菓子・スイーツ・カフェ

March 02, 2017

愛する老舗カフェ「ブレンド」

思い出の珈琲をいただく。実にとても味わい深い…。ご主人に感謝、心から感謝、感謝…。IMG_2274

sitezaemon at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 26, 2013

夏はアドニスでパフェ

旭川でパフェを食べるなら、グランドホテル1階のアドニス(Adnis)。東京からの移動疲れがあるので、今回はミニパフェでクールダウン。
画像1

sitezaemon at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 18, 2013

衝動買いの桃

週末昼過ぎの麻布十番は気温35度超え。身体が水分と果糖を欲していたのか、路面店で売られていた桃6個千円を衝動買い。家に帰れば熟して冷えた夕張メロンが待っているというのに...。

デザートフルーツ












sitezaemon at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 27, 2013

北海道旭川まるきたさんのカステラ

北海道旭川老舗銘菓の「まるきた」さん。贈っていただくカステラはとてもおいしい。ただ食べきれずに賞味期限が近づく!
何か簡単普通にいただけるカステラ使用のアレンジレシピをどなたか教えていただけますでしょうか? よろしくお願いいたします 🙇 。

画像1


sitezaemon at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 21, 2012

ネスカフェゴールドブレンドバリスタ

このバリスタは想像以上の音がするので、深夜利用には躊躇してしまう…

画像1


sitezaemon at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 16, 2011

今夜のデザートはホテルの部屋で

この日の最後はホテル内の「アドニス」でデザートをゆっくり楽しみたいと思っていた。

ひまわりのケーキ@旭川グランドホテルでもホテルに帰り着いた時には連日のハードスケジュールで疲れ果ててしまい、デザートはホテル内ショップ「ひまわり」でケーキを購入し部屋へ直行する事にした。






ひまわりのケーキ@旭川グランドホテルティーソーサーにケーキを乗せて紅茶でいただいた。











旭川グランドホテル何気に今日の疲れを漂わせている画像...

明日は旭山動物園に行ってみようかな。








sitezaemon at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 02, 2011

羽田空港内のショップ&レストラン

いつもは駆け足で通り過ぎる通路は節電中で照明を暗くしていたせいもあるのか、ポップでカラフルな店舗が目にとまった。

サマンサ・タバサ@羽田空港ターミナル1それがサマンサ・タバサが羽田空港に3店舗出店するうちの第1ターミナルにある「Samantha Thavasa SWEETS&TRAVEL 羽田空港店」だった。サマンサタバサのブランド商品とスイーツを取り扱っている。ショップスタッフのユニフォームは50から60年代のCAをイメージしてデザインされていてとてもキュート♪ 
特に女性にはお薦めの店舗。香港の友人に教えてあげよう。



恵比寿らーめん香月@羽田空港ターミナル1そのすぐ隣には「恵比寿らーめん香月」!

セキュリティチェック後に余裕があるのなら、ゲートまでのショップ巡りも楽しい。


sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 28, 2011

初氷

今年初めての氷は林家さんにて。




sitezaemon at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 26, 2011

梅塩とまと甘納豆

プルーン菓子のような味わいで、美味しい。


sitezaemon at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 21, 2011

ミラノ・コバのマロングラッセとチョコレート

私の中で最強のスイーツマロンがこれ、

COVA マロングラッセCOVAのマロングラッセ」。

















COVA マロングラッセこの1粒で6百円以上するけれど、その価値は十二分にある味わい。紅茶やエスプレッソでいただくのが私の好み。














COVA ゴールデンボックス ジャンドゥイアゴールデンボックス ジャンドゥイオッティ」の箱を開ると、思わず食べ始めてしまうほどの誘惑がある。
















COVA ゴールデンボックス ジャンドゥイア我に返って食べ尽くす前に撮影。

これは紅茶でいただく。

美味しいスイーツに感謝。


sitezaemon at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 22, 2010

小田原城近くの無料休憩所

悲惨なさしみと寿司を「だるま」でいただいた後は、口の中をさっぱりさせたいとカフェを探す。

小田原宿なりわい交流館歴史ある街を散策しながら、せっかくなのでレトロなカフェを探していると、最初に目に飛び込んだ「お休み処」と「氷」の暖簾がある無料休憩所「小田原宿なりわい交流館」に入店。












かき氷@小田原宿なりわい交流館店内で唯一有料だったかき氷はメロンとイチゴ。各200円。外観や内装同様に、シロップの色と味までもレトロ感を満喫できる空間。

ボランティア的なスタッフおばちゃんと常連客おじさんの、現地ならではの会話が楽しめた。あまりニュースには取り上げられなかった洪水情報には考えさせられるものがあった。

「ごちそうさまでした」
「舌に色が付いちゃったでしょ?水飲みなさい」
おばちゃんに言われるがまま、氷を平らげたあとに、冷たい水をいただく...。

なごめる「小田原宿なりわい交流館」の空間だった。


sitezaemon at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 12, 2010

ドルチェ東京恵比寿店で一息

暑い!!とにかく暑い。

DOLCE TOKYO 恵比寿店軽く上り坂、渋谷橋交差点から渋谷へ至る明治通り(305号)沿いには小さくて可愛い美味しそうなレストランが並んでいる。なので、そのひとつ、「ドルチェ東京」で休憩する事にした。




















DOLCE TOKYO 恵比寿店にてスイーツブレイク代官山なめらか焼きプリン」とアイスコーヒー。
















代官山なめらか焼きプリン代官山なめらか焼きプリン」は見た目以上にソフトな食感で、お・美味しいぃぃ♪ 自然対なる味わいがいい。

一口で幸せな笑顔を引き出してくれる、そんな一品。











プリントーストぷりんトースト」は一人で食べてももちろん美味しいメニューなのだけれども、これは相手があってこそより楽しめる一品と思うので、彼女と一緒にどうぞ。

交換交換、おたがいに、
男女男女男男女男女♪
(もう古い?)









DOLCE TOKYO 恵比寿店ごちそうさま。スタッフの気転が効く対応が高感度アップ。

また訪ねますね。


sitezaemon at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 03, 2010

午後のカフェタイムに思った事

5月22日、晴天に恵まれた竹芝でのイベントで周辺の飲食店は大混雑。

The Blue Velanda at Intercontinental Hotel Tokyo Bayなので、涼やかなる「インターコンチネンタル東京ベイ」ホテルの「The Blue Belanda」で休憩する事にした。

ここにも用意されていない程にアフタヌーン・ティーの時間は日本人にあまり馴染みはは無いようで、カフェ・レストランには嘘のように人がいない。客は私たちを含めて4組のみ。例えばこれがロンドンの「Mandarin Oriental Hyde Park」や「Lanesborough」であれば、この時間帯には紅茶と会話を楽しむ人達で満席になっている。でも今回はこの静かな空間が良かった。












The Blue Velanda at Intercontinental Hotel Tokyo Bay渇いたうえに果糖を摂取したく、注文したのはフレッシュオレンジジュース!ゴクゴクと喉を鳴らしながらまずは半分ほど飲み、静かにゼイゼイと満足げに一休み。

