購入したのは、かまぼこではなく、まずは小田原ミカン。15個ほどのミカンが300円!しかもどれもが甘かった♪冬のお買い得商品。

そして、期待して購入したわさび漬けは…極めて普通の味だった。鼻を突くワサビの香りもない。でもこれに御殿場市の「天野醤油さいしこみ甘露しょうゆ」を数滴たらす事で、甘露しょうゆでも辛みのある味とが丁度良くワサビ漬けと合い、熱々御飯がすすんでしまう。

藤屋藤屋次に、今回箱根湯本で購入する1番の目的、梅干しの「藤屋」さんへ。私はここの梅干しフアン。



藤屋の小梅今回も3年物小梅と、カリカリ小梅(白)を購入。二日酔いの薬代わりにもなるんだなぁ、これ。










はこね・和菓子 菜の花藤屋さんまで来てしまったら、さらに坂を上り湯本温泉郷入口の橋を渡り、「菜の花」店舗の中でも穴場的に空いている「はこね・和菓子 菜の花」へ。

月のうさぎ」と「箱根のお月さま」を、自分用と職場用に購入。画像がない?…食べてしまった…。しかもお土産までも…

ランチでご勘弁を>職場の皆様


sitezaemon at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

強羅から大涌谷へ

期待以上にリラックスが出来たハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

昼のリビングルーム@ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ最近都内に乱立したホテルでは、名前こそ世界的に有名なホテルであってもスタッフの質がかなり低下していると感じていた。それがあったので箱根のホテルはどうなのだろう、旅館がよいのでは?と、多少の不安を感じていた。しかし、スタッフサービスも丁寧・親切で、その心配りのおかげで快適に過ごす事が出来た。関係者皆様に感謝。

箱根大涌谷ホテルを出て真っ先に向かったのは大涌谷。平日だというのに日本各地から、そしてアジア近隣諸国からの観光客も多い。

いつもより噴煙の勢いが激しい中、今回も玉子茶屋を目指す。





箱根大涌谷名物・延命祈願の黒玉子玉子茶屋@箱根大涌谷黒玉子は5個入りで500円。1個食べると7年、2個食べると14年延命。去年だったか大阪からの熟年夫婦が2個目を食べるダンナに「アンタそんなに長生きしてどないすんの?」とツッコミを入れていたオバチャン。今回私も2個食べますぅ。

テーブルは玉子の殻で覆われている。それをテーブルのサイズに合った大きな刷毛で誰かが掃いて、横に設置されたポリバケツに落して綺麗にしなければいけない。私がその刷毛を使い始めると、目の前で黒玉子を食べながら記念写真を撮り合っていた中国人(香港人?台湾人?)の若い男女が、テーブルに置いていた黒玉子入り袋を急いで取り上げてくれた。私が「謝謝」と言うと、その彼女がとても嬉しそうな笑顔をみせてくれた。

噴煙が激しいので、早々に退散。意外にあとで重くダメージが残るので…。それにしても今年の噴煙、昨年までに比べると激しく感じるのは私だけ??

sitezaemon at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 10, 2008

旅の記録に愛用している文房具

旅の記録で愛用している手帳はファイロファックスfilofax uk)。

ファイりファックスに旅の記録数日の国内旅行の際には、特に左画像にあるスリムラインタイプ「3CLZ」を利用している。

夜に、時系列で綴った箇条書きの記録を読み返し、デジカメ画像記録も参照しながら、記憶が確かなうちに補足説明を加えてゆくのも楽しい作業。今回の箱根ルートを過去の記録と比較して、そんなにもスムースにこのホテルまで来られた?と驚く。あらためて曜日と時間帯とルート選択の大切さを実感。

今回の筆記用具はTOMBOZOOM707。軽くて細いボディながら指先に当たる部分が膨らんでおり、摩擦係数は高く見た目以上に書きやすく、個性的なデザインも気に入っている。


FILOFAX + Digital Voice Recorderちなみに、海外への出張や休暇旅行に使っているファイロファックスfilofax uk)は、左画像のバイブルサイズ「5CLF 1/2」。そして最近重宝しているのが手帳の隣に添えたデジタルボイスレコーダーペン





Digital Voice RecorderDigital Voice Recorderその名の通り、首軸がボールペンで胴軸にデジタルボイスレコーダー機能がつまっている。

内蔵1Gフラッシュメモリーには最長71時間録音が可能(ただしフル充電時に1度に録音できるのは8時間)で、WAVフォーマットで記録された音源はUSBコードでPCに接続してファイル転送も可能。

