趣味・興味

July 04, 2016

最後の浮世絵師

作者が込める思い含めて美しい… 

sitezaemon at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 01, 2016

ベランダ園芸風景

枯れゆくものと、育ち始めるもの。ワイルドベリー。









sitezaemon at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アゲハ蝶の子供達

それがミカンだったのかハッサクだったのかイヨカンかデコポンだったのか、自宅での夕食デザートに食して残った柑橘系フルーツの種を取っておき、それらを数日置いて薄皮を剥がして鉢に植えると野生的に小さいながらも力強く育ってくれる種がある。それだけで楽しいのだけれど。

この夏はその30センチにまで育った小さな1本の木の葉に、10匹のまだまだ小さなアゲハ蝶の子供達が、小さい子で4.5ミリから大きい子で7ミリに育っている。この先食糧難!毎年この小さな木で育って戻って来てくれるこの子たちを土日に移住させねば。この夏の各地長期出張前に。

http://www.kudamononavi.com/zukan/citrus.htm


sitezaemon at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 17, 2013

永遠のゼロ

講談社「永遠のゼロ戦プラモデル」創刊号購入!

画像1


sitezaemon at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

TOYOTA 2000GT

ディアゴスティーニ購読継続は25号で挫けてしまった。

画像1

画像1

sitezaemon at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 05, 2013

グッとくる文房具

それこそ銀座の伊東屋さんはラビリンス。あれやこれやと選び迷い、結局再度熟慮してと買えずに帰ってくる。
なのでこんなリファレンス本は有難い。
画像1

sitezaemon at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

プチサイクリング

半年ぶりに自転車メンテナンスを済ませた後に、プチ・サイクリング。多摩川サイクリングロード南下は羽田空港へと導く緩やかな危険道。スイッチが入りかけたのを強制オフ。気持ちを抑えてゆっくりと風を楽しみながら帰宅。
画像1
画像1

sitezaemon at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 23, 2013

遊飲美食ブログ

Diner-out and Night-out Diary

当ブログ、30代からスマートに深夜まで飲み食い歩きの報告するために開設したはずの内容が、最近は普通のグルメ情報だったり旅情報になっている。アカン!!


sitezaemon at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 21, 2012

ネスカフェゴールドブレンドバリスタ

このバリスタは想像以上の音がするので、深夜利用には躊躇してしまう…

画像1


sitezaemon at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 13, 2012

ポルシェ911 ヴィンテージカー

軽井沢の友人宅を訪問。実測燃費リッター7キロ前後の愛車スープラは置いて、リッター30キロ前後のプリウスをレンタしてここまで来た。

Prius & Porsche911このポルシェで周辺をドライブしてくれたのだけれど、公道をヒールアンドトゥ(Heel-and-Toe)を駆使した友人の運転には驚かされた。サーキットだけで披露してちょうだいな。















ポルシェ911 エンジンジェットコースター以上の加速とスピードで、飛ぶかと思った...

タイヤはミシュラン(Michelin)XWX








Porsche 911住居家屋は新潟の古民家をここに移築してきたので、内装が特に日本的で落ち着きある雰囲気を醸し出している。イギリス人なのに日本人よりも日本文化を愛するところがある。

いつかサーキットで911に乗せて欲しい。


sitezaemon at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 28, 2011

CATS 祝8000回公演!!

出演者の努力もすごいと思う以上に、浅利慶太氏の運営手腕に学ぶところは多い。劇団四季、「CATS」の公演は今日で8000回!!


cats





cats_eyes





sitezaemon at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 09, 2011

ついに買ってしまったデジタルカメラ CANON IXY30S

2010年12月上旬。出国時はバタバタとして気が付かなかった店頭商品も、帰国してゆっくりショッピング街をのぞいていると量販店にも負けない価格設定のデジカメを発見!

カメラのキタムラ」の店頭で目にとまったのはCANON「IXY 10S」その価格が週末特別価格として¥10,000.-少々のお値段(毎日来られるわけではないので平日特別価格もあるのかもしれない...)。それに惹かれて店内へ。

CANON IXY 30s私:「なぜにこんなにお安く販売されていらっしゃいますの?」
店長:「売れないんですよねぇ、デジカメ自体が」

最近の携帯電話のデジカメ機能も優秀ですしね。現場のそんな業界情報を知らされつつ会話ははずみ、納得の行く価格だったので気になっていた「IXY 30S」を購入。今回特別に2GのSDカードを無料で付けていただいた。店長に感謝。

フィルムカメラのレンズ性能やシャッター部分などのメカニック技術が確立しているからこそ自然な写真が撮れると思っている。だからデジタルカメラの映像エンジン技術を通して記録された画像は加工された映像としか思えない。
 :
が、普通撮りにはデジカメでいいんじゃない?暗いバーを「DoCoMo Cyber-shot SO905iCS」で撮るにはかなりつらいし。「IXY 30S」はこの小ささで暗いシーンも綺麗に撮れ、レンズはF2.0とこのサイズにしてはかなりの明るさ!!光学手ブレ補正機構(レンズシフト式手ブレ補正機構)も秀逸でいい。。ちなみにハイビジョン動画をステレオで記録できてしまう。手に持つと意外にもズッシリ感。この重さと密度感に技術者達の努力の結晶がこの中に限界まで詰め込まれていると実感できて感動もの。

ストラップはこの季節なので、ご愛嬌に「さっぽろ雪まつり」バージョン。
せっせと雪像造っているキャラ。

それにしてもこのデジカメ、
出国前に買えればよかったのに、帰国時に買ってしまった...。



sitezaemon at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 15, 2010

Music PV

アナログな空間を演出しつつのこのPV, 
おぉっ?タイタニックの映像が?!

