神奈川

August 05, 2014

横須賀米海軍基地でクラス会(1)

小中高と一緒だったクラスメートW君が横須賀で開催される某全国会議に出席する為に出張で現地に宿泊するというので、我々の高校クラスメートで横須賀在住防衛大学教授M君と連絡し合い、結果3人だけでのクラス会を横須賀米海軍基地内の将校クラブで開くことにした。

各自パスポート持参で京急横須賀駅前集合。合流後、街並みを楽しみながら徒歩で横須賀米海軍基地へ移動。一般公開されるイベント日以外で基地内へアクセスするには、米軍幹部関係者か自衛隊幹部関係者がEscort エスコート役として、その案内のもとでVistor 訪問客は基地内で同一行動しなければならない。

夕食の時間までM君が基地内の施設を案内してくれた。

米海軍横須賀基地司令部、日本最古(1871年−明治4年完成)の現役ドック、等々。この日、ここを基地としている米空母は外洋活動中。海上自衛隊の潜水艦のみが接岸されていた。艦上で忙しく何かの準備をしている隊員達。艦上では日の出とともに国旗掲揚、日没に降納するという、その国旗降納儀式に出会えた。この潜水艦、その性能とCPにおいて諸国に注目されているとのこと。

基地内観光は黒ハイヤーで移動。そして夕食会場の将校クラブへ。

米海軍横須賀基地司令部


日本最古の現役1号ドック


海上自衛隊潜水艦


国旗降納@海上自衛隊潜水艦


国旗降納@海上自衛隊潜水艦



sitezaemon at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 02, 2011

小腹減ったら気軽に本格インドカリー料理

ショッピング後に疲れた頭でレストランを選ぶよりも何でもありのフードコートのテーブル席にまずは着席するのがいい。塩気でスルスルいただけるラーメンか、活性してくれるスパイシーな料理か?と回らない頭で悩みつつ選んだのは、スパイスの刺激を求めてカリー。「カシミール」「チキンカリー」「タンドリーチキン」そして「ホウレン草」。これらをナンでいただき大満足の味で元気快復♪





このコメントを読む 店名:インドカリーダイニング Cobara-Hetta 最寄駅:川崎 / 京急川崎 / 尻手 料理:インド料理 評価:★★★★ 一人当たりの支払額(税込み):ディナー1,000〜3,000円 用途:ファミリー

sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 09, 2010

ロードアンドスカイに駐車スペース有り!

16号線、バックミラーで確認するといつもは混雑している幹線国道に後続車両は皆無。信号待ちの対向車も数台。しかも「The Road and The Sky」の駐車場に1台分のスペースがあるっ!対向車をやり過ごし即駐車!!


The Road and The Sky on R16ここのサンドウィッチやホットドッグを買うには、週末の店内はライブステージで混雑していたり、駐車場が満車だったり、16号線の交通量が激しかったりと、ホットドッグ一品買うだけに立ち寄るにはかなり難しいお店。だけど今回はとてもラッキーな状況で訪問ができた。

湘南から「サブマリンドッグ」が無くなった今、私は「The Road and The Sky」のホットドッグの味に魅かれている。







Guava Juice持ち帰りの「ホットドッグとサンドウィッチ」を待つ間に、彼女はグアバジュース

学生時代の懐かしい曲が流れてくる。ありがたい気遣い(?)。スタッフは2台のCDプレイヤーをスイッチしている。

しばし聴き入る...





















Pepsi私が注文したのはペプシコーラ






























Beer Primoビールを飲める状況ならば、ここではハワイアン「プリモ」がオススメらしい。















Pasta at The Road and The Skyホットドッグを待つ合間に頼んだパスタは「アマトリチャーナ( Amatriciana )」。これがトマトベースというよりも、ニンニクと唐辛子に玉ねぎ、そしてトマトは添えられている感じの料理。

キューピーでいただきたい気もするけれど、この何気ない一品が、食べるほどにじわじわと美味しさを増してくる。アルデンテ状態がいい。体調次第でお塩を少々。






Avogado-Shurimp-Sandwitch@Road&SkyShrimps & Avocado Sandwich - 
シュリンプアヴォガドをHOTマヨネーズであえたサンドイッチ
」は、持ち帰って一晩置いたところで、パンに染み込んだソースと食材を一緒にガッツリといただく食べ方が一番美味しいのかもしれない。



















店内@Road&Sky今夜はGW疲れなのか、客は閑散としていた。

入店してきた常連さん風外国人が、
「休日の夜なのにどうしたの?」
と驚いている。
「GWで皆お金使っちゃったのかも」と店主。
再度心の中で
「(私たちにはラッキーな夜)」
と答えていた。







チリビーンズホットドッグ嬉々として持ち帰ったのは「CHILI DOG (W/CHEESE 100YEN UP) ホームメイドチリ&ハラペーニョドッグ」。ソースは勿論ハインツのケチャップとマスタード!