Digital Voice Recorder接続コードをイヤホンに変えて直接リプレイで音の確認もできる。USBメモリーとしても、周波数20-20KHzのMP3プレーヤーとしても使える便利もの。レストランではメニューをメモする代わりに、会話の際にメニューを読みあげさりげなく記録する事が出来る。スイッチを切り忘れてバーで飲み続けた深夜、記憶が飛んでしまっても再生出来る(自爆)。


楽しいアイディア、便利な使い方どなど、「スケジュール帳」の使い方教えてください! ←参加中

sitezaemon at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 02, 2008

中央高速で清里・白州へ

ドライブ熱を刺激する晴天!今日は友人たちと清里あたりへ。中央高速から甲府盆地に入ると低地部分が霞んでいる。周りを囲む山々も遠くの山ほど霞んでいる。稲わら焼き(*)だ。風景はまさに日本の秋。



渋滞しながらも車は流れている16号線から八王子バイパスを経由して、中央高速八王子料金所を通過したのが09:26。長坂で高速をおりたのが11:29だったので、順調で快適なドライブだったと言える。

八ヶ岳高原大橋から望む八ヶ岳八ヶ岳高原大橋から望む八ヶ岳昼食予定の「中村農園食堂」で順番待ちのリストに名前と人数を記入し、その先にある八ヶ岳高原大橋へ。

観る位置で姿と色合いを変える八ヶ岳がとても美しい。それにしてもこの橋の高さには、さすがの私も目がくらみかける。007ゴールデンアイ(ASIN:B000O76YZE)のように、かなり豪快にバンジージャンプができそう。

紅葉している場所はまだ部分的ながらも、特に八ヶ岳高原ライン沿いの木々は鮮やかに色づいており、カーブのたびに現れる風景に車内で歓声が沸き起こる。しかも晴天の三連休で気分も爽快。豊かな自然の恵みで、皆満面の笑顔♪


キープ農場から望む八ヶ岳キープ農場にあるドッグランの彼方に富士山財団法人キープ協会が運営する「清泉寮」のキープファームにある広大なドッグラン。




キープ農場ショップ上空に飛行機雲キープ農場にあるドッグランの彼方に富士山そのドッグランから、今日は北に八ヶ岳、南には遠くに美しい富士山が観えている。美しい…

それにしても今日の清里は、人口密度が異常に高い。「キープファームショップ」の駐車場がほぼ満車。かろうじて駐車ができた。ショップのテラス席は、気温15度でソフトクリームを頬張る人たちで満席。寒気が入る上空には飛行機雲。


ジャージーの子供たち清泉寮パン工房&ジャム工房私はジャージー牛乳が大好きで、愛情をこめて仔牛の頭をナデナデ…。とっても固かった。

道路をはさんで向かいにあるのは「清泉寮パン&ジャム工房」。

Kiyosato Picnic Busここは「KIYOSATO PICNIC BUS」の中継点。バス車内も満席。今日の人出は鉄道バス路線組にとってもマイカー組にとっても大変な状況…。





風林火山館風林火山館そして来ました、「風林火山館」。観てましたNHK「風林火山」。今は「篤姫」の時代なのか、ここの駐車場はスカスカ。そのセットを近くで見てしまうと、木材部分を古く見せるためのくすみが塗装だったりと、テレビで受けた印象の重厚さはまったく感じられない。撮影法技術の素晴らしさを実感。風林火山特集本500円が100円?!購入っ!



風林火山館から眺める富士風林火山館から眺める富士風林火山館」から観える富士の姿。今日の北杜市は、四方八方遠くの景色まで綺麗に見渡せる。









サントリー白州蒸溜所サントリー白州蒸溜所ウイスキー博物館普段の土曜日とは違う「サントリー白州蒸留所」の駐車場。車が多い!しかも北は福島から西は京都からの他府県ナンバー群。構内も清里周辺同様に、人口密度が高い。だけども静か。紅葉はキレイで、空気がとても美味しい。


サントリーウィスキー博物館」1階にある「Bar白州」では、響・山崎・白州をワンショット(15ml)から有料で試飲ができる!!飲み比べてみたいけれど、私はドライバー(涙)。赤坂の試飲会まで我慢ガマン…


そば茶ソフトクリーム@はくしゅう道の駅はくしゅう道の駅」でアイスクリームたぁ〜いむ!♪

私が「そばアイス」を美味しくいただいていると、ショップお薦めの「お米アイス」を味わう友人が困惑気味ながら一人でウケている…何事?一口いただいて納得。炊飯器に冷えてこびりついたご飯の粒の食感と味がして、これは確かに笑えるグループで訪ねた時には一人でも「お米アイス」を選択すれば盛り上がること間違いなし。帰りの渋滞も乗り越えられそうな、笑える元気チャージ!♪

携帯電話で見る山梨県北杜市ドライブルートマップ左のQRコードを携帯電話で読み取れば、今回のルートマップが携帯電話画面でも参照が可能。






(*): 山梨県中央市では、農業者が行う稲わらの焼却、家庭で行う落ち葉などの少量の焼却は許されている。



sitezaemon at 11:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

昼食は甲州地鶏づくし

開店20分前に余裕で到着した…

11:40 中村農場の食堂前12:15 中村農場の食堂前つもりが、もうすでに「中村農園直売店に隣接している食堂前には順番待ちリストに記入済みの客達が12時の開店をのんびりと待っていた。12時20分には30台以上は駐車ができるスペースがほぼうまり、大型バイク軍団もやってきた。すんごい人気にビックリ!