その後落ち着いて味わってみると、これが蜜の味を感じさせる上品な甘みがあるジュース。後半はその味を確かめながらいただいた。このジュースはオススメ















Sachertorte at The Blue Velandaケーキも食べなきゃ(習慣?)、と追加でコーヒーを注文していただいたのはチョコベースのケーキ。美味しく幸せなひとときだった。













ただ残念だったのは、フロアースタッフのテーブルサイドでの丁寧なる気配りとは反する不十分な目配り。ゆるい時間帯のせいもあったのか、それを特に感じた。これが「帝国ホテル」のスタッフであれば、客がコーヒーを飲み干すであろうと思えるカップの角度を見て次の一杯が必要か否かを静かに寄って来て聞いてくれる。長年このホテルグループ会員だからこそとても残念に感じた。これが同じグループで時々お世話になっている「De La Ville Rome」なのであれば、文化の違いでまた印象は違うのかもしれない。それにしても日本国内での接客術は洋式であれ和式であれ、日本文化を基本とした目配りと気配りの接客サービスを忘れないでいて欲しい。それが将来の集客につながると思えた午後だった。


sitezaemon at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 07, 2010

箱根の午後は小雨

ティータイム。富士屋ホテルのティーラウンジ「オーキッドOrchid)」にて、小雨の日本庭園を眺めながらしばし休憩。

オーキッド@富士屋ホテルオーキッドに沿って客室へと続く廊下を、適度な間隔で個人客をベルパーソンが何組も導いて行く。

日本人や時には欧米の団体客が大名行列のように流れて行く。聞こえてきたのはフランス語にドイツ語...。ユーロ圏加盟国内でギリシャ国債を保有している国の上位2国!

否応なしにこのような安らぎの空間でも現実に引き戻されてしまう一瞬があるのは仕方ない。GW過ぎの金曜日に、富士屋ホテルでの活気にあふれる場面を確認できたことはとても嬉しく少々安心もできた。











宮ノ下シュークリーム@富士屋ホテルさてと、ケーキ。前回いただいたのは、富士屋ホテル伝統のスイーツとしてシェフ・パティシェが代々と受け継いできたアップルパイだった。今回は私の大好きなシュークリームを期待を込めて注文。それは「宮ノ下シュークリーム」♪!






















宮ノ下シュークリーム@富士屋ホテル私はカスタードクリームよりも生クリームのシュークリームが好きなのに、最近(と言うよりも長年)出会えていない(悲)。これまで自分なりに求め、思い描いてきたイメージの生クリーム系シュークリームを探し続け、今回その味に近い味に出会えたのが「宮ノ下シュークリーム」!! 加えてシューの香ばしい味わいと食感には、焼き加減にその妙を感じさせられる。一口でさえ笑顔がこぼれてしまうような美味しさ♪



マーブルケーキ寄木細工風@富士屋ホテル復刻マーブルケーキ寄木細工風」にかけられているシナモンパウダーの香りと味も美味しかった。














オーキッド@富士屋ホテル日本庭園や店内を映し出すように輝く「オーキッド」テーブル面。

自然を身近に感じる事ができ、空気さえも美しいと感じられる。
























オーキッド@富士屋ホテルそんな風に落ち着かせてくれる空間オーキッド。小雨の天候が良かったのか、風景にも音にも癒された時間だった。



sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 02, 2010

南町田マロンのプリンアラモード

ケーキを買いに南町田にある洋菓子店「つくし野マロン」に立ち寄る。

つくし野マロン2台分の駐車スペースが隣接しているので便利...のはずが?!その入り口をふさいで路上駐車している車が!私の車に気がついて店内から飛び出してきたのは女性客。駐車場入り口から数メートル移動してくれたが、困った客がいるものだ...











マロンの番犬駐車場管理のワンちゃんはかなりお疲れのご様子。ゆっくり休んで。そろそろお散歩の時間でしょう?
















マロンの各種ケーキ店内のショーケースには目移りしてしまうほどに美味しそうなケーキ類に満ちている!!その中からなんとか選んだのは5種8品。

私が特定したのは定番のイチゴショートケーキ、そして毎回購入しているプリンアラモード










マロンのプリンアラモードプリン好きとしてはやはりここは豪華にプリンアラモードをいただきたい。毎回購入するのには理由がある。カップが季節やイベント毎に変わり、それも可愛いデザインなので気に入っている。しかも、

フルーツが、甘ぁ〜いっ♪










イチゴのショートケーキ@マロンイチゴショートケーキの生クリーム、今回も期待を裏切らずに美味しい!

ただ、どれもサイズが小さくなっていたのはチョット残念だった。このご時世、仕方ないのかな?

sitezaemon at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 25, 2010

花畑牧場の生キャラメルが簡単に買える

札幌市内で「花畑牧場」商品を簡単に購入出来る店舗があった。観光名所時計台向かいにある「札幌時計台店」がそのひとつだった。

花畑牧場カフェ札幌時計台店市内散策の休憩で立ち寄ると物品販売コーナーに客は皆無。カフェも地元の老若男女で5割前後を埋めている程度。

生キャラメルはJR札幌駅近くの「アピア店」で各種複数購入し、他の北海道土産と一緒にホテルで宅配手続き済みだったので、商品を購入することはなかった。






ホットキャラメルパフェ@花畑牧場カフェここでいただいたのは「ホットキャラメルパフェ」。フルーツが少し入っているのかと思ったら、ソフトクリームの下にあったのは、それ以上のスポンジケーキだった。ケーキの味は普通。ケーキは2口いただいてご馳走様。フルーツの数切れでも入っていればまだいい後味になっていたと思った。

ソフトクリームにすればよかった(涙)。


sitezaemon at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 14, 2009

箱根湯本から一般道で平塚アッシュエムへ

交通渋滞はないようなので、箱根湯本から平塚メゾン・ド・アッシュエム(Maison de HxM)」までは一般道を国道1号から134号へとドライブ。

Maison de HxM箱根−横浜間のドライブでは、いつもオアシス的に利用させていただいているアッシュエムオー・ミラドー関係で贔屓にしはじめたのもあるけれど、今では何よりも料理やスイーツが美味しくサービスも丁寧なカジュアルフレンチ店として、湘南ルートには欠かせないお気に入りのレストランとなっている。

昨年9月5日から「ブラッスリー・アッシュエム(Brasserie HxM)」は「メゾン・ド・アッシュエム(Maison de HxM)」と名称を変更。それをきっかけにメニューも変化。大好きだった気軽にいただけた「そば粉のガレット」や、一皿ガッツリといただける「高座豚」メニューがなくなってしまったのはとても残念。でもそれ以上の料理を2010年に提供してくれる事への期待値は大きい。

アッシュエム店内アッシュエム店内成長し続ける店の、場面毎の料理を美味しくいただくのは楽しいもの。音楽を聴くと、その当時の思い出が沸き立つように、食も同じような感覚。

デザート盛り合わせ@HxM今回はデザート休憩。菊池シェフにおまかせで作っていただいた「デザートの盛り合わせ」はプレートの上はパラダイス♪

無農薬ミカンのコンポートとザクロのゼリー、ガトーショコラ、栗のロールケーキ、そしてチーズケーキ、アイスには横田さんの食用バラ。この食用バラが実に特筆的に秀逸なる味で美味しかった♪!これからも使い続けて欲しい食材。

ブドウジュース@HxMドリンク類から、私は「ぶどうジュース」で果糖をさりげなく補給。後半のドライブには欠かせない。
ドライバーにアルコールは厳禁!!
アルコールよりも果糖が肝心!!