ちょっとパン生地を焼いたり炙ったりしてみた...と、あれこれ工夫しながら美味しくごちそうさまっ!







最近は昼にもパワーアップメニュー!!

LUNCH at The Road and The Skyきっと私には行けない時間帯だけれど、「The Road and The Sky」を応援したいランチタイムメニュー。



sitezaemon at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 15, 2009

新横浜でプチ同窓会

小学校時代の友人から珍しくメールが届いた。新横浜駅前で飲み会のお知らせ。新横浜は私にとって「ラーメン博物館」目的(時にIKEAのホットドッグ目的)の車利用地域なので、今回が初めての電車利用♪事前にネットで路線検索。

北海道新横浜店会場は駅北口に近いビルにある「北海道」。合流するとすでに友人達は大いに盛り上がっていた。

テーブル上にはルイベにザンギにボタンエビなどの北海道の食材料理が並んでいる。

私が参加したのでビールと真ホッケの開きを追加注文。ブドウエビが無いのは仕方ないにしても、イカソーメンがなかったのはとても残念。


まずはビール生ビールはサントリー。「(サッポロではなく、何故にサントリーなのだろう…)」と思いながらも、そのビールをクイクイ。数分後にはおかわり。

お互いの近況報告の内容が楽しくて、今夜の口は食べる為にあらず、語る為にある状態。咀嚼していては語れない、ツッコミも出来ない。ビール飲むのは早くて済む。



ホッケ@北海道新横浜店閉店までの4時間、私が食したのは真ホッケを半身、ルイベを三切れ、ザンギを一個、それだけ。でも飲んだ生ビールは中サイズ7杯(!) それほど会話が楽しい時間だった。

閉店作業が遠慮がちに始まったので、精算して皆と別れると、終電4分前だった...。



sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 27, 2008

三崎でまぐろソースかつ丼のはずが

三浦界隈を今年が40周年(!)という油壷マリンパークを中心として遊んだ後に、夕食を「まぐろソースかつ丼」にするか「別のマグロ料理」にするかを、偶数人数ながら多数決をとる事になった。その結果、1:3で今回のドライブ目的だったはずの「まぐろソースかつ丼」は次回のお楽しみとなった。

三崎港「きっと入るお店のメニューにあるから」とソースかつ丼に挙手した彼を慰めるしかない。彼が誘ってくれたドライブだったのに…

今回もざっと港周辺の店舗を巡ってみる事にした。この夕食時に人通りはとても少ない。繁盛しているお店は限られ、客入りの差が極端に感じる。

立花別館@三崎港立花別館」には順番待ちの列ができている。勿論店内満席。私達は皆お腹を空かせていたので、早く注文できるお店を求めてここを諦めた。

三崎まるいち@三崎港ならばと路地を行き「まるいち食堂」へ。隣接の「まるいち魚店」で選んだ鮮魚を調理していただける。しかしこの時刻では選べる魚介類の残りは少なく、残念ながら食欲をそそってはくれなかった。

食事処魚音食事処魚音店内まわりまわって「食事処魚音」に入店してみると、全席空席のうえ何やら「ゆる〜い空気」を感じた…。が、それも一瞬の事で、着席と同時にいきなり料理人とフロアスタッフにスイッチが入った様子でテキパキと動き出した。




まぐろ重@食事処魚音あぶり丼@食事処魚音私はマグロを刺身でいただきたくて「まぐろ重(1,575円)」、他三名が選んだのはマグロの「炙り丼(945円)」。



マグロの刺身三種まぐろ重」は御飯が温かいので冷えた刺身と別にするため、「重」と称しながらも別々の碗に盛られてくる。まずは赤身から…、何と表現したらいいのだろう…、舌に記憶されるこの新鮮な細胞感なのか…そんな微妙な食感からしていい。

やはり三崎のマグロは美味しいっ!