I love it!!

Doncamatic





sitezaemon at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 15, 2010

カードで買えるF1カー

アメックスプラチナカードで買えるF1カー「Caparo T1」は、公道走行可能な仕様になっている!

Caparo T1 front前輪のカウリング前面にライト、その後部にサイドミラーが配置されており美しく仕上がっている。空力学的に、そしてデザイン的にナンバープレートの位置には悩まされそうだけれど...。

箱根ドライブには辛いかもしれないけれど、主要道を利用して東京と箱根オーベルジュオーミラドー間は大丈夫そうに思える。それにしても一人乗り仕様はさみしい。重量バランスを考えて、思い切って前席ドライバー専用席として1人、後部座席は2人乗りの三人乗り仕様にしてくれたらファミリーカーのカテゴリーにも入っていただろうに惜しい...。南仏サントロペからカンヌやニースを経由してモナコまでのドライブを海岸沿いの道路で楽しんでみたいと思わせてくれた車種。目立ちそうなながらモナコに入ると普通車に煮えるかも。

青い空と青い海の海岸線をうねるようにたどる道は、一度ドライブすると忘れられない印象が心に刻まれる。








Caparo T1 Rear後部の方向指示器はリアスポイラーの両端にあるのだろうか?価格などの詳細は説明書HPで確認しよう。プロモーション動画もワクワクもので楽しめる。


sitezaemon at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 10, 2009

モンブランのインクの色が気になっていた頃

手帳用に使っているモンブランの万年筆

私的手帳用モンブラン最近在庫のカートリッジインクの色に変化を感じていた。私の好きなインクの色「Royal Blue」が、その色で書けていない。どの様に工夫してもその色が出ない。リフレッシュ・メンテナンスが必要なのかもしれない。




私的手帳用モンブランそんな風に思っていた矢先に、モンブラン銀座店から葉書が届いた。なんというタイミングなのだろう。久し振りにお店を訪ねてみようと思った。

コレクションのコメントはこちらから




sitezaemon at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 09, 2009

ブルータス、お前もか

シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」ではなく、マガジンハウス社の「BRUTUS」のお話。

BRUTUS 654号魅力的な人物達の生き方が紹介されている内容が面白そうだったので、久し振りにその654号を購入してみた。

表紙の写真配置からして面白い。上にチェ・ゲバラを配したその対局の右下にジョン・フィッツジェラルド・ケネディを配している。白州次郎を中央に、そして白洲正子と重ねつつ並べて配し、しかも「白洲次郎プリンシプルのない日本」に「白洲正子の世界」の表題が上手に重ね合わされ、夫婦の関係と個性が表現されている。右上にはキャラクター相関図で言えば手塚治虫ではなく酒を愛したギャグの赤塚不二夫のほうが確かに表紙のバランスはよかったのだと思う。なぜかと考えると、やはり酒を愛し昭和の激しい時代を覗き、ベトナム戦争で激戦中にサイゴン特派員として九死に一生を得た開高健の写真が酒つながりで赤塚氏と重ねられ、しかもベトナムつながりでケネディと重ねる事が出来る。

さて、これらの人物達に囲まれつつタイトルロゴの中央真下に誰の写真を持ってくるか。デヴィ夫人だと、あまりにも戦後日本政治経済の裏世界を感じ入ってしまい重たくなってしまう。やはりこのポジションには、自立した女性の美しさを今でも貫いている岸恵子なのかもしれない。南回りでパリまで50時間かかったという1950年代に、20代で単身渡仏してからの彼女の生き方には凛とした美しさを感じている。個人的にフランスの企業とそこに勤める有能な女性達にも仕事人として育ててもらった影響もあり、尚更そう思うのかも知れない。ちなみに、岸恵子の対局の表紙中央下部、しかも軸のぶれた右寄りに配置された俳優は勝新太郎だった。

今回のBRUTUS654号内容で意外だったのは、前述のデヴィ夫人が紹介されていなかった事。彼女は現在テレビのバラエティ番組での露出が多いので、彼女の生き様を知らない人が多いのは仕方がないのかも知れない。一方で椎名林檎が2ページ見開きで紹介されていた。編集者の意図をつかめないページだったが、強いて考えると読者年齢層に配慮した結果なのかも知れない。誤解のないように遊飲美食読者に伝えておきたいのは、私は椎名林檎フアンの一人で、NHK初出演ステージはオンエアで観て聴いている。歌い終わった時に「ポッと出でスミマセ〜ン」とマイクではなくハンドスピーカーで申し訳なさそうな低姿勢が印象的だった。NHKホールで開催収録された「“Domestic!” Just Cant’t Help It. Tokyo Incidents」ライブCDジャケットには私は後頭部で出演し、その後武道館ライブにも行っている。だけれどもやはり椎名林檎が大きな扱いだったのは意外だった。