これ、大切。

男性客にストローはいらないと思うのだけど、折角なので今回はチューチューといただいてみた、が...やはり私には必要ないようだ。後半は直接グラスからいただいていた。








菊池シェフ@HxM駐車時から厨房の奥の方から響く音が「ガンコン!ガンコン!‥!!」と、このお店では聞き慣れぬ音がして気にはなっていた。

それは今夜届いた鹿を解体する作業の音だった。ジビエの季節。オーナー相山氏が開拓したルートで仕入れた食材。解体中の菊池シェフが挨拶に現れた。そこでお互いに近況報告...。

箱根オーベルジュ・オー・ミラドーで修業し、アッシュエムでは既に7年以上も厨房を担っている菊池シェフ。私は彼の向上心と理想の実現化をこれからも温かく見守って行きたいと思っているフアンの一人。


デザートを美味しくいただき大満足で席を立つと、フロアスタッフの皆が見送ってくれた。
いつも美味しい料理とデザートをありがとう。感謝^2m(..)m


sitezaemon at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

December 12, 2009

御殿場のとらや工房で癒されたひととき

山門をくぐると、右は岸信介氏旧邸、左はとらや工房への小径が続く。

虎屋と岸信介邸への山門竹林に囲まれた緩やかに曲がる小径を辿り「とらや工房」へ。

竹林は適度に間伐されており、さり気なく手入れがされている事が散策しながらもうかがえる。






ところてんと12月の柚餅我々がとらや工房に入店した時の先客は3組のご家族のみ。

訪ねた時間帯が良かったのか、静かな空間でかなりリラックスできた。

私が注文したのは「ところてん」と、道明寺の生地で柚子餡を包んでいる季節限定の和菓子「柚子もち」。










ところてんと12月の柚餅塩昆布の存在はとても大切。柴漬けであってもいいのではと思うけれど、この組合せに何か意味があるのだろうかと、つい考えてしまう。









季節限定ねりきり彼女も季節限定菓子から、大和芋・白餡・求肥を使ったしっとりとした生地でこし餡を包んだ「ねりきり」を注文。

柚子もちねりきりも、丁寧に入れられたお茶に良く合い美味しいコンビネーション。これで和らぐ。




とらや工房@御殿場我々が席をたつ頃、団体客がバスガイド嬢に引率されて到着。

店内が騒々しくなった頃に丁度我々が次の目的地を目指す時間になった。とらや工房で静かな時間を過ごせたのはラッキーだったのかも知れない。




TOYOTA iQ細い道で迷っても、ハンドルの切り返しが必要なく、最小回転半径3.9メートルでUターンできるiQがこの界隈でも大活躍してくれた。








とらや工房@御殿場とらや工房は、関東や東海から箱根や富士を目指すドライバーにとっての休憩地点としてかなりリラックス出来る空間だと思う。しかも良質な糖分補給を静かに摂る事が出来る穴場的な店舗。ただ、最初に辿り着くには少し難しいかも。

次回に時間的余裕が有れば、東山旧岸邸を訪ねて昭和を体感してみようと思っている。



sitezaemon at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 10, 2009

香港土産のCOVA

香港の友人S嬢からいただいたお土産の「COVA」チョコレート。

香港土産のCOVAミラノ発祥のカフェだけれど、確かに香港では日本以上に有名店。

和食好きのS嬢を有楽町電気ビルB1の居酒屋「どんと」で、あえておじさん達に囲まれるテーブル席指定で歓待。彼と一緒にかなり楽しんでいただけたよう。

COVA東京」がこのビルの1階にあるのは偶然の事だった。








香港土産のCOVAチョコレート口に含むと、内部の濃厚クリーム部分にアーモンドの味が練り込まれていて歯に優しい仕上がりで、美味しいィィっ!

一個食べると幸せが口から広がってゆく
大切に食べよーっと。

sitezaemon at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 29, 2009

ラッキーなプッチンプリン

プッチンプリン。一見ごく普通サイズのプリンに見える。

グリコ プッチンプリン Happyだけれどこれはグリコの「プッチンプリン」の中でも希少商品、「Happyプッチンプリン」。これが実に笑える程にドでかいサイズ!

プッチンプリン」という商品名自体に愛着があって楽しいのだけれど、更にこのサイズに驚きと楽しさがある。今回Happyサイズを偶然に発見したので購入。


通常サイズが105gなのに、この「Happyプッチンプリン」は400g!!

グリコ プッチンプリン Happy市中ではいつどこで販売されるのかは判らない(忍者的?)限定商品なので、見つける事が出来たらラッキーな商品というコンセプトで、この商品名は「Happyプッチンプリン」。

比較する基準サイズとして、シャンパーニュのコルクを添えてみると、あらためてこの400gの大きさに驚かされる。ハーゲンダッツアイスクリームを添え、紅茶をいただきながら彼女と楽しく会話しつつなんとか完食。

グリコの「プッチンプリン」は、それが通常サイズでもHappyサイズであっても、スプーン一口の味に美味しさと楽しさには変わりはない。このサイズに出会えただけでハッピー♪確かに「Happyプッチンプリン」は私達を幸せな気分にしてくれる♪



sitezaemon at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 25, 2009

鯛焼きだけではない麻布十番の浪花家さん

赤羽橋から散歩で麻布十番へ。暑いのと歩き疲れたので小休止は「浪花家総本店」。座っての10分ほど待つ事は苦にはならなかった。

焼そば@浪花家総本店今日は晴天でかなり暑いっ!なので塩分と水分摂取を目的に、今日の私は鯛焼きよりもまずは「焼そば」と「ラムネ」を注文。宮岡商店さんのラムネだったので喜んで注文。その組み合わせで注文していたのは、満席の中で母と一緒の幼児二人と私だけだったせいか、彼女にはとてもウケていた...。


焼そばとラムネ@浪花家総本店焼そばを食べながら枯れる思いを押し止めながら、「宮岡ラムネ」は食中に一口二口、そして焼そば完食の最後に残り3/4を飲み干す。炭酸ブレイクをしながら、んぐうんぐ...と。ただこの組合せ、美味しいながらも焼そばの重いラード感。胃腸は大丈夫だろうか、と不安が残る。しかし時間が過ぎる程、食べていた時は普通の味と思っていたこの焼そばの味が、美味しさを思い出させてくれて、また食べたいと思わせる不思議な味付け。良質なラードがそうさせていたのだろうか...。また食べたいっ!!と思わせてくれた焼そばとの印象に変わっていた。