金目の煮付け金目の煮付け一緒に注文した「金目の煮付け(525円)」も旨いっ!

店外で待つ事無く上質の魚料理をすぐに、しかも定食屋料金でいただけてよかった。三崎での夕食は今回も大正解♪



sitezaemon at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 13, 2008

気軽にスパイスが欲しい時

今回は車で川崎ラゾーナに乗りつけ、ユニディUnidy)にある目的の商品を購入。一安心しながらも荷物が重いっ!お腹すいたっ!スパイス!そこで「コバラヘッタCobara-Hetta)」へ。

プレーンナン@cobarahettaチキンカレーとエッグカレー@cobarahettaカリー各品の辛さは変更できるので、今回も「エッグカリー」はマイルドに変え、「チキンカリー」はそのままの辛口で注文。出来あがると呼んで(鳴って)くれるデバイスを渡されてテーブル席でステイ。ワンワン!





エッグカレーとチキンカレー@cobarahettaサフランライスもオーダーしようかと悩むところで、注文せずに正解。意外にもボリュームあるナンだけで今回は丁度良い配分。前回(*)と変わらぬ味で美味しい!このスパイスで今夜も元気回復。

シェフに感謝しつつご馳走さまっ!



(*):前回コメントURLは「http://kazunori.livedoor.biz/archives/51201974.html



sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 05, 2008

和食の反動?

食材はどこで買い物しましょう。銀座三越地下2階「ギンザフードガーデン」、ラゾーナ川崎プラザ1階「グランドフード」、そごう横浜店地下2階大食品館「エブリデイ」...。悩んだ末に車で訪ねたのはラゾーナ川崎プラザ。買物を済ませ、お腹もすいた頃なので食事をする事に。

エッグカリーとキーマカリー正月は優しい和食の味に包まれていたせいなのか、今はなにやらエスニックでスパイシーな刺激が欲しい。最終的に「陳麻婆豆腐」か「インドカリーダイニング Cobara-Hetta」かで迷いながら、最後は勢いで並んだのが後者のコバラヘッタ






エッグカリーとキーマカリーエッグカリー」の基本は激辛。だけど各品辛さの調整をしてくれるのはありがたい。「キーマカリー」は中辛で注文。

美味しい上に身体各所に健康的な発汗があるという事は、いいスパイス配合の証明でしょうか。ナンもサフランライスも美味しかった。

ラゾーナで本格的カリーを一人で食べるなら、「ボンベイ・トーキー」よりもコバラヘッタはコストパフォーマンスが高いのでお薦め。

16種のスパイスマジックのおかげでまたまた元気になっちゃってどうしましょ。


sitezaemon at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 02, 2007

ディナーはクラシックライブを聴きながら

友人がクラシック音楽のライブ演奏を聴ける「リストランテ・ルビー・ソプラフィーノRistrante RUBY Sopraffino)」に行ってみたいと言うので、今夜の食事はそこに決定。

ソプラフィーノ・トリオ@RUBYこの日の演奏ユニットは「Sopraffino Trio」。スタンダード(というかポピュラーに近い)クラシックの楽曲演奏、その合間に誕生日会で来店しているグループ客へのハッピーバースデイ演奏。変奏曲ではなく、各パートがそれぞれの楽器で主旋律を奏でる誰にでも分かりやすく盛り上げてくれる奏法だった。でもそれで充分楽しい。他のテーブル客のテンションがもう少し高かったらもっと楽しいお祝いになるのに、それだけが残念。

私が興味を惹かれたのはピアニスト...が弾いているピアノ。小型グランドピアノ風なのだけど音が違う。マイクで音を拾っている様子がないのに、この座席からは死角となっているピアノの部分とコードがアンプとつながっているような?!ローランドかな...
(あとでマネージャーに確認すると「Roland RG-7」との説明だった)

赤ワインまずは生ビールで乾杯して、料理を待ちながら演奏を楽しんでいると、最初にサーブされたのは、

コッパサラミのサラダ シーザーソースコッパサラミのサラダをシーザーソースで」:生ハムとサラミの中間に位置するような食感と塩香辛料加減を微妙に配分されて作られているコッパサラミと、元気さが今ひとつの野菜のサラダ。そんな微妙なる物足りなさを補ってくれているのがドレッシングソース。このソースがあっての完成型となっているような一品だった。

追加で白のグラスワインを注文...