BRUTUS 654号106頁読みながらのそんな思いも楽しいもので、今回のBRUTUS654号は面白く仕上がっていると読み進め、106ページの「宇宙へ旅立ったライト・スタッフ」。右端写真のイエーガー(Chuck Yeager)は大卒ではなかったがゆえに、有人宇宙飛行「マーキュリー計画」の7人には選ばれず、結局地上数万メートルでマッハの記録更新し続けたテストパイロットとして航空史に名前を残した印象が大きすぎ、表題から考えると微妙なるポジション。ただこの人物を語らずして宇宙への航空史は語れないところもある。むしろもう一項目として見開き2ページに航空史に関わる人物紹介として「空へ飛び立った飛行士」なる記事も欲しかったところ。ライト兄弟にチャールズ・リンドバーグ、そしてイエーガー、日本人ならライト兄弟前に設計図を完成しながら陸軍から予算を与えられなかった二宮忠八か、女性初のパイロット兵藤精だろうか…。
…そんな事を考えながら隣の写真と記事を読むと中2枚の人物写真が入れ違っているっ!!きっと校正前は右から二番目の写真は最初に月面に足跡を残したニール・アームストロング船長(Neil Armstrong)で、次にオルドリン(Buzz Aldrin)の写真が来るはずだったのだろう。

BRUTUS 654号106頁【宇宙へ旅立ったライト・スタッフ】左は106ページの接写画像。中央右で「Neil Armstrong」と紹介されている記事の写真は「オルドリンBuzz Aldrin)で、左の写真が人類最初の一歩を月面に残した「アームストロング船長Neil Armstrong)。私としてはなぜにこのページで、司令船上で月面作業チームの帰還を待っていた「コリンズCollins)」が紹介されていないのかが納得出来ないところ。3人で月面到達・地球帰還チームであり、コリンズはこのページ表題に相応しい英雄のひとりなのだから。

マガジンハウス社と副編集長に二人の写真の入れ違いをメール連絡をすると、早速「2月2日発売号の最終ページに訂正を掲載」との返信が届いた。読者にはとても評判が良かった内容だっただけに、この部分の転記と指示ミスがとても残念そうだった。今回の件では業務指示の結果確認は必要とあらためて感じさせられた。次回からの特集は、大学、農業、ラジオ、そして猫と続くので、楽しみにしていて欲しいと知らせていただいた。それに加えても、たまにはポパイにも目を通さねば…。

銀座飲み仲間の一人、マガジンハウス社某編集長とはしばらく夜の銀座で会っていなかったので、今回の件は知らせない事にした。



sitezaemon at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 06, 2008

我流和風スパゲッティの食後感が微妙

自宅で夜中に仕事をしてる機会は多い。あとはロンドンからの返信待ちとなった時は、気分転換に簡単な料理を一品を作り始める事もある。

そんな今夜には麺を食べたいけど、冷蔵庫には浅草開化楼さんの生麺を切らしている。パスタがあった。ガチャガチャとキッチンの奥からズンドウを出して、「おっしゃ、今回はマイ寸胴で茹でたるっ!」と気合を入れた。(なぜに私がズンドウをもっているのかと興味をもたれたかたは、ここをクリック

サントリー南アルプスの天然水でズンドウを満たして火にかけてから、Oisix(おいしっくす)から取り寄せた玉子をとき北海道産秋鮭の切り身を焼き始めた。ここからが時間との勝負になってくる。幸いにも仕事から趣味への気分転換してもアドレナリンは出続けているようで、テキパキと身体はフル活動、食材ごとの調理加減チェックの動体視力も快調。

そうして完成した夜食が、我流「シャケ・スパゲッティ」とサイドオーダーにだし巻き卵

シャケパスタパスタではなくあえてスパゲッティと今夜の我流メニュー名を表現させてもらいたい。納豆・タラコ・ウニなどの日本の食材を使い、和風スパゲッティを日本に広げてくれた壁の穴さんに敬意を表して。

あとは醤油味でいただこうと思いながら、その前に写真撮影。調理具合も盛り付けも合格と思っていたが、…いつもと何かが違う。その違和感を埋めるべく、いつもと違うその何かを見つけようと視点を変えたりしながら盛りつけを観察していると…分かった!「アハ!体験」。盛り付ける前にパスタに少量のオリーブオイルを絡めていなかったので、パスタに艶がなかった。でもまぁ、今夜はこのまま醤油でいただいてみよう。

秋鮭秋鮭はいい具合に焼けた。身はホロホロ、脂も旨い。これをほぐしてパスタにからめ、少量の黒コショウでいただくと、これがウマイっ!♪

食べ進むほどに、この鮭の脂の旨味がパスタによく絡み、後半は何やら鮭フレーク入り醤油味焼きそばのような味になって来た…。



シャケパスタ今夜、こんな味を目指していたわけではなかったので、美味しいのだけど食べ進めるほどにつのる違和感と食後の微妙なる残念感。醤油ではなくいっそ大胆にイカリソースで味付けしたほうがよかった?でもそうすると和風スパゲッティが越えてはいけない境界線を越えて、和風パスタがコテコテの関西風焼きそばになってしまうし、…と自問自答した食後だった。プロではないので、こんな境目の行ったり来たりが楽しいから趣味でいられる。そう思う事にした。

だし巻き卵今回のだし巻き卵は、顆粒カツオだしを多めに使い、醤油と砂糖で少々の味付け。比率で言えば過去最高のダシの量だったので、いつもは簡単に巻ける卵焼き器をもってしても難儀しながらもなんとかきれいに仕上がった。味は、今までで一番美味しい「だし巻き卵焼き」の味がしていた。


(前回のだし巻き卵レポートは、こちらこちらから)

日本時間午前1時を過ぎてもロンドンからの返信が届かないので、熱々の「ほうじ茶」をゆっくりといただいてから電話でもしてみましょ。

TVでお馴染み!名店丸武の絶品厚焼き玉子3点セット! ←参加中



sitezaemon at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 05, 2008

やはりgigashot

各メーカーのフルハイビジョンビデオカメラを、公平冷静にこれまで比較検討してきたけれど、やはり東芝直販サイトで販売している「gigashot A40F」の59,800円という値段は、破格なるお買い得の価格設定としか言いようがない。他社の類似機種と比べると市場価格でほぼ半額!!