たいやき@浪花家総本店きじもアンコも純粋に美味しい鯛焼き。私の場合、頭から。

しかしこのお店、原価と客回転を考えると利益率はかなり高い。ビルが建つのも納得出来る。たかが鯛焼きと侮る無かれ。美味しいからこそ人が集まるお店なのだから。




三代目神戸守一さん@浪花家総本店三代目神戸守一氏はサービス精
神旺盛。店頭風景を写真に収めようとして構えたその瞬間、フレーム外のご主人が突然に「おねーさん!おねぇーさぁぁぁん!!」と連呼!? 先に歩き始めていた彼女を呼び止めようと叫んでいただいたらしい。彼女がようやく振り返ると、ご主人「写真撮るからぁ、ほらほらぁ」とご自分と彼女と私を指さし「(おいでおいで)」サイン。なんちゅーサービス精神なの?平日の夜には会えなかったけれど、休日のご主人は大活躍だった。「およげ!たいやきくん」に登場するイラストそのままのご主人と、そのサービス精神に感謝^2








およげ!たいやきくん(DVD付)およげ!たいやきくん(DVD付)
アーティスト:子門真人
販売元:PONYCANYON INC.(PC)(M)
発売日:2008-03-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


sitezaemon at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 15, 2009

マーベラスクリームの味はマーベラス♪

届いたのは「マーベラスクリームセレクトボックス」6個入りセット♪

マーベラスクリーム密閉された発砲スチールを開けると、ドライアイスはまだまだ元気に大型の固形のままで、6種類のアイス商品を守ってくれていた。完璧な梱包。その内容は「ヨーロピアンキャラメルカスタード」「モンブラン」「パッションマンゴートライフル」「ベルジアンノワゼットショコラ」「ティラミス」「ストロベリーショートケーキ」。それぞれがどのような味なのかが楽しみっ!

キャラメルカスタードキャラメルカスタードまず開けたのは「ヨーロピアンキャラメルカスタード」。キャラメルにまず惹かれてしまう。スタバで注文するのも「キャラメルマキアート」が多かったりと、お酒が好きなのに甘いものにもこだわりがあったりする私なので。

キャラメルカスタードフタを開けると…!量産品のはずながら、ブルターニュキャラメルソースの上のメープル生クリームにマーブルチョコレートオーナメントが刺さり、可愛くデコレーションされている。そこにザックリとスプーン大盛ですくい口に含むと…、期待以上の美味しさが舌の上で優雅にダンス♪ キャラメルソースの下にはカスタードアイスクリーム、タルト、ブルターニュキャラメルアイスクリームが層を成しており、それぞれの部分が美味しく絡みあっている。我が冷凍庫の常備アイスのひとつであるハーゲンダッツとは全く違いケーキ感覚に近い美味しさで、実にまろやかな味わい。

モンブランモンブランそして「モンブラン」。パリを訪ねるたびに「アンジェリーナでいただいていたモンブラン」の味がすり込まれている私としては、ついこのネーミングだけで反応してしまう。





モンブラン開けると...イタリアンマロンクリームの上にはマロングラッセ。「おぉ、見た目からしてモンブラン♪」。その下にはカスタードアイスクリーム、スポンジケーキ、イタリアンマロンアイスクリームの層が続く。やはりこれもアイスケーキ。リッチで繊細な味わいが幸せ。




ベルジアンノワゼットショコラベルジアンノワゼットショコラベルジアンノワゼットショコラ」をスプーンで底まで豪快に差し込み、層を成しているそれぞれの味を一口で味わってみた。

「チョコレートが美味しい!ブラウニーも美味しい!アイスクリームも美味しい!」。これは感激の一品だった。




ベルジアンノワゼットショコラ表面にはダークチョコレートソースにヘーゼルナッツローストがちりばめられ、中はベルジアンチョコレートアイスクリーム、ブラウニー、ヘーゼルナッツプラリネアイスクリームが層を成している。作り手の丁寧さが伝わってくる、高級感さえも感じられる繊細な美味しさ。スバラシイ...

この「マーベラスクリーム」、上品な味わいの商品(作品)に仕上がっている。



sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 03, 2009

およげ!たいやきくんの麻布十番浪花家総本店

レコードミリオンセラーのおよげたいやきくんのモデルになったご主人のお店としても親しまれている麻布十番の浪花家総本店HP)では、ありがたい事にたいやきの事前予約を受け付けて頂ける。

ナニワヤ・カフェたいやきのエンボスそのたいやきを受け取りに行ったついでにカフェで休憩。出来たてのたいやきがザルに乗せられて登場。ここのショップカードが意外にもとてもオシャレなデザイン。カード左上にエンボスされたたいやきの形が可愛い。

浪花家総本店出来たてを食べるのが勿論一番美味しいのだけど、持ち帰ってもまだその小麦粉の香ばしさと甘さが包装紙を通り越し、美味しさが香り立って来るところがスゴイ。







浪花家総本店たい焼き冷えても甘い物好きの興味をを十二分に刺激してくれる、このたいやき。

私は一匹目(一個目?)はミルクで、二匹目は緑茶でいただきました。これがウンマイ!

浪花家さんは、だてに100年続いていない事をその味でストレートに実感させてくれるたいやき家さんだった。


sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 21, 2009

並びたくないリスピークリームドーナッツ、でも…

並ぶ列が極端に短い時に、クリスピークリームドーナッツで買うのはオリジナルグレーズド。

クリスピークリームドーナッツやはり定番は美味しいぃぃ!ドリンクはコーヒーでも紅茶でもミルクでも、緑茶でも美味しくいただける。

ただ多少10分くらいの待ち時間には時としてご褒美がある。並んでいる人達に配られる出来たてのドーナッツ。これが一番美味しい♪!なのでいまだに店頭の微妙なる混雑状況を横目で確認している。

sitezaemon at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 04, 2009

桜吹雪の日本橋さくら通り

身近にある通りだったのに、春にこれほど綺麗な桜のアーケードが出来るとは知らなかった。

日本橋さくら通りの桜は満開いい具合の風が吹いており、通りは桜吹雪。感動的な美しさの場面に出会う事が出来た。

最初に訪ねたのはいつもお世話になっている丸善。表題だけで笑える本や、現在の政治経済に至った戦後からの裏ドキュメンタリー、面白そうな金融業界テーマ、などなど、笑えたり深刻に思えたりとジェットコースターのように楽しんだ。

そうだ、日本橋プラザビルに入っている「おいでませ山口館」で佐川醤油店のヤマジュウ甘露醤油を買おう、と行ってみると、もう既に営業終了後(涙)。同じビル内で隣にあるアンテナショップ「富士の国やまなし館」は営業しているというのに…。澤登葡萄園と富岡農園がコラボしているブドウジュースを購入。



神田達磨@八重洲桜吹雪を楽しみながら歩いていると、春の晴天と言えどもさすがに寒くなってきた。人だかりが出来ていたのは出来たて鯛焼きがいただける神田達磨八重洲店。羽付の鯛焼きを並んで1個購入。薄い羽の部分がクッキーのような味でパキパキと食感もいい。生地とあんこも美味しい♪
「撮らなくてよかったの?」と彼女。
「ゥガ?」と言葉にならない私。
私が本体を頭から行って1/3をかぶりついていた時だった。勢いで美味しくパクパク食べてしまった。

神田達磨なので画像は帰宅後に撮った袋とパンフレットだけで、ごめんなさい。これらを持ち帰って皆様に伝えようと、せめて包みだけでもと…。

羽から本体と餡まで美味しかった♪

sitezaemon at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

浅草の福々饅頭でホカホカ

普段の週末は閑散としている老舗店「西山菓子店」さんに、今日は名物福々まんじゅうを求めて列が出来ている!店内のテーブル席にも客がっ?!

