August 21, 2010

MASQでアラカルトディナー (1)やはり生牡蠣から

いつもは深夜バー利用の「マスクMASQ)」を、今夜は直前予約で19:00からのディナーで訪ねた。

タスマニア産キャッツアイオイスターまず最初に注文したのは「タスマニア産キャッツアイオイスター」。これを白のグラスワインでいただく。この季節にはシャンパーニュでもよかったかもしれない。

この店を含めて銀座に4店舗のレストランを経営しているGODAK社長荒谷氏との交流のきっかけになったのが、このタスマニア産オイスターだった。





タスマニア産キャッツアイオイスター冷凍技術と同時に解凍技術の進歩はすばらしく、プリプリのオーストラリア産生牡蠣をここでは通年大いに楽しむ事ができる。日本でも生牡蠣が通年いただける北海道厚岸産と比べながら楽しめる。

美味しい美味しいとこの牡蠣を味わっていると、
スタッフが、
「先日いらっしゃった男性のお客様が最初に12個おめしあがりになられて...」と語り始めた。
私が
「きっと彼は数ヶ月の長期出張か数年オーストラリアに駐在した経験のあるかたに違いない」と言うと、
「おっしゃるとおり、オーストラリアに滞在していらっしゃったかたでした」と説明してくれた。

オーストラリアでは、前菜として生牡蠣1dz(12個)は普通にオーダーしている。



タスマニア産キャッツアイオイスター生牡蠣が嫌いだった私も、長期出張のオーストラリア滞在中(いろいろなドラマがあったのだけれど、その話題はまたいつか)に大好きになり、帰国後その食性(大袈裟?)・嗜好の変化で皆を驚かせてしまった。

真夏の日本でもオーストラリア産の生牡蠣を美味しくいただけるのはとても嬉しい。ハーフダズンは軽くいける。

GODAKにあらためて感謝。



コースメニューとアラカルトメニューを見比べていた友人が、「あとはアラカルトにしましょう」と主張するので、彼女のセンスを見極めようと「どうぞ」とお任せ。

キャビア・鮑をMASQスタイルで魚卵系が好きな彼女がまず注文したのは「キャビア・鮑をMASQスタイルで」。

悲しいほどの量のキャビアはこの料金設定では仕方なし。こぶりの一切れながらも噛み締めるほどに旨みを感じるアワビが美味しい。


(続く...)


sitezaemon at 03:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!銀座 | レストラン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