そして今、私の手元にはそのgigashot
gigashot A40F今週末からしばらく旅行なので、旅の思い出をたくさんハードディスクに記録して来ましょ。報告をお楽しみに。

【ユーザーコメント参照ページ】
フルハイビジョンムービーカメラ体験ブログ







sitezaemon at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 12, 2008

新車のトレンド

新車のキーワードとして最近重要視されているのは「エコ」「低燃費」。

Toyota iQそこでトヨタが今年中に発売する「iQ」は、大人3人+子供と荷物スペースを確保しつつ燃費はプリウスを上回るリッター30キロ超。少子化・核家族化・都市部人口集中の現状を受け入れ、ガソリン価格高騰が弾みとなり発売が急がれたかのように、今の社会が車の形として現れたひとつがこの「iQ」のように感じられる。ただ外見のサイズがそぎ落とされて小型になりながらも、価格は意外にも高く設定されそうとの話。[モデリスタiQ]

私の愛車の車検が切れるのは2010年。

VW 1Lならばいっその事2人乗りに絞って燃費の良さをさらに追求し、2010年発売予定の「フォルクスワーゲン1LVW1L)」にするのも面白い。前後タンデム2人乗り仕様。その燃費はなんと、リッター100キロ超


VW 1LVW 1Lカーフアンの皆様には、遠出ドライブのデート用に、あるいは奥さまの買い物用エコカーとしても活躍してくれそう。



Aptera Type1選択肢をさらに広げるとアメリカ・カリフォルニア州で開発された「アプテラAptera Type1)」にはデザインにも性能にも夢がある。

Aptera Type1Aptera Type11回の充電で304キロを走る三輪のハイブリッド車。

Aptera Type1販売予定価格は3万ドルで、現在予約金500ドルで受付中。これが日本で発売された(あるいは個人輸入した)時点で、補助政策がどうなっているのか、各行政や団体によるこれからのクリーンエネルギー補助政策・事業にも注目したい。



参考資料
Toyota iQ : 2008.03.04 News Release
VW 1L : http://www.ecogeek.org/content/view/1617/69/
Aptera Motors : http://www.aptera.com/
電動車両普及センター : http://www.cev-pc.or.jp/
財団法人日本自動車研究所 : http://www.jari.or.jp/

続きを読む

sitezaemon at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 10, 2008

もう一品欲しい深夜には

夜食に買っていたのは麻布クロワッサンの「モッツアレラチーズのサンド」。だけどサイドオーダー用にもう一品が欲しい。いつかの深夜にもうろうとして観ていたNHKためしてガッテン」の残像が気になり、そのイメージだけで作ってみた「だし巻き卵焼き」。今回はこれまでとは違い、調味料は「かつおだし」のみ!玉子は高橋氏のブランド「黄身恋いし」。この玉子3個の量に対してだしは1に近い割合(!)で溶いてみた。生地はゆるくなり、焼きながらの返しが難しいっ。

自家製だし巻き卵















何とか仕上がったのがこの一品。味は上出来。これまでの玉子焼の中で一番美味しく出来たかも。

モッツアレラチーズサンド@麻布クロワッサン今回のサンドもコストパフォーマンスが高く食べごたえがあり、さすがは麻布クロワッサン様。主役のモッツアレラが美味しかった。勿論、野菜もパンも。





モッツアレラチーズサンド@麻布クロワッサンTVでお馴染み!名店丸武の絶品厚焼き玉子3点セット! ←参加中

sitezaemon at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 08, 2008

ソニーサイバーショットの新機能とは?!

バーを渡り歩く機会が多い私としては、暗い店内を撮影するのに「SH901iC」のデジカメ機能はよく頑張ってくれたと思う。私もその機能を十二分に活用してこのブログの画像を飾ってきたけれど、それにしても掲載に耐えられない残念な画像も多かった。そろそろ持ち歩きにも便利な小型デジカメを購入しなければいけないのかと思っていた頃、昨年秋のプレスリリースから待ち続けていた製品がようやく2月15日付の全国紙で発表された。それがソニーのサイバーショット「SO905iCS」。ただ、画素数は今時 5.1mega pixels なので、物足りなさは否めない。

それでも購入に至らせた大きな利点は、

SONY Cyber-shot SO905iCS・メモリースティックではなくマイクロSD(2GB)が使える。
・レンズ口径が大きいので暗い場所で性能を発揮してくれる。
・GPS機能付きなので、画像データに位置情報が付加され、地図上にその撮影位置を記録したり、カーナビ・チャリナビ・散歩ナビとしても使える。
・フルブラウザ対応。

そして何よりも、
DoCoMoの携帯電話機能が付いている!♪

SONY Cyber-shot SO905iCSSONY Cyber-shot SO905iCS背面をスライドさせて、ひっくり返すと、携帯電話。そう、携帯電話機能付きサイバーショットなので購入。表現が逆?だけど私にはそれ程の位置付け。携帯電話とは別にデジタルカメラまで常に持ち歩く煩わしさを解消してくれる優れもの。