福々まんじゅう@西山菓子店彼女が食べてみたいと言うので、私は勿論喜んで同意。並びながら購買客や入店客を見てみると、いつもの週末に見かける客層とは違っていた。店頭でアイスクリームを買うスーツ姿のキャリア風欧米系ビジネスウーマン、店内のテーブル席に着く20代男女、まんじゅうを購入する列にも熟年組に混じって若者も並んでいる。初めて見る光景だった。

創業は嘉永5年(1852年)。157年間営業を続けている浅草の老舗店。

大活躍の職人お婆ちゃん達@西山菓子店お見かけする事のなかったご高齢のお婆ちゃん職人お二人が、リズミカルにその熟練技で巧みに生地で餡を包み込んで行く。一人で何十個も買う人もいれば一人一個の客もいるので、いい具合に仕上がりと販売がいいペースで回転している。私達が一番に感心したのは、店頭でテキパキと販売されているお母さんの笑顔の接客姿勢。

「お待たせしまってごめんなさいねぇ。ありがとうございますぅ。」

これだけの客を長時間こなし続けながら、夕方になってもまだこうして笑顔で接客出来るところに、157年続けられた理由があるのかも知れない。浅草の老舗店のなかには、土日・祭日の夕方から夕食時になると思いっきり疲れがその表情とサービスに現れているお店もあるけれど、(それも味わい深い楽しみの場面なのだけれど)、西山菓子店で一人店頭で販売を担当されていたお母さんの接客姿勢は素晴らしかった。

福々まんじゅう@西山菓子店蒸かしたてで熱々の福々まんじゅうを「熱いから気を付けて下さいね」と渡してくれた。しかも二人の目を交互に見ながら笑顔で。営業担当者や販売担当者向け教育ビデオの一場面に使えそう…。

夕方になると急に気温が下がってきたので、そのまんじゅうは熱々のうちに歩きながらすぐに食べてしまった。生地と餡の味のコンビネーションが良く、餡は甘過ぎず、お茶なしで3個は一気にいける美味しい味。心も体も温まった。残った紙袋だけでも画像に残そうと、大切に持ち帰ってきた。



sitezaemon at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 18, 2009

昭和の記憶と神楽坂

神楽坂には真偽が定かではないながらも、第64・65代内閣総理大臣田中角栄氏の伝説が未だに語り継がれており、それが神楽坂に彩りを加えているように私は感じている。

神楽坂神楽坂上交差点例えば神楽坂商店街の車道は、午前中は神楽坂上から神楽坂下(永田町方面)への一方通行で、午後は逆に目白通り方面へ一方通行になった理由であったり、地下鉄有楽町線飯田橋駅神楽坂出口が俗に角栄駅と称されている理由だったり、等々と…。

その神楽坂界隈を訪ねる際に、私はいつも夜に銀座からタクシーで乗り付ける遊び場のはずなのに、今日は明るいうちに初めての地下鉄利用で神楽坂駅に降り立った。それは、1年近くの闘病生活の末に先週亡くなった、田中角栄氏が愛した女性のお通夜のお手伝いのために、ご長男の同窓生と一緒に若輩ながら私も受付を任せられていたので、確実に定時に合流する必要があったから。

喪主の長男田中京氏からは永田町関係者には彼女の訃報を知らせなかった事もあり、会場は親族と親しい友人に音楽業界関係者と神楽坂花柳界のかたがたがほとんどだった。

神楽坂五十鈴の和菓子 雪路通夜式後の通夜ぶるまいの飲食会場で、飲食後のデザートのように振る舞われたのは彼女が愛した和菓子のひとつ五十鈴の「雪路」。この一品の登場で、田中京氏の同窓生たちが懐かしそうに思い出を語っていた笑顔がとても印象に残った。

本来は悲しい式の筈なのに、その中で素敵な人間関係を再確認できる、そんな素晴らしい関係を体感できた有意義なひと時だった。


熱情 ― 田中角栄をとりこにした芸者 (講談社+α文庫)熱情 ― 田中角栄をとりこにした芸者 (講談社+α文庫)
著者:辻 和子
販売元:講談社
発売日:2006-05-19
クチコミを見る

絆―父・田中角栄の熱い手絆―父・田中角栄の熱い手
著者:田中 京
販売元:扶桑社
発売日:2004-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

SAPIO (サピオ) 2008年 12/17号 [雑誌]SAPIO (サピオ) 2008年 12/17号 [雑誌]
販売元:小学館
発売日:2008-11-26
クチコミを見る



sitezaemon at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 27, 2009

クリスピークリームドーナツは定番が一番

有楽町イトシア地下1階にあるクリスピークリームドーナツ。店外に順番待ちの列が出来ていなかったので立ち寄ってみると、店内にうねる列…。それにしても待ち時間は5分少々だった。

Krispy Kreme Doughnuts待っている時に配られる出来たての「シュガー」ドーナツが、香りから味からして格別に美味しい

「(出来たてはこんなに美味しいんだ…)」とかなり感激。でも10分以上は並びたくない事には変わりない。

今回は冒険して、定番ではなく「パウダーレモン」「チョコレートアーモンドクランチ」そして季節限定の「チョコレートモカハート」にしてみた。

パウダーレモン熱いコーヒーを飲んでまずは「パウダーレモン」。
あんれ?表面にピールの一切れがない…。まぁ、いいとして、あんむり、とモグモグ…?…味はどこにあるの?もっとレモン味を期待していたのに、かなりの薄味で残念。




チョコレートアーモンドクランチチョコレートモカハートチョコレートアーモンドクランチ」の味も薄い。もっと甘くていいんぢゃないのか?