中村農場の食堂テーブル席食堂からは車ですぐのところにある八ヶ岳高原大橋で景色を楽しむには丁度良い待ち時間だった。食事を終えて店から出る人、名前と人数を呼ばれて入る人たち…。出てくる御婦人たちは厄介だった。出る時は自分で引き戸を開けておきながら、閉めない…。数分後、次の組も閉めない。見かねて、というよりも暇つぶしに私は、
「おばさま、開けっ放しですよー」と軽くツッコミを入れてみた。
でも、気が付かずに去るご婦人たち。
3組目も閉めない。
「おばさま、おばさま、ドア閉まってませんよー」
このプチ吉本新喜劇風場面を笑う順番待ちの人たち。
でもやはり気付かずに直売店まっしぐらのご婦人たち。
私は笑顔のツッコミドアマンになっていた。

甲州地鶏の親子丼甲州地鶏の親子丼そうして入店出来たのは12時30分。迷わず「甲州地鶏の親子丼」を注文。日本橋人形町「玉ひで」と比べると味付けは薄いが、とろとろ卵の味にコクがある。旨いっ!

このお店でお茶が欲しい場合は、店員さんにあえてそう伝えなければいけない。店内の張り紙にも明記されている。熱いお茶が好きな私はもちろん「お願い」。


鶏肉の部位 by (C)中村農場ぼんぼりサイドオーダーにいただいたのは、お店名物「ぼんぼり」。歯ごたえが良く脂がうまい。表面パリパリで肉はジューシーという食感のコントラストもいい。

レバーと砂肝レバー」と「砂肝」は普通に美味しい。食べきれそうもないので泣く泣く次回のお楽しみにした「手羽先」のほうが感動大きかったのかもと少々後悔。





地鶏餃子(野菜)3種類ある餃子メニューの中から「地鶏餃子(野菜)」をいただいてみると、これが予想以上に美味しい!!すでに満腹状態の私が最後に無理やり一口だけいただいてみると…

この餃子は別腹っ

焼小籠包のように、刻まれた野菜には鶏脂の旨味が溶け出したスープがしっかりと絡み、それらの味と風味を餃子の皮がしっかりと閉じ込めている。満腹なのにパクパクといけた。

次回、餃子は外せない。

sitezaemon at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 13, 2008

黒烏龍茶に走らせたメニュー

洗車のため車を国道沿いにあるJOMOに持ち込む。「泡ムートン手洗い洗車(1,800円)」プラス鉄粉除去・水アカ取り・WAXがけの「バリューセット(7,000円)」の合わせ技。1時間はかかるというので近くで時間をつぶすさねば。

小さな中華食堂があった。
「ここ入ってみる?」と心は学生時代の私。
「一人の時に入って下さい」とつれない彼女。

バーミヤンその先にあったガストでコーヒーブレイクする?店頭にあるメニューを見ていると、隣のバーミヤンには続々と客が入ってゆく。その人波につられて初バーミヤン。

順番待ちの長椅子には4組待ち。10分ほどで禁煙席に座れた。家族連れが多い。


友人に「初めてバーミヤンに入ってみました」とメールで報告。

焼餃子ワンタン麺国産野菜を使った「焼餃子(5個)」はシンプルな味で食感も良く、これで190円は安い!

彼女は「ワンタン麺」を無言で食べている…。味見させてもらうと「幸楽苑」のような味だった。

海老と三種きのこの炒め焼そば私が注文した季節のチャオメン、おすすめ「海老と三種きのこの炒め焼きそば」は、食べるほどにオイリーな味が重く、1/4でギブアップ。

友人から返信メールが届いた。
「オイルがキツイので、半分残すほうに1000点賭けます。」

海老と三種きのこの炒め焼そばこのオイリーな味付けはマニュアルに従った全店共通の味らしい。

友人に結果を返信。
「貴方の勝ちです。ただし残したのは半分ではなく3/4でした。」

子どもから高齢者まで広い客層で賑わっていたけど、皆大丈夫なのだろうか…。


口内がギトギト。黒烏龍茶を求めて近くの薬局に急いだ。

先に見つけた中華食堂に入ればもっと楽しい思い出になったかも…。

sitezaemon at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 27, 2008

久しぶりのドライブは三浦三崎へ

夜明けに寝る事があれば起きる事もある。日本にいながらにして体内時計ならぬ体内国際時計が時差を切り替えてくれている(?)。この日は早起きをして、ベランダ・ガーデニング、ミカンの木で育てているアゲハのサナギ観察、と時間が流れるままにゆったりと過ごしていた。