購入したのは3月15日。ほぼ一ヶ月使用してみたその感想は;

・手ブレ防止機能が優れているので、シャッターを押す前後で息を止めている必要が少なくなった。
・レンズの口径が携帯電話にしては大きめなので、期待通りに暗い場面や昼間の遠近感の表現が豊かになった。
・反応の遅さでシャッターチャンスを逃してしまうデジカメが多い中で、シャッターボタンを押した前後約1秒間で9枚の画像を記録してくれる「BestPic」モード機能を活用する事で、より良い画像を残せるようになった。

残念と言えば、夏の新機種まで待てなかった自分くらい…。



モニタープラザ@edita 



sitezaemon at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 17, 2007

フィルムカメラの修理費用

長年愛用しているフィルムカメラニコン35-105mmのズームレンズを付けてさらにモータードライブをセットしてしまうと、休暇旅行で持ち歩くにはかなりしんどい。そこでコンパクトで高機能、レンズ性能と独特の絞り機能が気に入り10年程前に購入した「MINOLTA TC-1」。この愛機が昨年秋に液晶画面が暴走し始め、なだめすかしながら使っていたところ、とうとうフィルムに映像が焼き付かなくなり、しまいにはまったく動かなくなってしまった。

先日修理に出して修理箇所とその見積もり費用の連絡が入った。「リアフレーム」と「シャッターユニット」を交換しなければならず、その費用合計38,430円!!

欲しいと思っていたデジタルカメラ「CANON IXY Digital 1000」はまた遠のいてしまった...。デジカメはもうちょっと待てとの啓示?



sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 10, 2007

進化し続ける携帯電話

銀座の夜では性能ギリギリのところで、DoCoMo「SH901iC」のデジカメ機能は頑張ってくれている。ただ、やはり暗い場所での撮影はかなり厳しい。

そこで今回待ってましたとばかりにソフトバンクの新機種を導入。
912SHメタルブラック」:320万画素CCDオートフォーカス、手ブレ補正、ワンセグ機能付き、etc。
メモリーカードアダプターを介さずに、付属ソフトでダイレクトにPCと携帯電話メモリーにアクセス可能で、アドレス帳や画像や音楽等のデータが容易に交換可能。

マイクロSD 2GBメモリー搭載上限は2GB。そのマイクロメモリーは別のPCショップでYen2,980.-(!!)で購入。既に同メーカーの1GBメモリーとシャープ製携帯端末との相性は確認済。2Gについても問題なくサクサクと機能してくれている。

許容範囲の広いシャープの技術はスゴイ...。

でも、来年には日本で発売される予定のiPhoneはもっとすごいかも。



sitezaemon at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 16, 2007

フィルムカメラの機内模様

正月の旅行では久し振りにニコンの銀塩(デジタルではないフィルム)カメラを行き帰りの機内に持ち込んだ。1日の空路のほとんどは晴天に恵まれ、羽田離陸後巡航高度までの上昇中に見えたのは、朝早いフライト故にコントラストが際だつみなとみらい地区のビル群とベイブリッジ、そしてその遠くには富士山の姿が綺麗に眺められる雲一つ無い見事な風景だった。その後、湘南海岸、芦ノ湖と、眼下に途切れる事無く続く地形や街並みを撮り続けた...。

富士山上空 JAL1641 01JAN07息を呑んで見入ってしまったのは、徐々に近づいてくる鮮やかな富士の雄姿。ほとんど見とれるだけだった。我に返って数枚のショット。左はその1枚。窓に張り付いて見続けた冠雪富士の姿の方が鮮やかな記憶として残っている。


南アルプス JAL1641 01JAN07続いて見えて来たのは南アルプス。ドライブで富士の5合目から下りる途中にアルプスの頂上付近だけが1分程見える尾根も、今回は全容が見える。




機内 JAL16485日の帰路、山口宇部離陸後に機内で食べようと自ら持ち込んだお弁当は、航路の気流が不安定で飲み物含む機内サービスが中止になってしまい、羽田到着まで飲食封印に涙...(ケッコウツライモノダッタ...)。

この羽田行き空路は、冬期特に晴天時でも気流が安定しない事が多く、機内サービス最中に中断せざるを得ない時にも遭遇する。機内は乾燥しているので、大人は我慢出来るにしても子供連れの搭乗客は念のためにペットボトル飲料水を子供の為に事前に買っておく事が肝心な路線だと思う。

離陸してから本来だと機内サービスが始まりそうな頃、泣く子をあやす母親の声が聞こえた。「ハイハイ、もうすぐジュースもらいましょうね」。その後もシートベルト着用のサインは消える事なく、機長のアナウンスに続いてCAも着席しなければならなかった。



sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 02, 2006

パーティー後は駆け足香港ショッピング

某投資銀行グループ主催のクリスマスパーティ会場となったのは、Bank Street にある某ビル上層階にある会員制レストラン。

Bank Streetメール交換はしていても実際に会うのは初めての人がほとんど。なのに、経営陣からスタッフまで、皆興味深い出身や経歴でありながら、楽しくフレンドリーな人達で終始笑いが絶えない家族的なパーティだった。