季節限定の「チョコレートモカハート」のモカクリームが美味しいのだけれど、もっとタップリのせてほしい。チョコチップの味だけでは甘さの補強が足りない。形は面白いし、その辺の味の工夫次第ではかなりブレイクしそうと思われるのに、実に惜しい

やはり私にとっては「オリジナルグレーズド」や「トラディショナルケーキ」などのシンプルなドーナツが一番に美味しいと再確認させてくれた今回の「クリスピークリームドーナツ」だった。

sitezaemon at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

December 23, 2008

並ばずに買いたいクリスピー・クリーム・ドーナツ

すぐ買えるのなら、「クリスピー・クリーム・ドーナツKrispy Kreme Doughnuts)」で一番に注文するのが「オリジナル・グレーズドOriginal Glazed)」)。今月に入って今回2度目、並ぶ必要のない場面に偶然遭遇。デザートを食べていない夜だったので、迷わずラッキー♪と入店。

クリスピー・クリーム・ドーナツ オリジナル・グレーズドクリスピー・クリーム・ドーナツ注文したのはオリジナル・グレーズドを中心に、「チョコレート・グレーズドChocolate Iced Glazed)」「シュガーSugar)」、そして日本独自の季節商品なのか「クランベリー・パーティCranberry Party)」を選んでみた。

残念ながらチョコレート・グレーズドクランベリー・パーティ
も、ホームページやパンフレットで紹介されている画像の様子とは違い、貧相なデコレーションなのがとても残念。

クリスピー・クリーム・ドーナツただその結果、チョコレート・グレーズドが、私には「カールおじさん」に見えてしまい、愉快で楽しい。

ドーナツ自体は意外な程に大味ではなく、むしろ素材の味を丁寧に活かして仕上げてくれたという、作り手の丁寧さを感じさせる味わいに仕上がっている。そのバランスの取れたアメリカン・ドーナツは、ストレート・コーヒーとの相性がいい。

私の中でのドーナツ部門、現在1位が「オリジナル・グレーズドOriginal Glazed)」)♪


sitezaemon at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

December 11, 2008

小田原ういろう

国道1号線沿いにあるお城は「ういろう」。

ういろうういろう箱根からの帰路の早い時刻に、しかも今回は1号線ルートをあえて選択したので、今回初めてまだ営業中の「ういろう」を訪ねる事が出来た。

入店するとダークカラーのスーツに身を固めた紳士が、カウンター越しにソフトな語り口で菓子の「ういろう」の試食サービス、しかしハードなセールストーク。私がここを訪ねたかったのは、同じ「ういろう」でも菓子ではなく。確かバブル時代までは、常連客にしか販売していなかった胃腸薬(万能薬?)を、現在は店頭販売しているらしいと聞いた事もあり、隣接駐車場がスカスカだったのでラッキー♪と即駐車。

透頂香(とうちんこう)ういろう透頂香(とうちんこう)ういろう
念願の薬を購入♪
津和野タカツヤ伊藤薬局」秘伝の「一等丸」を購入した時と同じくらい嬉しい。

服用感想をアップするのは、食べ過ぎ飲み過ぎの正月明けでしょうか?(笑)


津和野タカツヤ伊藤薬局のコラムは;
http://kazunori.livedoor.biz/archives/50854454.html



sitezaemon at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 18, 2008

湘南でデザート

湘南ドライブで夕食が茅ヶ崎だったのなら、デザートには南葉山「マーロウMarlowe)」か平塚「ブラッスリーアッシュエムBrasserie HxM)」かと迷うところ。しかも今夜のR134はすいているので、どちらせよ到着予定時刻を容易に判断できる距離。ん〜〜ムムムと迷った末にアッシュエムへ。

Brasserie HxM専用駐車場は空いてるだろうかと心配しながら行ってみると、全3台分がスカスカに空いていた。やはり今夜の湘南は何かが違っている…。

「お久しぶりぃ」と入店。シェフK氏も元気そう。この時間帯に私達を含めて2組の客。今夜はやはりいつもと違う。


栗のチーズケーキカフェシドニー・シェルダンを超訳ぜずともストレートに「デザートは別の腹」。でも私のジーンズのウエストボタンはまだ外したまま

彼女は大好きなマロンで作られた「栗のチーズケーキ」。一口いただいてみると、チーズケーキと栗の甘味がシットリとブレンドされていて濃厚な味に仕上がっている。コーヒーをオーダーしてしまったけれど、このケーキは紅茶でいただきたい味。

私はと言えば、客数が少ない間隙を縫ってメニューには載っていない「シェフおまかせスペシャルパフェ」をお願い。するとシェフK氏の動線が奥の厨房からカウンター裏まで延びてせわしなく動き始める。一品に一球入魂するその姿勢に、今夜あらためて料理人の真摯な姿に感動を覚えてしまった。

シェフ特製チョコレートパフェシェフ特製チョコレートパフェ今夜のその作品「シェフ特製チョコレートパフェ」。今までで一番ボリュームがある気がする。次回はこれに生クリームとバニラアイスをトッピングで山盛りにしてもらい、スーパースペシャルパフェとしてオーダーしてみよう。もちろん時間に余裕のある時に、料金はしっかりと利益をとってもらったうえでの設定でかまわないから、お願いっ♪

静かな夜は少しだけわがままを言わせてね。
 :
どなたのお言葉?!

Brasserie HxMBrasserie HxM久しぶりに訪ねた店内は壁の塗装が変わり、カウンターの様子も変わり、でも思い出の場所として変わりなく、落ち着ける空間でいてくれた。







Brasserie HxM店を出ると同時に「モトロッソ」の厨房に入っていたはずのオーナーI氏とアッシュエムの前で会えた。

「茅ケ崎で夕食だったので、デザートはアッシュエムでと」
「相模川を越えてご来店いただき、ありがとうございます。」

どのような業界であれ、営業を担当しているビジネスパーソン達にも学んでほしい応用が利く一言。間髪入れずにスラリとこのような返答が出来るI氏は営業マンとしてもさすがなる人物と再確認した夜でもあった。




真夜中は別の顔 上 新装判 (1)
真夜中は別の顔 上 新装判 (1)


sitezaemon at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 07, 2008

花畑牧場の生キャラメルと牧家のスイーツ&チーズ商品

ネットで取り寄せてみようかと考えていたところ、先月北海道で再会した知人から電話が入った。

「今、花畑牧場の生キャラメルが買えるけど、送ろうか?」
「!! おぉ、お願いしまっす!」

花畑牧場と牧家の商品翌日クール宅急便で届いたのは、
花畑牧場生キャラメル
牧家カチョカヴァロチーズ
牧家の白いプリン(キャラメルソース付き)

花畑牧場の商品ばかりと思いきや、牧家(Bocca)という初めて知るブランド商品も送られてきた。知人と札幌で会った際に、「札幌の人は生キャラメルなら他のブランドを買うけど、花畑牧場がいいの?」と聞かれ、「一度その味を確かめてみたいので」と答えていたのを憶えていてくれたらしい。そして他のブランドの味も試して欲しいという事なのかも知れない。


花畑牧場生キャラメル花畑牧場生キャラメル生キャラメル購入は1人5箱が限度のところ、5箱が届いたって事は本人は購入しなかったらしい。2時間近く並んだ筈なのに…。さっそくいただいてみると、キャラメルは口の中でソフトにサラリと溶けてゆく。美味しいと言えば美味しい、面白美味しい?期待が大きかったせいなのか、その味は微妙な美味しさ。「札幌の人は…他のブランドを買う」という知人の言葉がかなり気になってくる。

