January 09, 2011

ついに買ってしまったデジタルカメラ CANON IXY30S

2010年12月上旬。出国時はバタバタとして気が付かなかった店頭商品も、帰国してゆっくりショッピング街をのぞいていると量販店にも負けない価格設定のデジカメを発見!

カメラのキタムラ」の店頭で目にとまったのはCANON「IXY 10S」その価格が週末特別価格として¥10,000.-少々のお値段(毎日来られるわけではないので平日特別価格もあるのかもしれない...)。それに惹かれて店内へ。

CANON IXY 30s私:「なぜにこんなにお安く販売されていらっしゃいますの?」
店長:「売れないんですよねぇ、デジカメ自体が」

最近の携帯電話のデジカメ機能も優秀ですしね。現場のそんな業界情報を知らされつつ会話ははずみ、納得の行く価格だったので気になっていた「IXY 30S」を購入。今回特別に2GのSDカードを無料で付けていただいた。店長に感謝。

フィルムカメラのレンズ性能やシャッター部分などのメカニック技術が確立しているからこそ自然な写真が撮れると思っている。だからデジタルカメラの映像エンジン技術を通して記録された画像は加工された映像としか思えない。
 :
が、普通撮りにはデジカメでいいんじゃない?暗いバーを「DoCoMo Cyber-shot SO905iCS」で撮るにはかなりつらいし。「IXY 30S」はこの小ささで暗いシーンも綺麗に撮れ、レンズはF2.0とこのサイズにしてはかなりの明るさ!!光学手ブレ補正機構(レンズシフト式手ブレ補正機構)も秀逸でいい。。ちなみにハイビジョン動画をステレオで記録できてしまう。手に持つと意外にもズッシリ感。この重さと密度感に技術者達の努力の結晶がこの中に限界まで詰め込まれていると実感できて感動もの。

ストラップはこの季節なので、ご愛嬌に「さっぽろ雪まつり」バージョン。
せっせと雪像造っているキャラ。

それにしてもこのデジカメ、
出国前に買えればよかったのに、帰国時に買ってしまった...。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