この金融グループの経営者の一員でもある旧知の友人から、ディナーの約束がなければ一緒にどうかと誘われたので、喜んで受ける事にした。





Chinese Arts & Crafts 現代のデザインChinese Arts & Crafts 古来からのデザインパーティ後はショッピングをゆっくり、と思っていたのが、今回は香港島だけを駆け足しで回らなければならなくなってしまった。3時間しかない。

セントラル(Central - 中環)ならばまずは、香港らしさを求めて「Chinese Arts & Crafts, Central Branch」。1階は宝飾品や美術品、2階は中国風デザインを基本にした服飾などの売り場になっている。ここで数点購入。

馬莎Marks & Spencerあ、「馬莎」、ここの食品売り場にも寄らなきゃ。マーサってどこって、「Marks & Spencer」。目的はソルト&ビネガーのポテトチップス(Potato Crisps)。あるかなぁ♪とワクワクしながら地下へ...。
 :
 :


Potato Crisps (Salt & Vinegar) and Xmas PuddingsPotato Crisps (Salt & Vinegar)ありましたぁっ!見た事のないパッケージだけど2種、合計8袋購入。「英国国鉄National Rail)」の駅売店で売っている私の好きな Salt&Vinegar 味だと嬉しいのだけど...。日本に帰ってからのお楽しみ。




香港そごう次はコーズウェイベイ(Causeway Bay - 銅鑼湾)にある「香港そごう」へ。ここは2000年夏に香港企業に売却されながらも名前は残り、現在も元気にフランチャイズ営業。セールス期間という事もあり、地下食料品フロアから各フロアには驚く程の人出で賑わっている。グッチなどのブランドショップでは入場制限される程の客。香港人の元気の良さと香港経済の景気の良さをここでも実感出来た。

和菓子@香港そごうディナーに招いてくれた友人家族への土産には、この香港そごう地下2階にある「源吉兆庵」の季節限定和菓子を選んでみた。

どんな味なのかは知らない。ただここの和菓子は香港人向けに味が調整されているとの話も聞く。でも甘味感覚が違う者同士、これも楽しいでしょう?

地上に出るとスゴイ人波。さて、友人宅までのタクシーはどこでつかまえられるのだろうか。

sitezaemon at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

December 01, 2006

デザインと機能が気に入って愛用してきたカメラが...

今回の香港ではクリスマスイルミネーションを撮ろうと高感度フィルムを購入したところで、今回活躍してもらうために選んだカメラをチェックしてみると、これが動かない!?(汗)。

Canon Autoboy JETあーしてもこーしてもどーしても動いてくれない(涙)。重い愛機ニコンの代わりに、今回は軽いながらも 35-105mm ズームレンズをもつキャノン Autoboy JET にしたというのに...(涙)。先月まで活躍してくれていたのに突然の機能停止。

貴重な場面を写してきたカメラ、しばしの休憩。

こんな時、マニュアル・アナログ操作のカメラの大切さが身に染みる...。

sitezaemon at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

September 24, 2006

愛用のフィルムカメラ

一眼レフフィルムカメラとの付き合いは長い。

愛機ニコン晴れた日のドライブには欠かさず持ち歩くのがこのニコン

極寒の富良野スキー場頂上から首に下げながらコース途中の風景を撮ったり、真夏の北半球ハワイや南半球シャークベイの酷暑の中で撮影したり、高温多湿の熱帯雨林ココナッツビーチであっても、そんな酷なる使用環境下でしっかりと機能してくれている信頼出来る長年の友。大切なショットにはこの35-105mmズームレンズ付きニコンカメラに登場してもらう。


就職してキーボードをたたいているうちに近視になってしまい、眼鏡をかけるようになってからマニュアルでは焦点感覚が不本意になり、オートマカメラ数台に走った数年を経て、結局はこのカメラに戻っていた。ニコンレンズによる写真の仕上がり具合が格段に美しい事に気付かされたから。ファインダーに視度調節レンズを付けることはしていない。仕上がってきた写真が意図通りなら嬉しいし、意図しなかった甘い焦点距離感が面白い写真になったりもするので、それが残念以上に新鮮な発見の焦点距離感として楽しめるようになった。

ただこのブログで活躍しているのは携帯電話SH901iCの202万画素デジタルカメラ機能。外部メモリーとしてminiSDカード256MBを差し込んでお気軽撮りまくり。余裕でたまに動画保存。不測の事態の為に予備カードも常に1枚を別に持ち歩いている。しかし所詮は携帯電話の一機能でしかなく、明かりの少ない店内やディナー時の撮影、特にバーでの撮影には苦労する。目の前にある美味しい獲物を捕らえるためにブレたりせぬよう息を止めて撮りながらも、そのほとんどがブログ掲載には耐えない画像になっている事もしばしば。光学式手ブレ補整機能付デジカメは魅力的なのだけれど、持ち歩くモノが増える事が購入を躊躇させてしまっている。そんな迷いを払拭してくれるような「何か」をまだデジカメに求めているのは望みすぎ?

sitezaemon at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 07, 2006

プチ休暇中にグルメ原稿仕上げ

2月に株式会社アクションからの提案を受け3月に始めた自遊空間向けグルメ情報コラムの執筆。この休暇中に「第6回コラム 遊飲美食箱根物語 オーベルジュ・オー・ミラドー(4)」までの3コラムを一気に書き上げ写真も添えて掲載。気にかかっていた原稿ながら仕事に追われてなかなか仕上げる事が出来ずいたのでこれでようやく一安心。