花畑牧場と牧家の商品3種の中で一番私が美味しいと感じたのは、牧家の白いプリン(キャラメルソース付き)だった。お皿に丸いプリン乗せて、身を包む膜を付属の爪楊枝風道具の先でクリクリすると、パチンと弾けてプルルンッ!と誕生する。それにキャラメルソースをかけていただくと、今まで味わったことのないクリーミーで上品な乳製品の味わいが舌を楽しませてくれる。知人の心遣いで美味しいものを発見!あらためて感謝。

花畑牧場と牧家の商品カチョカヴァロチーズは次回のお楽しみ。



sitezaemon at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

August 14, 2008

花畑牧場の生キャラメルを探して

毎回感心させられるのは、札幌グランドホテルのベルパーソン(女性ベルボーイ)の目が客の動向によく注意を払っている事だ。そしてよく動いている。

札幌グランドホテル・ロビー一定方向を目指して歩きながらも周囲に気を配り、助けを必要としているらしき客を察知して方向をかえ笑顔でアプローチする。さすがは日本で初の女性ベルボーイを登場させたホテル、サービス教育の質と歴史の違いが日々の業務に表れている。東京では汐留や六本木の有名ホテル、特に2003年以降に出来たホテルの従業員には是非見習って欲しい基本的サービス精神が札幌グランドホテルのスタッフにはある。

さて、荷物はホテルに預かってもらい、次の約束の時刻までプチ市内観光と花畑牧場生キャラメルの探索に出かけることにした。

札幌大通公園テレビ塔大通公園周辺は気温29°C・湿度58%、今日から明日にかけて曇りから雨になるらしい。幸いなことに今日までの北海道滞在中は天候には恵まれている。テレビ塔と噴水を撮影していると、左からヨチヨチと幼児がフレームイン。「お父さんお母さんはどこだ?」とファインダーから目を離すと、丁度フレームの外で幼児を見守っていたお父さんと目が合う。軽く会釈をすると彼は我が子にゆっくりと近寄って行った。

札幌駅南口広場JR札幌駅方面に向かい北上しながら花畑牧場生チョコレート情報を集して分かったのは、この界隈(地下鉄線1区間)では駅ビルの大丸札幌店地下食品フロアほっぺテウンで特設コーナーを設けて販売することがあるらしいとの事。わずかな望みをかけて訪ねた大丸には花畑牧場の生キャラメルは販売していなかった。でも様々な北海道メーカーが作っている生キャラメルが販売されてたので、それはそれで興味深く商品を見させていただいた。最後の希望は新千歳空港にある直営店か?でも出発時刻が遅いので、今回購入するのはもう無理かもしれない。

号外次の約束の時間が近づいたので、地下鉄東豊線さっぽろへ向かう。その途中の駅ビル内で号外が配布されていた。「北島連続2冠」。おぉっ!北島康介選手が辿った辛い4年間、練習の4年間、平井伯昌コーチや皆に支えられて来た4年間、その集大成としての結果としてまた金メダルに到達。本人も彼を支え応援し続けたコーチや周りの人にもすばらしいご褒美だと思う。


その後はいくつかの予定を時間に追われながら消化し、最後は新千歳空港に着いて真っ先に訪ねたのが「花畑牧場新千歳空港店」。

花畑牧場新千歳空港店やはり生キャラメルはすべて売り切れ。ネット上直営ショッピングサイトで購入するのも味気ないもの。縁があったら購入してみたい。

花畑牧場生キャラメルクリーム搭乗ゲート付近の売店で花畑牧場生キャラメルクリーム」を見つけた。花畑牧場話題では手ぶらも寂しいので、お土産として購入。これが焼きたてトーストに良く合い、贈った皆様から美味しい反応と良い評価をいただいた。


花畑牧場の商品が単なるブームではなく、その味に至る商品開発の姿勢や経営姿勢に読み取れる工夫に皆が共感して、人気に拍車がかかっているのだと思う。努力と工夫が美味しい結果、それが味であれ収益、につながる事例は業界を超えて参考にしたいもの。

sitezaemon at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 11, 2008

目には青葉 山ほととぎす 初パルフェ

この日(8月11日)も清々しく晴れわたり、最高気温が29度でも湿度が50%なので気持ちいい夏の日。しかし昼過ぎの一番気温が高い時間帯に数時間走り回る事態になってしまい、ひと汗かいてしまった。

アドニス@旭川グランドホテル「氷!アイス!」とシャワーの前に駆け込んだのが、旭川グランドホテル1階にあるレストラン「アドニスADNIS)」。デザートフェア・ソフトクリームフェアを開催中で期間限定のアイスメニューが登場している。でも私が注文したのは定番「フルーツパフェ」。目の前に置かれた水を飲み干したい渇きを我慢しながらパフェを待つ。

いつ利用しても、フロアスタッフの客への目配り・気配りもサービス対応も優れていると感じさせてくれるのに、今回は紙製テーブルマットが雑に敷かれているのが気になってしまった。



フルーツパフェ@アドニス汗かいた後のアイスが美味しぃー♪どこを食べても美味しい♪北海道で食べるアイスはどうしてこんなに美味しく感じるのだろう。パフェのフルーツ密度も濃く、シリアルでごまかすことなく器の中もミチミチ。やはりアドニスのメニューにはハズレがない。




フルーツパフェ@アドニスフルーツパフェ@アドニスパフェのフルーツ密度も濃く、シリアルでごまかすことなく器の中もミチミチ。やはりアドニスメニューにはハズレがない。

この夏初めていただいたパフェだった。一気に完食したあとの水も美味しく、3杯も飲んでしまった…。


そういえば、ホトトギスって北海道では馴染みのない鳥なので、表題は「山エゾモモンガ」としたほうがよかったかな?

続きを読む

sitezaemon at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 08, 2008

招福門の美味デザート

今夜の招福門飲茶食べ放題メニューでは、蒸し・焼き・揚げの点心は期待はずれの味だったので、デザートはどうなのだろうと不安になっていた。

デザート@招福門が、そんな不安をマンゴープリンの一口が吹き飛ばしてくれた。

うぉ美味しぃぃぃいっ♪!

1階売店で販売しているマンゴープリンそのままの美味しさ。
隣のテーブル席でいきなりデザートから食べ始めたカップルの男性が「糖朝マンゴープリンよりも僕はこっちのほうが好きだな」と。私たちも無言でうなづいていた。味が濃く固さもちょうど良く果肉の粒が嬉しい食感。


マンゴープリン@招福門アーモンドゼリー@招福門マンゴープリン芒果凍布旬)」は追加オーダーしてしまったほどの美味しさ。「アーモンドゼリー杏仁凍豆腐)」はフルーツが少ないシンプルな盛りつけながらどれもが美味しい。

タピオカ入りココナッツミルク@招福門タピオカ入りココナッツミルク椰汁真珠露)」は一見ただのココナッツミルクでタピオカが見えない。だけどその水面下に大量のタピオカ。期待していなかったけど、濃厚なココナッツミルクが味わい深いのと、タピオカの煮戻し具合が丁度良く心地よい歯ごたえ。スープ飲んでタピオカ噛んで飲んで噛んで。旨いっ!