前菜5種盛り合わせ前菜5種盛り合わせ」:実は、面白すぎる友人の業界話とライブ演奏に気を取られてしまい、味をほとんど憶えていない。ただ、ワインのつまみとして美味しくいただいた...。

一回目のステージが終了。拍手に応えるピアニストの穏やかな笑顔が輝いていた。


本日のパスタ料理本日のパスタ」はベーコン(?)入りペペロンチーノ風パスタ。これはモリモリいただける。シンプルで旨いっ。

霧島純粋豚のケイジャンスパイス焼き霧島純粋豚のケイジャンスパイス焼き」:歯ごたえ程良く肉汁旨く、その肉にスパイシーでソルティなケージャンソースをちょっとだけつけていただく。赤ワインをオーダーしておいて良かった。この肉一切れを口の中で噛みしめ噛みしめ、その状態で赤ワインを口に含みマリアージュ。再度噛みしめながら美味しさのバランスを堪能しながらいただいた。赤ワインがすすんでしまう一品。

デザート盛り合わせデザート盛り合わせ」:シャンパーニュとワインによるほろ酔いのせいなのか、友人の業界話がタブーラインを越えてきわどい裏話まで発展してしまい、驚きと可笑しさで貴女も私もオッパッピー 味、ほとんど憶えていない...

最後楽しみにしていたシャーベットが、食べようとした時には溶けてしまっていた(涙)

Sopraffino Trio」によるライブ演奏3ステージを満喫し、気が付いたら閉店時刻(?!)。楽しい時間の進みは速い。芸能界で元アイドルしていた友人、ぼきゃぶらりーも話題も面白過ぎっ。私の腹筋はクタクタで、ごちそうさまぁ。



sitezaemon at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 15, 2007

三崎のマグロはやはり美味!

海を訪ねるには快適な天候。

三崎港目指したのは三崎

港の上空を10羽ほどのトンビが、それも大きなトンビが悠々と大きな円を描きながら風に乗っている。

この港では鰺が入れ食いらしく、釣りを楽しむよりも夫婦で今夜のおかずを釣っている姿が多く見受けられる。







三崎館本店三浦市民ホールの向かいで貫禄を示している「三崎館本店」横の坂道階段を上り、突き当たりにあるのは「立花」。今夕はこの路地を右へ数店先にある「鮨処魚音」に入店。

私達はあえてテーブル席へ。



マグロの心臓@鮨処魚音マグロの卵巣@鮨処魚音夕食時間には早かったせいか、我々が2組目。

まずはマグロの「心臓」。この心地良い歯応えの肉を生姜醤油でいただく。意外に無味。ただこの食感は病み付きになりそう。

卵巣」はもっと粒が大きいのかと思いきや、タラコのよう。おにぎりにしてお持ち返りしたい味。お茶漬けにもいい。



地魚鮨@鮨処魚音魚音鮨@鮨処魚音どれも美味しく目移りし、かなり迷った末にリピーターの皆が選んだのは「地魚鮨」、私はせっかくの三崎なのでマグロがメインの「魚音鮨」。

まず赤身から...、う旨いっ!
中トロ...、この脂が旨いっ!
そしてお味噌汁が美味しいっ!!


久し振りに美味しいマグロに出会えた。さすがは三崎港にある鮨処。

太巻き@鮨処魚音美味しさゆえに食欲に弾みがついてしまい、「太巻き」を追加注文。太巻きは苦手な私...でも出会えた美味しい太巻き!ためらわずそのまま一口でいただくのが一番美味しく味わえる食べ方。玉子焼きの味が光っている。

あぁ、京都「八起庵」の恵方巻が恋しい...。

次回は目玉やカマも期待値大。出来ればかぶと焼きがいい。この港のマグロを楽しみに、体調整え絶妙なる空腹感でまた来よう!



sitezaemon at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 31, 2006

年越し蕎麦

今や女性専門館のようななっている有楽町西武が普通の総合百貨店だった頃、その地下食料品売り場の一角に「湯之谷村(旧新潟県北魚沼郡湯之谷村)」の食材を扱っているコーナーがあった。私はそこで醤油・納豆・漬物に餅などと、何気ないながらも代々と受け継がれてきた技と経験が味わえる食品を買って帰っていた。

越後叶屋ラゾーナ川崎店その村の食材とソバが味わえる店をラゾーナ川崎プラザ4Fに入っている事を知った。年越しそばはここ「越後叶家」に決定。順番待ちリストに記入して20分近く並んで入店。禁煙席指定だったので時間がかかったらしい。

辛味大根ソバ@叶屋私が注文した期待の「たたん大根」を使った「辛味大根そば」は、甘い大根に味が変化していた...(涙)。置き過ぎたと違うの?