ただ読者反応やアクセス数が執筆者には公開されていなく、執筆の励みに乏しい。継続のための動機付けが難しく感じて来たのでストレートに担当責任者に相談する事に。相対的でも絶対的でも何か判りやすい数字や傾向が判るとありがたいのだけれど。

次回は「オーベルジュ・オー・ミラドー(外伝)不倫カップルの朝食風景(仮題)」を掲載するか、銀座か湘南「物語」のコラムにするか、悩みながらも現在両方の原稿を執筆中。



sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 27, 2006

イリアス・ララウニス

今日土曜昼に予定されていたミーティングが急遽月曜朝に変更となり、銀座で贔屓にしている某宝飾店の常連客向け特別展覧会に足を運ぶ事が出来た。

ここでチェックするのはやはり「イリアスララウニスIlias LALAoUNIS)」。最近増えてきたのだろうか、ララウニスには珍しくダイヤを使った作品。一作品をオプションコントラクト。そして以前購入した一作品を修理依頼。

日常の面倒な仕事や人間関係は、絶対的な美しさのもとでは極めて小さな存在になってしまう。今日ここにこれてよかった。



sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 25, 2006

椎名林檎 東京事変コンサート

今夜は椎名林檎のライブコンサート。
“Domestic!” Just Cant’t Help It. Tokyo Incidents
今回の会場はNHKホール。座席はなんとオペピットの前から2列目の中央席!!

極めて多忙で密度も濃く、しかも締め切りが押し迫っているこの時期に魅力的な座席番号。そのような中でこのプライベートでのコンサート参加時間を切り出すために、この日も朝まで徹夜仕事をこなし余裕をもたせる。

今日は朝から食事を取る余裕もなく、会場近くの売店で美味しくもないナンドッグを午後の紅茶で流し込む。ただ今日は良い天気になり、心地良い風と公園の木漏れ日が急いた私の気持ちを落ち着かせてくれた。

開演前のざわめきもさすがにNHKホール、客席から発せられる雑多な音にも深みが感じられいやな雑音には聞こえない。年末のNHK紅白歌合戦をテレビで見慣れている自分にとっては、実際のステージも客席も意外にもかなり小さな印象。ひょっとしてステージいっぱいの衣装で歌う小林幸子はちっちゃい?などと冗談で言えてしまうほど...。

椎名林檎東京事変コンサート@NHKホールコンサートが始まるとやはり客席総立ち。桜舞い散る映像の透過スクリーン向こうの椎名林檎。スクリーンが上がりオープニング曲の途中で白無垢から黒子の助けでドレス姿に変身したと同時に舞台の前面ギリギリの縁へ。この席ならではの迫力、4メートル前まで彼女が迫る。

さらなる詳細はいつか後日。


関連サイト;
東京事変
黒猫堂

sitezaemon at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 09, 2006

レンタカー、車検、洗車

小さなエンジンで2日間頑張って箱根旅行を共にしてくれた i アイ)を、昼過ぎに有楽町営業所に返却。意外に楽しめた軽だった。丸の内仲通りを歩いていると、良い天気にもかかわらず人通りが意外に少なく感じる。春休みが終わったせいなのだろう。オー・ミラドーも先週までは平日も大忙しで大変だったと、メートルドテル氏が4月に入ってやっと落ち着きを取り戻せたとホッとしながら説明してくれていた。丸ビルでは全国物産展を開催しており、都道府県ごとにワゴンで特産物をPRしていた。試食に群がる人たちがこわくてサッと見て離脱し東京駅へ...。

車検中の愛車は修理部品取り寄せに日数がかかってしまい、この日夕刻ようやく受け取りと最終精算。2週間ぶりに運転席に着くと、やはり乗り慣れた車は落ち着く。「ただいまー」という感じ。

しばらくまともに洗車してあげていなかったので、パーツも新しくなった事だし、今夜はとことん綺麗にしてあげよう!と、向かったのは横浜ランドマークタワー地下1階にある「ランドマークタワーカーケアセンター」。以前お願いした時に、その徹底した隅々までに至る磨き上げぶりの職人気質に感動し、今回もその感動を味わいたくお任せ。「ピカピカコース」に「ガラスコーティング」を追加して合計2万円。2時間は必要なコースなので元町散策で時間を過ごす。

かなり汚れていたのか最終的には2時間半程かかり、ようやく携帯電話に仕上がりの連絡が入る。作業場に行くとそこにはピッカピカにツヤツヤの車体がっ!!美術品の修復作業で原色が現れた感動に似ているかも。そう、今回もそんな感動。ありがとうっ!もう少しだけインターバル短めにして、またお世話にならねば...。



sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 07, 2006

就寝前にベッドで読書@オー・ミラドー

部屋に運ばれてきたプチガトー各種。

ルームサービス@オーミラドーそれらをつまみながら、就寝前の読書はベッドで「ダ・ヴィンチ・コードの真実」。これほどまでに聖書の研究がなされていたとは(!)。小説とはまた違う驚きの真実を学ぶ。早く寝なければ...でももうちょっとチョットだけこの章が終わるまで、...あ、もう少し、次の章で区切りのいいところまで...