「三崎のまぐろソースかつ丼を食べに行きませんか?」と、電話で突然のお誘いが入った。以前食べた味が忘れられないらしい。自宅まで迎えに来てくれると言う。
「その提案、ノリます。」今週たまった疲れも忘れて、しばらくぶりの日帰りドライブでワクワクしてきた。元気回復には休養もいいけど、刺激も必要なのだと感じさせられた瞬間だった。

県境を越えてやって来た友人と運転を代わり、乗車4名のシートベルト着用を確認して
三崎へGO!

京急油壷マリンパーク友人におまかせした日帰りドライブ計画に従って、最初にたどり着いたのは、京急油壷マリンパーク(!!)。
ペンペンがいるところ?」

日テレ天才!志村どうぶつ園」の企画で、「キタイワトビペンギンの子育て記録」を録画をしてまで観ている事を友人は知っていての計画だったのか、ペットロス症候群からは癒えたはずながら私には嬉しい場所だった。

ペンペン?どの子がペンペン?ペンペンは成長してしまい、どの子なのかが判別できない。右の羽の付け根にくくられた赤いネームタグが目印らしいのだけど…判らない。

大きな声で「ペンペーン♪」と呼ぶ子供たちに交じって、大人も高音気味の声色でペンギンに聞こえる程度に「ペンペン?」と聞いても反応がない。やはりDAIGOボイスのトーンでなければ反応は無理なのかも…。

番組では広く思えた園内は、意外にもこじんまりとしたスペースだった。


sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 28, 2008

ハイブリッドカー Aptera Type 1

アプテラ(Aptera)社が開発したハイブリッド3輪自動車「The Aptera Type 1」のPRを担当しているSZPR社のSteveから、インターネットでのプロモーション用に使用しているT1画像を、このブログへ掲載する許可はもらっている。彼が保有しているレアな画像が新たにひとつ送られてきたのでここに紹介。外国車輸入業者様、前回の記事を併読して日本への輸入を検討していただけますよーに。

The Aptera Type-1


続きを読む

sitezaemon at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 04, 2008

京都清水寺ドライブ観光

自家用車でもレンタ・カーでもとにかく車で京都を巡ってみようと思う観光客にとって、リーガロイヤル京都の宿泊客専用駐車場無料サービスはありがたい。

リーガロイヤルホテル京都ロビーコンシェルジェ@リーガロイヤルホテル京都コンシェルジュの対応も丁寧で、親身になってこちらが期待する以上の情報を見つけ出してくれる。

ホテル前の堀川通は交通量が多く、堀川塩小路前で信号待ちしている右折車線の車列に並ぶのだとしたら特にタイミングを見切る経験と素早いハンドルさばきの技術が必要なので、初心者には十分注意して欲しいポイント。

ホテルから無事出庫して通りの流れに乗れば、あとは碁盤の目の京都、曲がるべき通りを行き過ぎてしまっても決して焦る事なく、気持ちにゆとりを持って進みたいもの。休日ましてや祝祭日にはとにかく車が多いので焦りと注意散漫はとても危険。

四条通と祇園の交差点この日は四条通と祇園花見小路の交差点付近から渋滞が始まり、八坂神社まえの大和路通を南下して五条坂、そして清水坂観光駐車場までは大渋滞。おかげで普段は気付かないで過ぎていた小さなお店などを興味を持って観察する事が出来た。祇園花見小路前の渋滞で、ふと右を見ると祇園辻利本店には階段から歩道にかけて長蛇の列!!すごすぎ



京都市上空を遊覧するZEPPELIN車道も歩道も関係なく往来する観光客に注意しながら、ようやっと着いた清水坂観光駐車場に駐車出来たのはラッキーだったのかもしれない。

暑い。この日もとにかく暑い。京都に来て突然季節は真夏っ!遠くで遊覧している飛行船の空調は乾燥しすぎていないのだろうかと、何故かそんな事を思いながらゆっくりと飛行しているツェッペリンNT号を駐車場から眺めていた。夏場の水分補給用のスポーツドリンクとして頼りにしているゲータレードはどこで入手出来るのだろう。最初に確保しておくべきだった。オアシスを探しながらの清水寺観光にもなりそうな、30度超えのGW京都。暑い

sitezaemon at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!