鼻からツーンとぬけるような涙目になる程の刺激を期待していたので、これはかなり残念至極。


地鶏葱ソバ@叶屋少しだけ味見させてもらった「地鶏ネギそば」は、鶏肉の深い旨味がスープにも肉にもあり、鶏肉・ソバ・ネギ・出汁を一口で楽しめる実に美味しい一品だった。

忙しいながらも親切なる店長の心配りと語りかけがよかった。次回こそは辛い大根をお願いしますね。

sitezaemon at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 15, 2006

横須賀魚市場の食堂にて

車で国道16号線を南下し134号線につながる頃、東側には新安浦港と横須賀魚市場がある。

はま蔵@横須賀魚市場夕食場所に選んだのは、その市場に面して営業している「魚がし食堂はま蔵公式HP)」。店に隣接して100台分の駐車場が用意されているので、ここを目指すドライバーには安心。入店したのは夜の営業開始直後の午後5時20分。既に1組、その後続々と客が続き6時には70席が満席になってしまった!


はま蔵厨房はま蔵の寿司職人家族連れも多く、スープの代わりの様にラーメンを注文する声も聞こえる。確かにメニューにのっている汁物は、ありそうな「あら汁」もなく「味噌汁」のみ(!!)ラーメンのスープ出汁にあらを使い切ってしまっているのか?従業員に聞いてみると、和風出汁で縮れ麺のこのラーメンが結構出るそうな。今回は定番人気メニューと本日のオススメを中心に目一杯注文してみたので、小食の我々にはラーメンを追加する余裕はなさそうだったので、次回に持ち越しする事に。

岩手県山田産生牡蠣@はま蔵まずは本日のオススメ岩手山田産生牡蠣。しかしこれが殻の大きさの割りに身が痩せており、味はそこそこ良いのにプリプリ感がなく期待外れ。(泣)




地魚丼@はま蔵定番人気メニュー「地魚丼」。旬や朝獲れの魚を昼は4品盛りで980円、夜は5品盛りが980円で提供される。今夜は金目、イワシ、シメサバ、アジ、白身が二切れずつ。




海鮮丼@はま蔵「海鮮丼」にはウニ、イクラ、マグロ赤身、中トロ、ひらめ、ホタテ、サーモン、ボタンエビが盛られて1365円。どちらも美味しいのだけれど2人一致して「海鮮丼」に軍配。




握りひかりものシリーズ@はま蔵握りは勝手に我々が「ひかりものシリーズ」と称して、あじ、いわし、しめさば、こはだを選択。これを彼女が1人で完食。ここでもDHA摂取?





ずわいアラカルト@はま蔵ずわいアラカルト@はま蔵本日のオススメからもう一品は「ずわいがにアラカルト、茹で・天ぷら・焼き 1パイ」。天ぷらと焼きの足が美味しかった。ここで彼女は満腹のため脱落したので、私は茹で上がった胴部分にたっぷりと詰まった身をゆっくりといただいた。塩加減もカニミソも美味しかった。...
 :
 :
 :
ん?...??

帰りの車中で口内から消えない魚の後味...。食事中には美味しいと感じていたのは楽しさの高揚感で増長されてしまっていたのだろうか??次回はラーメンだけにしてみようかな...。



sitezaemon at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

横須賀はお祭りだった

今回は横須賀へドライブ。ではちょっと米軍基地付近へ...。

米国海軍横須賀基地と、いきなり「US NAVY Commander Fleet Activities Yokosuka 米国海軍横須賀基地)」に迷い込んでしまってゲートイン?!パスポートは無い...