ココナッツミルクムース@招福門木綿豆腐にも見える「ココナッツミルクムース牛奶椰汁糕)」は、スプーンですくってひとくちいただくとやはりネーミングどおりのココナッツミルクムース。これも美味しい。

最後のデザートが特に美味しかったので、食後は心落ち着く事が出来た…。

それにしても飲茶メニューをよくこれだけ食べられたものだ。味とは別に興味も食欲を後押しする要因になる場合があるのだろうか。餃子類は残念な味だったけれど、楽しい夕食のひとときが過ごせる内容だった。ごちそうさま。次回はきっと6階でフカヒレ料理



sitezaemon at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 24, 2008

プランタン銀座で憧れのシェイブアイス

目的あってプランタン銀座界隈を重点ショッピング。気合いが入ってかなり疲労感。
最後に目指したのはプランタン銀座地下2階。銀座三越に比べるとこぢんまりとしたフロアながら、美味しいものが凝縮して、しかも個人的に落ち着ける空間。

DXマンゴーアイスシャワー@華々美人プランタン銀座店DXマンゴーアイスシャワー@華々美人プランタン銀座店前々から切っ掛けを探っていた華々美人fafa-meirin)のDXマンゴーアイスシャワー。ようやっと今回それを注文する機会が…来たーっ!

カウンター越しから作業を見ていると、予想以上のかき氷の量にマンゴーとシロップのてんこ盛りっ!わぉわぉわぉっ!うっほっほ〜い

二人で食べる仕様になっているけれど、お互いに食べ尽くしたと思ってしまったそのグリップ部分に注目っ! 細いスプーンでその部分の奥底からすくうと、マンゴー発っ見ぇぇん♪ それを意図した器の形状ではないにしても、私達には最後まで楽しめた。憧れだったデラックスマンゴーアイスシャワー、ごちそうさまっ!真夏の銀座ショッピングオアシスとして記録。

今年に入って既に2回目の氷。身近に感じる異常気象?

sitezaemon at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 04, 2008

京都二寧坂の甘味処といえばかさぎやさん

清水寺から産寧坂へ。

産寧坂目指したのは「かさぎや」さん。三色萩之餅にしようかぜんざいにしようか、いやいや磯辺焼きとワクワクしながら産寧坂(三年坂)を下りて、二寧坂(二年坂)にさしかかると「かさぎや」さんの様子が…!?

かさぎや@二年坂休業!?GWなのに?!前回のGWも他の祭日も営業していたのに?しかも店頭にメッセージが無いのが不可解。どうしてしまったのだろう?





かさぎや@二年坂もうお店を終わりにしてまった?それには惜しいほど歴史に関わるお店。だけれども「くいだおれ」の例もあるし…心配。

後日、かさぎやさんの取引先某老舗(安政2年=1855年創業)の御曹司に確認したところ、今も営業しているとの事で一安心。

それにしても店頭には「本日休業」を知らせるくらいの簡単な張り紙が欲しいもの。先代がそうしていらっしゃったように。

sitezaemon at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

清水寺観光のオアシスへ

 冬なら凍えきる前にうどんか湯豆腐、そして夏には熱中症になる前に氷と、お安い料金で体調を整えられるオアシス的茶店がこの「滝の家」さん。

滝の家店内急な猛暑という事もあり、今日の私はここに至った時点で限界。まだ席にゆとりがあるのを見て入店。テーブル席に着席。ほっと一息、でも頭も身体もホットほっとで熱い暑いっス!

こ、氷っ!をお願いしますぅぅぅぅぅ…」




あずきミルク氷@滝の家私が注文した「あずきミルク氷」をシャカシャカとコマ送りの動作のように手元口元の反復動作でいただく。こんな勢いだと普段ならばこめかみあたりがキィーンと頭痛がやってくる。そのはずなのに、サクサクと最後までいけてしまった。

宇治金時氷@滝の家身体は正直で、この温度と水分が欲しかったのだろう。珍しく氷水を一気に完食!

宇治金時氷」も一口、三口♪…いつの間にか店内は満席。店外には長蛇の列が出来ている。いいタイミングで入店出来てラッキーだった。





滝の家@清水寺音羽の滝@清水寺隣の「音羽の滝」には舞台からの階段の途中まで順番待ちの列が続いている!柄杓に空のペットボトルをのせて水を補給しているお方もいらっしゃる。それは理解出来る。突然の猛暑だから。

猛暑の中でゲータレードを見つけられずも、「滝の家」さんの氷に救われた。
ホントニホント、カンシャ、タキノヤサン。

sitezaemon at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 11, 2008

お気に入りのお取り寄せケーキ

食料品は最近ネットで買うのが普通になっている。便利になったものだ。

花月堂ケーキセット岩手盛岡の花月堂パッケージそんな中で、ケーキ部門のお気に入りは、岩手県盛岡市にある「花月堂」のロールケーキ各種。贈り物としても好評で、すこぶる美味しかったとの喜びの返信をわざわざいただいたりもする。

抹茶ロールケーキ@花月堂豆乳ダイエットロール@花月堂抹茶ロール」や「豆乳ダイエットロール」など、毎回違うロールケーキを注文しているのだけれど、どれもが美味しく幸せな気分にしてくれる優れもの。

コーヒー・紅茶・緑茶、そしてミルクにも合う。ちょっとした塩味をと思い、梅昆布茶も試してみたけれど…、これはお薦め出来ない組み合わせ。



フルーツロールケーキフルーツロールケーキ輸送途中で「フルーツロールケーキ」が「たれぱんだ」のように変形してしまっていた時が一度だけあった。それはそれで笑って美味しくいただいた。

花月堂 総本店
TEL 019-651-1165
FAX 019-652-0908
〒020-0881 岩手県盛岡市天神町8-27
営業時間 8:30〜19:00
定休日 元旦のみ 駐車場4台分
楽天市場

sitezaemon at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

April 10, 2008

Watering KissMint Web CM

ジュルルの音に賛否両論があったせいか、Watering KissMint今流れているTVCMには過去の表現方法から魅力的な毒が無くなってしまったのは残念。惹かれていた巻き舌で一言キャッチコピーだけは継承されている。

テレビとは別に、現在動画メディアサイトemo-TVで展開中のWatering KissMint webCMキャンペーンの動画作品の中で、クリエーター来栖直也氏の「 くの一篇」は別のプロモーション表現として気に入っている。最後に現れる「みの虫」キャラも可愛い。ただ、キャラクターの頬がもう少しシャープで、背後のカットで見えるお尻にアスリートとしての筋肉が適度にあったら、もっと「くの一」らしさを感じられたのに…と、それだけが残念。



sitezaemon at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!