ベッド@オーミラドーダ・ヴィンチ・コードの「真実」



sitezaemon at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 24, 2006

今夜のBGMはミュージカル曲

いつ聴いても感情を豊かに高ぶらせてくれる名曲。

アンドリュー・ロイド・ウェッバーAndrew Lloyd Webber)の若さあふれる時代を感じさせる「ジーザスクライストスーパースターJesus Christ Superstar)」のブロードウェイ版もいいのですが、深夜に聴くなら「メモリー」と「オペラ座の怪人」。バリー・マニロー(Barry Manilow)が歌う「メモリー」もソフトでいい。

ジーザス・クライスト・スーパー・スター
オリジナル・サウンドトラック


The Phantom of the Opera (Original 1986 London Cast)

ヒア・カムズ・ザ・ナイト



sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

March 07, 2006

試乗可能?

オートバイ
Quasar in UK80年前後のイギリスで走っていた一部のマニアには人気の車種だったクエーサー (Quasar- Motorcycle with Roof) 。

乗ってみたかった...
でも免許がなかった...



自動車
フィアロ P67b エタニティ1939年創業の独立系デザイン開発会社であるフィアロコーポレーション (Phiaro Corporation) が、昨年の東京モーターショーに出展した近未来的三輪自動車ファイアロP67bエタニティ (PHIARO P67b Eternity) 。ダイハツ製 660cc 4気筒ターボエンジン、5MT、カーブでの最大バンクは45度、二人乗り。ワイパーが無いのはもしかして Glaco 頼り

乗ってみたい...
免許はある。でもこれはまだ公道走れない自動車...


走行風景の動画はこちらをクリック。
http://www.phiaro.co.jp/



sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 09, 2005

ディユアルディスプレイ

ディスプレイケーブルとDVIアダプターを追加購入し、今夜私のPCに2台のディスプレイが無事接続されました。ホームページ制作時には複数のソフトを同時に使うため、作業画面を切り替えることなく一覧できるようにディスプレイを追加してみたかったのです。
 
使い勝手が向上したのが嬉しいというよりも、ちょっとした環境の変化が楽しい。テレビ番組が1台を専有する事もありますが、それも気分転換になって楽しい。


sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 29, 2005

作戦コードはメカジキ Swordfish

2001年9月に突然松竹から私宛にメールが届き、それは映画「ソードフィッシュSWORDFISH)」劇場用パンフレットに掲載する為のハッカーを題材にした見開き2ページ分の原稿執筆依頼でした。1週間後の試写会を観て原稿をおこして欲しいとの事。快諾しその日の内に今回の題材用に資料をインターネットを活用してA4サイズに10ピッチフォントサイズで50ページ程を収集し用意万端。既にハッキング・クラッキングについての最新情報はサーバー管理者向けに防衛策資料として最新のハッカー活動情報・技術情報を個人ページで紹介していたので容易い作業でした。
 
関係者とはメールや電話で何度か連絡を取りつつアメリカを中心とした最新ハッカー情報を映画ストーリーに絡めて原稿を書き進めていたそんなペンが走っていたノリノリの時(正しくはタイピングが快調だったそんな時)に、依頼先の企画部から連絡が入り「興行側と配給側でそれぞれ別のかたに原稿を依頼をしていたのですが、今回は配給元であるワーナーブラザース側の指名が優先されてしまいました」との連絡。…私の草稿はそこで日の目を見ることなく消えました。
 
監督:ドミニク・セナ
主演:ジョン・トラボルタ 
 
当時ロードショー中に鑑賞したこの作品は、映像や音響に迫力があり脚本も期待以上に意外な展開をみせてくれてとても楽しめました。今夜の日本テレビ番組「金曜ロードショー」を5.1chで鑑賞しましたが、ポップコーンをつまむ手も止まる程だった劇場鑑賞時の迫力はあまり感じませんでしたが、内容はテレビでもかなり楽しめました。そして懐かしかったです。
 
登場人物達はスターバックス等2社をさり気なくコーヒーショップとして利用していましたが、最後にスクロールアップする協力各社のタイトル表示を見過ごしたのか確認出来ませんでした。競争関係にある同業者を同時に使っていたので今でも気になっているところです。
 
参考資料ページ
国内外のホームページ上で紹介され、日本の雑誌にも紹介された次のページ内容が一部のかたに誤解を与えてしまっているような...。
Security Info for Protection from Hackers/Crackers Activities
 


sitezaemon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 26, 2005

グルメとは

その必要十分条件として、
(1)強力なる内蔵
(2)味覚含めた五感のバランス良さ
(3)金銭の呪縛から解放されている経済感覚
これら3大条件を満たしていなくてはいけないと私は個人的に思っています。
 
しかしながら悲しいかな私にはその第1条件からして脱落しているのです。基本的に小食でしかも強いとはいえない胃腸の持ち主で、加えて私の味覚に合わないと感じると食欲が一気にゼロに落ちてしまい最後まで味を確かめる事すら出来ずにせっかくの料理を残してしまうという生理的初期反応。ダメなのです。
 
食に関するコメントを読んでいつも羨ましく思える強い胃腸の持ち主達、例えば東京グルメ会員の出挙さん、ch.syohinさん、megareboさん、ぎずもさん、そして最近日経新聞夕刊1面にも特集された次世代のグルメ若手大家来栖けい氏、等々。これらのかたがたの内臓の強さには憧れや羨ましさを感じます。また美味しい料理に巡り会うその時のために、私もそんな様々な料理を大いに堪能出来るよう健康管理とキャッシュフロー管理に努めたいと思っています。
 

美食の王様 ―究極の167店 珠玉の180皿

sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!