日系三世の隊員に「ミコシも終わる時間で基地内は駐車出来ないので誘導します」と。「(ん??ミコシ?神輿の事?今日は基地を開放したお祭りだったの??)」...。誘導されるままにUターンして出国。数分の米国滞在だった。

A Dobuita Street Sceneベース近くの駐車場に車を止めて「ドブ板通り」へ。ここは浅草にアメリカンテイストが加わった様な不思議空間。包丁や鍋釜と一緒に大小様々なサバイバルナイフも陳列している金物屋店頭には、そのサバイバルナイフを求めて悩んでいる外国人若者3人。バーガーやホットドッグ店よりもタコスやらメキシカン料理が目につく通り。夜営業開始のお店のドリンク相場はどこも500円か5ドル。そりゃ円でしょ。

「夜も楽しそうだね」と言う私に、「私はイヤ」と即答する彼女。Oh Dear, シカタナァイデスネェー。


丸半商店@横須賀三笠焼@丸半商店 大滝町通りで営業して40年の「丸半」さん。並んでいたのは10代青春真っ盛りの女子2名。店内には氷を食べている男性客1名。我々は三笠焼きの白あんをいただく。熱ぅーいっ!出来たてのあんはヤケドに注意。

直後に神輿をかつぎ終えて祭りを堪能したであろう無骨な集団が列を作った...。この日横須賀は「第30回横須賀みこしパレード」開催日だった。

sitezaemon at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 04, 2006

マトンのジンギスカン

先月9月28日にオープンした「ラゾーナ川崎プラザ」に初めて足を踏み入れたこの日は10月4日の平日にもかかわら想像以上の人口密度に驚かされた。ランチタイムだったので各飲食店舗前には順番待ちしている客の列。ただ「くろひつじ」には列が無く、店内に数組が食事しているだけ。最近ジンギスカンを食べたいと思っていた私にはこれが幸運に思えたので入店。

とりあえず「ジンギスカン1人前(野菜付)」と「ライス」だけを注文。紀州備長炭七輪に続いて食材が運ばれると、カウンター内女性スタッフが「焼きましょうか」とマニュアル通りらしき口調で聞いてきたので、「くろひつじ風美味しい焼き方」の技が目の前で披露されるのかもと思いお任せしてみる事に。それが...、

ジンギスカン一人前@くろひつじラゾーナ川崎肉をのせるにはまだ充分には熱していないジンギスカン鍋の周囲にまず野菜をのせ、そのまま続いて鍋の頂上に肉をのせてしまう彼女に私は驚きながらも、もう少し成り行きを観察する。肉は当然ジュージューと音は踊らず単調にジュゥゥゥゥッとデクレッシェンド、そして鍋にこびり付く。すぐに炭になりかける部分とツヤツヤの生部分の二層状態に姿を変える鍋上のそれぞれのマトン肉。鍋の表面に根を下ろしたかのように頑固に焦げた肉を箸先の小刻み運動で剥がす事に成功しても、そぼろ状態の黒く焼け過ぎた固い肉(炭?)と新たに現れた肉の表面がまた焦げ始め...、の繰り返し。(涙)

救いはまだ残り半分の肉が皿の上。マニュアル通りには焼けぬ焦りを感じさせながらも「肉は新鮮なのでレアでも美味しくいただけますが、いかがいたしますかぁ?」と問う彼女。「ありがとう、あとは大丈夫」と笑顔で答えて残りの肉を大切に焼いた私。

ここまでの簡単2品だけで ,200-、肉を追加すると更に 800.-...。マトンの味は美味しい方だとは思いつつ、さすがの私にも会計時には割高と感じてしまった。そして食べたい時には冒険はほどほどにして肉は自分の好みで焼くのが肝心と確認させられたようなランチだった。



sitezaemon at 11:40|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

September 20, 2005

スープの香りと味に惹かれて

わざわざここ雷家のラーメンスープを味わいに再訪しました。濃厚なれどさっぱりとしたしつこさのないスープ味に魅了されましたので。前回はこのスープが太く短い麺によくからみ、麺とスープの良いコンビネーションで完食しそうな勢いで美味しさをむさぼってしまいそうでしたが、その時は数時間後に大切な夕食の約束があったため、本来小食の私はここではあえて麺は半分以上残しながらスープだけは飲み干す選択でいただきました。

8b47180e.jpg今回もスープは期待通りの美味しさだったので飲み干してしまいましたが、残念なことに麺の味は前回の味わいを感じられず、違った意味で今回は半分以上残してしまいました。こだわることなく自由な発想で麺の改良か変更を個人的に願うお店です。



sitezaemon at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!